ここから本文です
三輪山裏

書庫出会いに学ぶ

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

2017826
 
毎年恒例の杉本哲也先生の夏のピースメッセージ展が終わりました。
イメージ 1
 第15回奈良県空手道交流試合出場のためにバングラデシュから来日されたMohammed Ali先生、Kulsum Akter Kakon先生、Mohammed Kamrul Hassan先生、MD Munim Islamさん、Ajmaeen Basherさんと共に東大寺から奈良町資料館に移動。
イメージ 3
 そこには毎年ピースメッセージ展を開催されている大三輪中学校時代の担任の杉本哲也先生がいらっしゃいました。展示場にはたくさんの平和へのメッセージが並べられていました。31年前に杉本先生と共にブルガリアの平和集会に参加した同級生の植田くんとも再会しました。
イメージ 2
 午後からはバングラデシュの方々との交流稽古会を予定していたため、わずかな時間ではありましたが、杉本先生、奈良町資料館館長の南哲朗様にはいろいろとご説明いただき誠にありがとうございました。
 国や人種の違いを越えて、全ての人が手をつなぐ社会の実現に向けて発信を続けられている杉本先生はじめ諸先輩方をみならい、今後も微力ながらも努めていきたいと思います。
イメージ 4
明日は午後7時から三輪幼稚園で平等寺住職・丸子孝法老師の講演、なんと同日の午後6時半からは桜井市のあるぼーるにて中川五郎さんのピースコンサートがあります。どちらも、おすすめします。ぜひ、お越しください。
 
924日(日)には、やまと郡山城ホールにて第44回奈良県人権部落解放研究集会が開催されます。こちらも私、実行委員会に入ってますので、ぜひお越しください。
 
副住職拝
 
[http://www.eonet.ne.jp/~sonjuku/ 杉本哲也先生「奈良スケッチ」]
[http://naramachi.co.jp/message 奈良町資料館]
[https://blogs.yahoo.co.jp/xnbtq440/37978120.html15回奈良県空手道交流試合]
[https://blogs.yahoo.co.jp/byoudouji/37047556.html98日午後7に桜井市三輪幼稚園で平等寺住職丸子孝法老師講演]
[http://www.goronakagawa.com/ 98日午後6時半に桜井市あるぼーるで中川五郎さんピースコンサート]
 
[http://www.kyowafilm.com/hansen.htm長島愛生園の石田雅男さんと懐子さん出演のビデオ「今を生きる」ぜひ、ご覧ください。]

この記事に

太極道交会の山口博永老師と素盞鳴神社の綱掛祭
 
201718
今日は日曜日ですので早朝から坐禅会、午前中は地元の素盞鳴神社の綱掛祭に参加しました。地元の大先輩方の御指導の下、神社の両端の大木に長い綱が渡されました。お疲れさまでした。

イメージ 1

ちょうどその時間に、太極道交会の山口博永老師とその道場生の皆様が雨の中、三輪山を登拝されました。
山口博永老師は日本における陳式太極拳の第一人者であり、太極拳を禅の修行のごとく黙々と稽古を続けていくうちに、いつしかお弟子様達が集うようになり、1979年に太極道交会を発足されました。
 山口博永老師は、台湾の劉雲樵大師、高弟の徐紀老師、大陸では陳小旺老師、王西安老師、また近年では馮志強老師、高弟の陳項老師という超一流の師から学び、その教えを弟子達に忠実に伝えていらっしゃって、各支部が関東近郊を中心として発展されています。
 実は山口博永老師は私の母校であります三輪小学校と大三輪中学校を卒業されている大先輩でもあり、5歳の私を持ち上げていただいたこともあるそうです。ご年齢は師匠と同じで、師匠が得度を受けた半年後に近くのお寺で得度をされたという、まさに兄弟のように親しい仲であります。夕食をご一緒させていただき、また来年も三輪山に登拝したいとお話されていました。

イメージ 2

 山口博永老師はじめ太極道交会の皆様にはお世話になりまして、ありがとうございました。
 
副住職拝
 
 
[http://blogs.yahoo.co.jp/byoudouji/26428753.htmlやさしい地球、残そう子ども達に!]
 
長島愛生園の石田雅男さんと懐子さん出演のビデオ。ぜひ、ご覧ください。[http://www.kyowafilm.com/hansen.htm 「今を生きる」へ]
 
 
昨年129日に部落差別解消推進法が制定されました。
IMADRではそれを受けて、同法律を英訳し、国連関係機関や国際機関に案内を行なわれています。
今後はこの法律がさまざまなレベルで活用され、部落差別撤廃につながる相談事業や教育・啓発の展開に資するような活動が進められそうです

