ここから本文です

−和泉の国から−

書庫全体表示

今回、プロキットパーツのスズキとダイハツ用のリヤライドハイトを新発売いたします!!
 
その前に・・・当店のオリジナルパーツの中に、プロキットとして販売するパーツが、これから増えると思いますが、プロキットパーツは、「ポンとは付きません」「溶接等の加工が必要」 とか 「調整幅が少なく、合せこむ技術が必要」等の意味合いを含んだパーツをプロキットパーツとしてリリースして行く予定です!! 例えば、当店で発売しているφ50球面フランジも、切って現車に合せて溶接する加工技術が必要なのでプロキットパーツ!!になる訳です 
 
話を戻して・・・スズキもダイハツもフロントはストラット式なのでリヤよりは調整幅や自由度は高いんですが、リヤは自由度が少なく、とても悩みます。フロントとリヤの脚のセットが決まればスポーツ走行でかなりのアドバンテージになります!!
そこでリヤのストロークや伸びの調整に無くてはならないリヤライドハイトをリリース!!
スズキ用リヤライドハイトは、調整幅、約35mm φ73以上のスプリング対応でスプリングとケースの間に異音防止でゴムシートが付いてます!!

 
イメージ 2
イメージ 3
アルトワークスやケイには、そのまま取り付けて問題有りませんが、上の画像のようにラパンやMRワゴン等に組み合わせる場合は、ハイトが長いので組み合わせるスプリングレートや自由長に因っては、アクスルと干渉する場合が考えられます、当たる場合はケースをカットしてお使い下さい!
 
 
そしてダイハツ用ライドハイトは、調整幅・約20mm 調整シロが少なく無いかな?って感じるかも知れませんが、スポーツ方向に脚のセットを合せていくと当店のスプリング長くらいで、いいトコ来るようになってます。φ105以上のスプリング対応で、防音シートは付属していませんが、コペンやエッセ、ミラ等、ダイハツ車の軽自動車には殆ど取り付け可能!!

 
イメージ 1
 
 
 
今後も、プロキットシリーズを順次発売して行く予定なのでご期待下さい
※どちらも、プリロードを掛ける事が前提なので車輌との固定機能は有りません。固定する場合は加工して下さい  調整レンチは付属していません
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事