キャベツ白書

周回遅れの「真夜中の動物園」継続中

全体表示

[ リスト ]

塩たたき

高知の藁焼き鰹塩たたきの虜になって久しいのですが、いかんせん高知にそう頻繁には行けません。
毎年初と戻りの2回くらいしか。(これを頻繁というかどうかは、微妙

今年は6月上旬に例の鰹旅一座に参加したのですが、7月に入りもうはや禁断症状が。

で、急遽、神戸で塩たたきを食べる会を開催しました。つーか、ほぼ同じメンバーだけど。

元町の鯉川筋を少し東に歩いたところに、「寅八商店三宮店」はあります。
開店中は、純和風のグレードの高いお店の雰囲気ですが、昼間扉を閉めている間は、「もしかしてここ、○○○事務所?)とビビるオーラを醸し出しています。(笑)

さて、入口からはりまや橋を渡って(ほんとにある)個室の座敷に案内され、何はともあれ、一も二もなく注文したのが、これ。
イメージ 1

これが一人前です。

若干色が・・・とか、ほんの少し生臭さが、とか、あまりにも塩たたきに関し口が肥えてしまっていることを差し引けば、十分代用品の機能は果たせるレベルです。
というより、本州で食べられる藁焼き塩たたきとしては非常に旨いです。

何より、この分厚さ。2センチ近くあったかも。一切れを口に放り込むと、口の中が塩たたきで一杯になるこの充実感。

これで、禁断症状はかなり収まりました

土佐のお酒の種類も豊富だし、どんこ、川エビ、四万十青さのり、ウツボなどなど土佐特有のサイドメニューも豊富(ただし、川エビ、どんこは入荷せず)、〆に高知でも食べていない「鍋焼きラーメン」もいただけました。
イメージ 2

これでお値段も高知並なら言うことないのですが・・・。ま、旅費を考えると十分お安くなると思いますよ。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事