ここから本文です

−和泉の国から−

書庫全体表示

ダイハツに搭載されている人気のKFエンジン!!
エッセ等に搭載されてるのはノンターボのKFエンジン、ターボ仕様のKF−DETはニューコペン等に搭載され、ダイハツの軽自動車の主役エンジンです!!
当店ではKF−DETをセッティングしたのは、LA400Kのニューコペンしか前例が無く、電動スロットルを制御可能なフルコンのV−Pro Ver4.0を使用しましたが、今回は電動スロットルでは無いKF−DETのブーストアップなので、サブコンのF−CON i S で制御・・・不意なチェックランプ点灯やスピードリミッターが切れるかどうか分かりませんが、やってみる事にしました!
 
イメージ 1
 
 
ん??どの車両かって??どこからどうみても営業車のアトレーワゴンですが、KFターボエンジンが搭載されていますよ!! 
今回、遠く千葉から入庫いただいたH25年式の新しいアトレーワゴンです!!
 
仕事で使用される事が多いワゴン系の軽自動車ですが、色々な装備が充実されていく反面、重い車重と不利な空気抵抗で加速に不満を感じてる方は少なく有りません
今回の変更・取り付けパーツは、レーシングプラグとEVCとF−CON、そしてアトレー用のスポーツエアクリーナーが唯一KCテクニカ様から発売されてたので効率アップ目的で早速交換!! 
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
配線図を見ながらF−CONハーネスを製作!!スピードリミッターが効いてしまってはスポーツ走行時の楽しみが半減するのでリミッターカット出来るか調べるてみると、やはり車速信号はメインCPUにCANで入力されてたので無理な事が判明・・・ならば、その手前で入力させて解除出来るか作動テストしてみると・・・無事にリミッターカット出来ました!!
早速、ジェットでセッティング開始!!
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
開始していくと最近のエンジンなので高回転領域のA/Fは9台・・・
かなり濃い目なのでF−CONで補正し点火もノックに注意しながらブーストを徐々に上げ、ノーマルマフラーと小さいターボなのでブーストは無理せず145KpaMAXで110Kpaまで減衰させる方向で完成!!
 
 
イメージ 7
 
結果は下が入庫時に測定したグラフ、上がブーストアップのグラフ!!
パワーは約22%のアップですが、全体的にトルクアップしてるので体感は数字以上に有ると思います!!6500rpmからのパワーの落ち込みが、かなり良くなりましたね!!
リミッターは効かないので千葉までの帰りの高速は気を付けて下さいね!?(^^;
 
 
イメージ 9
 
イメージ 8
 
 
イメージ 10
 
 
アトレーオーナーの方や1BOX系軽自動車に乗ってる方に、お勧めのメニューです!!
 
 
 
※キャドカーズは、ヤル気のある整備士をまだまだ募集してます!
  年齢不問 資格:3級・2級整備士免許所持 実務経験2年以上
 
車を弄ったり、走ったりする事が好きな方からの連絡、お待ちしています!

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事