ルイ?ヴィトン、中国企業などの商標権侵害でITCに調査申請

 中国商務省は9日、 高級ブランド品世界大手の仏LVMHモエ?ヘネシー?ルイ?ヴィトンがこのほど、「ルイ?ヴィトン」ブランドの商標権侵害で米国と中国のバッグ生産?販売企業8社に対する調査を米国際取引委員会(ITC)に要請したことを明らかにした。 問題が指摘された中国企業には、広東省広州市の2社が含まれる。今年に入り海外企業がITCに中国企業に関する調査を申請したケースはこれで19件目となった。 急速に拡大する中国市場は、世界の高級ブランドの“救世主”となってきた。コンサルティング会社の米ベイン?アンド?カンパニーが発表したリポートによると、2009年、中国市場での高級品販売総額は684億元(約8650億円)。中国の消費者が今年、最も欲しいと考える高級ブランドの1位はルイ?ヴィトンだった。(翻訳 金慧/編集翻訳 恩田有紀)【関連記事】中国、2すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事