23時のシンデレラ

金を持っては死なれへんで・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

階段を目指す理由

バブバブちゃんがフローリングの廊下を気合と根性でハイハイする理由について
ホンキで検討せざるを得なくなりました。と、言うのも↑廊下に出るタイミング
や階段に向かうタイミングに特定のパターンがあるらしいから。

たんぽぽタソ(小5)が気づいたんですがね。アナドレンヤツ

小チビ(中1)が所属する吹奏学部のガキンチョが防音室で練習してる時に限っ
て↑廊下に進出して階段を目指すそうな。その階段の下に防音室があるんです。

本格的な防音室(室内四重奏の演奏に耐えます)なので音漏れは無いハズやけど
微細な振動があるのかも。若しくは赤ちゃんにしか聞こえない音が漏れてるかも。

共鳴振動が防音室を突破する組み合わせを見落したのかも・・・orz

吹奏楽は全く意識に無かったので↑防音室を作った時に「防音試験(共鳴振動試
験も含む)」から金管関係は省いたんよね。弦各種と木管各種とピアノとギター
その他ではやったけど。手抜いたのが失敗やったのかも・・・orz キンカンキライヤモン^^;

ちょい気になるので盆明けにでも調査依頼してみます。万が一があるからね。

で、以下は余談ですから以下略。ナガイカラチュウイシテネ

完全防音と言うても本当は「完全ではない」んよね。もし完全防音やったとする
と音が漏れないんやから空気も以下略。嫌でも空調設備関連から音は必ず漏れる
んです。もちろん独特の工夫はするんですけどね。

で、上で触れてる共鳴振動。こいつはマジで侮れません。

どんな材質のモノでも「必ず特定の周波数の振動(音)」を通すんです。しかも
一定の周波数に対して振幅が大きくなる。振り子にドンピシャな振動を与えると
ブンブン振れが大きくなって、最後には吹き飛びます。リカデジッケンシマセンデシタカ^^?

有名な例では「タコマ・ナローズ橋倒壊事件」かも。トウカイジノジッシャエイゾウノコッテマス

米国タコマ市(ワシントン州)に架ってる吊り橋なんですが、風速、僅かに19
mの横風で倒壊しました。全長1600m、吊径間850m、幅員12mの橋が
ほぼ全壊したんです。クワシクハwikiデドゾ キョウメイシンドウケンキュウノキッカケニナッタジケンデス

まー個人の住宅では↑そんな大層なコトは起こりませんけど、共鳴振動による被
害ってのは隣近所に飛び火するんです。

普通は近くに共鳴振動の焦点が出来て(直径50cmとか)その真下に居てると
吐けるくらい煩いんですが、その焦点が100mくらい先に出来る時もあります。

卑近な例としては、マンションにお住いな人、ドンドンガンガンやってたキの字
なヤツが引っこして安心したら、その日から再びドンドンガンガン煩いとか、耳
にしたコトないですか^^?ソウオントラブル

これは共鳴振動の焦点が自室内にあるけど、振動の原因そのものは明後日の場所
にあるからです。10階に住んでるのに1階の振動をモロに受けてたりします。

これはダクト(配管)や柱構造の影響なんです。ホカニモイロイロアルケドネ

こういうケースは実は多くて、集合住宅の騒音・振動問題の30%くらいを占め
てるという研究報告もあります。自分が思ってる部屋とは違うトコに原因がある
コトが少なくないんです。

もちろん↑な例は共鳴振動が防音室を突破してたら「起こり得る」ってコトなの
で、先ずはココを重点的に調査しようかな、と考えてるワケです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事