ここから本文です
ぼたんのブログ
『すーさんうどん』Yahoo!地域情報→美味しいブログからご訪問ありがとうございます

書庫全体表示

藻ドッグフード☆

イメージ 1
 
藻ドッグフード
ワンワン・スピルリナ
 
ワンちゃん、ネコちゃん、小鳥、
金魚、エビなどペットの健康管理に!
抜群のアミノ酸バランス!
ミネラル・ビタミンたっぷり。
 
60種類以上の栄養素を含むスピルリナは愛しいペットの健康維持にも役立ちます。
野菜不足解消、毛並みも艶やか、臭い軽減に。
 
犬や猫の丈夫な歯や骨の育成、美しい毛並み・毛ヅヤを作り、
皮膚トラブルや肥満の防止、口臭などのにおいを抑えます。
 
○スピルリナについて
 
・5第栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル)をバランス良く含む。
・消化率が高い(2時間で95%)
・アルカリ性食品(クロレラは酸性食品)
 
・タンパク質は18種類のアミノ酸を含む。
 (肉や魚、大豆、卵よりアミノ酸バランスに優れている)
・ミネラル、ビタミンの宝庫
 βカロテン、ビタミンB12が青汁の10倍以上
・食物繊維、γ-リノレン酸、リノール酸を含むからサラサラ、スッキリに!
・グリコーゲンを含むから、即エネルギー源として利用できる。
・鉄やクロロフィル(葉緑素)もたっぷりだから貧血の方にもOK!
 
○スピルリナとクロレラの違い

クロレラの大きさはスピルリナの約1/1000!
とっても小さいため採取には遠心分離操作が必要で非常に手間がかかります。
これに対してスピルリナは濾過で採取が可能。
だから大量生産に向き、低価格で提供できます!
 
クロレラは細胞壁が硬く、消化が悪いのが欠点です。
現在市販されている商品の大半は消化を良くする為に機械的に粉砕したり、
不自然に加工したりして、せっかくの成分を損失しています。
反対にスピルリナは細胞膜が柔らかく、人工的に手を加えなくても
非常に柔らかいのが特徴です。
 
酸性体質は万病のもと。
人の体には弱アルカリ性を保つ働きがあります。
ところが肉類や甘いものなど酸性食品ばかりを摂ると、
体は細胞や骨などからミネラルを出しアルカリ性へ戻ろうとします。
酸性体質は万病のもとといわれるゆえんです。
ミネラルたっぷりのスピルリナでアルカリ体質を目指しましょう!
 
○スピルリナと青汁の違い

青汁は「ケール」「大麦若葉」「朝日菜」など
緑葉野菜をしぼった汁です。
スピルリナは約35億年前から地球に存在している
らせん状の「藻」(藍藻類)です。
スピルリナは青汁よりビタミンBなどが豊富です。
 
室内暮らしです。
ニオイが和らぎました。
犬、猫、鳥、魚など
多種多様なペットも健康です!
 
ジャパン・アルジェ
 
http://www.rakuten.ne.jp/gold/sp100/index.html
 
スピルリナ普及会はスピルリナと有機ゲルマニウムの
専門メーカーとして30年以上にわたり営業しています。
厳しく品質管理を行うことが可能で、常に高品質な
スピルリナと有機ゲルマニウムを提供し続けています。

http://monipla.jp/bl_rd/iid-14878016644eae47367c7a2/m-4de70df0b803e/k-1/s-0/
 
<a href="http://monipla.jp/bl_rd/iid-14878016644eae47367c7a2/m-4de70df0b803e/k-1/s-0/" rel="nofollow">スピルリナ普及会ファンサイト応援中</a><img src="http://mp.charley.jp/bl_img.php?iid=14878016644eae47367c7a2&m=4de70df0b803e&k=1" alt="" border="0" style="border:0px;" width="1" height="1" /><img src="http://track.monipla.jp/mp_track/eff_imp.php?e=5830456104d8303c7b0569&m=4de70df0b803e&i=14878016644eae47367c7a2&fk=0&kind=1" alt="" border="0" style="border:0px;" width="1" height="1" />
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事