キャベツ白書

周回遅れの「真夜中の動物園」継続中

全体表示

[ リスト ]

ビスケット・レンズ

世に言う「パンケーキ・レンズ」とは、まるでパンケーキのように薄くて小さい一眼レフ用交換レンズのことなのですが、パンケーキを通り越してほとんどビスケットのような極薄のレンズがPENTAXにはあります。
DA40mmF2.8XSがそれで、もともとKマウントのミラーレスであるK-01用にデザインされたものなのですが、以前からあるDA40mmLimitedをベースにしていることから、写りの良さは定評がありました。

 本体のK-01自体とても実験的な商品だったのですが、すでに販売は終了。おそらくレンズに余剰があったのだと思いますが、一部でアウトレットに回されたレンズがあります。
 
 昨年、カメラを本格的に趣味にしようと意気込んであれこれ機材を増やしたものの、やはりというか、重くてかさばる一眼レフは「今日は撮るぞ!」と自分を鼓舞して持ち出す日以外は出番がフェードアウト。トホホ
 いつの間にかサブで導入したはずのマイクロフォーサーズのミラーレスがメインのカメラになっておりました。

 これではいかんと思った時にタイミングよくアウトレット品が。
 というわけで、ビスケットレンズを購入してk-5に付けてみました。

イメージ 1

ほとんどボディキャップですね。レンズカバーを付けたらこれがレンズだとはとても見えません。装着時のレンズの厚さは9.2mmしかありません。
重さにいたっては、わずか52グラム

早速試し撮りをしてみました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8


イメージ 7

APS-C40mmという画角は35mm換算で60mmなので、いわゆる標準レンズよりもちょっとだけ望遠寄りですが、43mmのレンズを使っていたこともあって、違和感はありません。
ややカリカリのデジタルっぽい絵という気もしますが、お散歩用としてはぴったりではないでしょうか。





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事