キャベツ白書

周回遅れの「真夜中の動物園」継続中

全体表示

[ リスト ]

博多を食べる

福岡に行ってきました。

たぶん、目的は中島みゆき夜会工場vol.1鑑賞なんですが。
それはさておき(なんでやねん!)、今回も食べてきましたよ。
1泊2日の短い時間ですから、そんなに種類は多くありませんが。

博多での初っ端の昼食は、うどんか博多ラーメンかにしようと思っていましたが、
前回それぞれ2杯ずつ食べたので、今回はちょっと変わったものにしようかと思い、
調べた結果がこれ。

イメージ 1

博多めんちゃんこ亭の「元祖めんちゃんこ」です。

相撲のちゃんこ鍋のシメに麺を入れるイメージで30年前にここの店主が創案したそうです。
麺は煮てものびにくいもちもち麺で、ラーメンともうどんとも違います。
スープはここの説明によれば「独自の旨味をもつ高級魚の鱧(ハモ)、カツオ、帆立、椎茸、鶏ガラ、豚骨などの、天然素材のダシが折なす旨味」のあるスープだそうで、うまいです。
お餅も入ってボリューム満点、サイドに注文した唐揚げも美味でした。おなか一杯。

のはずが・・・。
イメージ 2

別腹登場です。

川端商店街入り口をちょっと川の方に行ったところにある「中洲ぜんさい」をいただきましたが、あずきがギッシリ入っており、これがぜんざいだ!という納得の一杯です。これの倍サイズのもありますが、私には並で十分。

コンサート後に、タクシーの運転手さんに「水炊きならここですよ。」と教えていただいた「博多華美鶏祇園店」の水炊きのコースをいただきました。

とても上品な店で、料理もすべて仲居さんが作ってくれます。
わけありのカップルとか、大事な客の接待とかが似合いそうな店内。

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

 とても美味でした。

 翌日に単身唐津散策をした際に、道を歩いていてふと漂ってきた「これはただものではない」匂いに誘われ入った「龍虎軒」で「黒ラーメン」をいただきました。

 最初、写真を見てきくらげが大量に入っているのかと思いましたが、出てきたラーメンを見てびっくりどっきり。

イメージ 7

 黒かったのはきくらげではなく、麺そのものだったのです。

 これまで黒ラーメンというものを色々食べましたが、スープの黒ではなく、マーユの黒でもなく、きくらげの黒でもない麺の黒は初めてです。
 一瞬「これは選択を誤ったかな」と思いましたが、食べてみると、とてもツルツルのシコシコ麺で、変な香りもなくすこぶる美味でした。後で店内の案内を見たら、竹炭の黒だそうです。
 スープも、あっさりめの豚骨で、変な誇張もなく、とても好感の持てるいいスープです。
 
 天神に戻り、まだ時間があったので、早めの夕食を「テムジン大名店」で餃子を。

イメージ 8

 一口サイズで、前回食べた鉄鍋餃子ともちょっと違うあっさりめのお味です。

 出発までまだ時間がありましたが、博多駅の東にうまいうどん屋があるものの、今回はこれにて終了。

 やはり福岡はダイエットには危険な土地です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事