東北地方の鉄道写真のブログ

いつも,ご訪問ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

五能線・五所川原で見かけた,ちょっと気になる"強力"(ごうりき。登山をする人の荷物を背負ったり,山小屋に物資を運ぶことを職業とする力持ちの人を言います)です。力持ちでしょうから,強力にたとえてみました。

鉄道用語では「スイッチャー」と呼ぶようですが,ヤードの貨車を1両か2両ずつ,移動させる,機関車でもない小型の動力車ですね。

英和辞典で確認しましたら,スイッチャーは,線路のポイントを切り替える「転轍器」とありました。

スイッチャーの背中に連結されています貨車は「ワム」でよろしいでしょうか。旧型貨車の中で,割合遅くに登場しました有蓋貨車だったようにに記憶しております。

ワムの塗装の色が,"国鉄"ですね。

1980(昭和55)年5月 五能線・五所川原

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

見るからに「力持ち」て感じがしますね。山岳地帯で運転している所を見てみたいです。

2007/6/30(土) 午前 0:20 熊壱@901 返信する

顔アイコン

熊壱さま,たぶんこれはヤードの中でちょっと貨車を移動させるだけの動力車と思います。

2007/6/30(土) 午前 8:59 c58**iku*_y8 返信する

顔アイコン

この手の貨車移動機、私も好みです。お写真の移動機はやや新しいもののようで、旋回窓が冬の厳しさを感じさせますね。

2007/6/30(土) 午後 4:37 yasuziro34 返信する

顔アイコン

YASUZIRO さま,そうですね,まだ卸したてのような鮮やかさですね。ああー,機種そのものがですね。名称は「スイッチャー」で間違いはありませんでしょうか。

2007/6/30(土) 午後 8:23 c58**iku*_y8 返信する

顔アイコン

新田次郎の「強力伝」他、山岳小説を読みますと
"名強力" と称せられた人たちは、案外小柄な体躯の持ち主・・・ということも
少なくなかったようですね。

スイッチャーに比べると、腰高に見えてしまうワム8
やや滑稽にすら映る、両者のアンバランスさが、
かつての強力のいでたちを、彷彿とさせてくれるかのようです。

2007/7/1(日) 午後 1:49 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

キハ58さま,そうでしたか。スイッチャーを強力に例えて幸せしました。つたない私の記事に強力なフォローアップをくださいまして,ありがとうございます。

2007/7/1(日) 午後 10:32 c58**iku*_y8 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事