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

「奈宗連」現地研修会を開催しました。奈良県人権教育推進協議会・会長の大寺和男先生に、慶応4年(1863)の神仏分離令で廃寺となった内山永久寺跡や明治三老農の一人、中村直三「頌徳碑」等の「天理の人権スポット」をめぐり、ご説明いただきました。心より御礼申し上げます。ご参加いただきました31名の宗教者の皆様、お疲れさまでした。
 私の空手の弟子が日本代表としてマス大山メモリアルカップに出場することとなりハンガリーへ飛び立ちましたので、これから後を追って、応援に行ってきます。昨年もポーランドで開催された欧州大会に日本代表で出場したのですが、その時はセコンドについてあげれなかったので、今回だけは何としても。今年の夏も家族を何処へも旅行に連れて行けなかった。いつか家族と旅行がしたい。私がハンガリーへ行く間、師匠がなんとか都合をつけて本山から帰ってきてくれますので、宜しくお願いします。
 最近、20年、30年ぶりにお会いした方に親しくお話を聞くご縁をいただきました。中学時代の担任の先生で、先生からのアドバイスでワールドピースマークを描き、ブルガリアの平和集会にご招待いただき、交流させていただいた杉本先生。奈良県で初めてフルコンタクトの空手道場を開かれた極真会館奈良支部長の秦師範。うちの師匠はその発起人の一人になるそうです。大学時代の少林寺拳法の先輩で、とても厳しく優しかった中條先輩。北海道からもしかしたら……。そして今、ご体調が大変な中でも気力を振り絞り世界遺産登録に向かう長島愛生園の入所者の方々、奈良県で真剣に人権に取り組まれ、現代社会の一隅を照らす方々、空手道の皆さま、お寺の檀信徒の皆さま、私をずっと支えてくれた嫁さんと家族に心から感謝しています。 
 人と人とのご縁以上にありがたいものなど、なかったです。ありがとうございました。

9月28日(日)に第41回奈良県人権・部落解放研究集会が香芝市で開催されます。
テーマは「地域と人に、元気と希望を―さまよう社会の不安に向き合うー」記念講演は、講談師の神田香織さん。演題は「はだしのゲンを語って28年−今、ふるさと福島は−」です。私は曹洞宗の研修会等で、神田さんのご講演を聞いて感動しました。まさに今を生きる全ての人に聞いていただきたいご講演です。

第41回奈良県人権・部落解放研究集会
主催:第41回奈良県人権・部落解放研究集会実行委員会
テーマ『地域と人に、元気と希望を』―さまよう社会の不安に向き合うー
開催日:9月28日(日)
午前 9:15 全体会 記念講演は、講談師の神田香織さん 香芝市モナミホール
演題「はだしのゲンを語って28年−今、ふるさと福島は−」
午後 13:15分科会・フィールドワーク
第1分科会 子どもや若者の貧困問題と人権…香芝市役所
 第2分科会 超高齢社会の介護問題…香芝市ふたかみ文化センター
 第3分科会 過疎問題と地域の継続・発展…香芝市総合福祉センター
 第4分科会 特別分科会 A会場 これからの部落解放運動の課題
              B会場「共生社会」の実現に向けた課題
開催地:香芝市(モナミホール 他)
参加費3,000円(昼食代は含みません)
後援:奈良新聞社/産経新聞奈良支局/朝日新聞奈良総局/毎日新聞奈良支局/共同通信社奈良支局/日本経済新聞社奈良支局/時事通信社奈良支局/読売新聞奈良支局/奈良テレビ放送/NHK奈良放送局
協力:奈良県 奈良県教育委員会


それともう一つ、差別をなくす奈良県宗教者連帯会議「奈宗連」が結成30周年記念行事として秋に講演会を開催致しますが、なんと、そちらの講師も神田香織さんで、演題は第41回奈良県人権・部落解放研究集会とは違いまして「フクシマの祈り」(舞台作品)です。11月12日13時30分より、場所は畝傍御陵駅前の奈良県社会福祉総合センター6階大ホールです。どなたでもご参加いただけます。



6月19日戦争反対集会で淺川肇さんが語られました。
「この町の中で一人でも殺人が起こったら大変なことだ。自衛という名のもとに戦争が行われる。国民の生命・財産を守るというけれども、軍隊は国民の敵に回る。軍隊は権力者の為だけに動く。戦争は殺人を奨励する。戦争は人を引きずり込んでゆく独特のメカニズムを持っている。一度、戦争が始まったら止めるのは難しい。だから、戦争はしない、戦争をする前にさせない、この固い決意をもって臨みたいと思う。」

私達は今一度、8月6日の午前8時15分に広島で、8月9日午前11時2分に長崎で起こった最悪の現実と向き合い、「戦争は最大の差別であり、人権侵害である」ということを認識しなければならない。そして、戦争ということは自分も人を殺すということ、家族が殺されるということ、殺し合いの行き着く先は核戦争となることを、それが何を奪い、何をもたらすのかを考えなければならない。
三登浩成さんの話
WatchThatDay
「広島の視線」三登さんのブログ

2014年6月12日、「全国水平社創立宣言と関係資料」は日本ユネスコ国内委員会文化活動小委員会で世界記憶遺産に選ばれませんでしたが、次回2017年の登録を目指して力を合わせましょう!





ところで、私は25年ぶりに絵を描きました。2014年3月23日まで水平社博物館に展示されていました。光と熱は母なる宇宙(そら)











長島愛生園の石田雅男さんと懐子さん出演のビデオ。ぜひ、ご覧ください。「今を生きる」へ

この記事に

イメージ 1

 杉本哲也先生が、「月刊大和路ならら」に「奈良スケッチ」70回の掲載をされました。
 私は中学時代に杉本哲也先生から絵を教わり、ワールドピースマークを描いて1986年に ブルガリア(ソフィア)国際平和の旗集会にご一緒させていただきました。
 たしか中学1年生の美術のテストで「ワールドピースマークを描きなさい」という課題がありまして、中学1年生全員がそれぞれの思いで描きました。その後、たまたま杉本先生から私に、テストで描いた絵を赤と白と黒で仕上げなさいという課題をいただきまして、自分なりに一生懸命考えて描きました。杉本先生のご指導のもと、私達は、私達の描いた「ワールドピースマーク」にメッセージを添えて、世界中の代表者にメッセージを添えて送りました。各国からお返事をいただき感動しました。そして、ブルガリアからは、ちょうど国際平和の旗集会が開催されるということで、杉本先生と学級委員長の植田くんと私がみんなの代表で行くことになったのです。あの時のことは忘れられません。私の描いたマークを旗にしていただき、持っていきました。とにかく、もっと真剣に英語を学んでおくべきだったと後悔しました。北欧には5ヶ国語を話す人もいましたから。その後、中学校で「おはよう朝日」に生中継もありました。
 あれから26年ですが、1枚もまともに絵を描くことはありませんでした。中学校を卒業してからは武道にはまりまして、剣道、少林寺拳法をして、現在は空手道をしています。しかし昨年、思いがけなくも絵を描く機会ができまして、私の絵が3月23日まで水平社博物館に飾られています。「熱と光は母なる宇宙(そら)」というテーマで描いた絵ですが、あの時に杉本先生から教わったアドバイスを基に描いたものです。
 杉本先生は熱血教師でした。私も先生を見習って、今後も精進したいと思います。今後ともご指導賜りたく、お願い申し上げます。杉本先生には、どうかますますご健勝で、ご活躍なされるようお祈りいたします。





 ところで、私は26年ぶりに絵を描きました。2014年3月23日まで水平社博物館に展示されています。光と熱は母なる宇宙(そら)









[朝鮮学校に通う生徒の多くは日本で生まれ育った、私たちと同じ社会で生きる「隣人」外国人学校のなかで朝鮮学校だけを外すのはおかしい。高校無償化の対象は学校ではなく、生徒個人だから、朝鮮学校を高校無償化から外すのはおかしい。そして戦争は最大の差別であり、人権侵害である]




長島愛生園の石田雅男さんと懐子さん出演のビデオ。ぜひ、ご覧ください。「今を生きる」へ

この記事に

山口博永老師の太極拳

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

2014.1.12
 太極拳を見て感動しました。かつて中国崇山少林寺国際武術表演大会で優勝された山口博永老師です。私の師匠とは40年来の親友であり、兄弟です。35名のお弟子さん達と三輪の万直し旅館に泊まられ、思い出の地を巡られました。なんと地元の母校、三輪小学校出身の大先輩でした。私も今西酒造で合流させていただき、天理教敷島大教会の広い駐車場にて山口老師の後ろ姿を見ながら見よう見まねで稽古させていただきました。お弟子さん達は短くて5年、長くて30年以上、太極拳の稽古を続けてこられた方達で、動きを見ただけで相当稽古されてきたのが分かります。二日目の大正楼での交流会に本山から行事のために帰ってきた師匠と共に駆けつけました。山口老師と師匠の間には、言葉では表せないほどの強い絆を感じました。
 平等寺本堂の十一面観音にもお参りいただきまして、ありがとうございました。
 学生時代に体育の授業で学んだ太極拳とは全く違う「太極拳」でした。山口老師の太極拳は「禅」でした。山口老師とお弟子さん達のお姿を思い出しながら、私も稽古を続けたいと思います。




 ところで、私は25年ぶりに絵を描きました。2014年3月23日まで水平社博物館に展示されています。光と熱は母なる宇宙(そら)









[朝鮮学校に通う生徒の多くは日本で生まれ育った、私たちと同じ社会で生きる「隣人」外国人学校のなかで朝鮮学校だけを外すのはおかしい。高校無償化の対象は学校ではなく、生徒個人だから、朝鮮学校を高校無償化から外すのはおかしい。そして戦争は最大の差別であり、人権侵害である]



長島愛生園の石田雅男さんと懐子さん出演のビデオ。ぜひ、ご覧ください。「今を生きる」へ

お釈迦さまの映画「ブッダ」「ブッダ」オフィシャルサイトへ

この記事に

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事