シングルモルト

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

オーガニック(有機栽培)の大麦にこだわったバーボン樽原酒の限定ボトリング。
全世界限定9000本ボトリングにてヨーロッパの各国マーケットでは即完売となってしまっており、日本への入荷はわずか600本のみです。

イメージ 1

入荷しています。

イメージ 1
今回は昨年正式にリリースされた話題のアイリッシュウイスキーのインディペンデントボトラー「ティーリング」から、

待ちに待ったシングルモルトのエントリーモデルとなる「ティーリング シングルモルト」

ティーリングウイスキー社はアイルランドのダブリンに本拠を構えるインディペンデントボトラー(独立瓶詰業者)で

す。アイリッシュウイスキー業界にアイルランドの“独立”の気運を再び取り戻そうと、当時のクーリー社の社長で

あったジャック・ティーリング氏が、ハンドクラフト&スモールバッチのアイリッシュウイスキーを作るべく、クーリーを

離れて2012年に設立しました。
入荷しました。

[[attached(1,center)]]

−以下輸入元資料より−

「ハイランドパーク ダーク・オリジンズ」は、オークニー島の闇の中で1700年代の終りにハイランドパークの礎を築いた、創業者マグナス・ユンソンに由来します。
密造時代におけるマグナスの“闇のヒーロー”とも言える活躍にインスパイアを受けて出来上がった「ダーク・オリジンズ」が、ハイランドパークの定番ラインナップに加わります。

全体の80%にファーストフィルのシェリー樽で熟成した原酒を使用。ハイランド パークならではの力強い味わいと、深くダークな色味。80%のファーストフィル原酒使用は、ハイランドパーク12年の2倍以上にあたります。
色合い:豊かなマホガニー色。
アロマ:シェリー樽由来のスパイスの香り。熟したバナナのアロマがヘーゼルナッツと焼きリンゴの香りと重なり合う。
味わい:非常のバランスが良い。最初に感じるのは乾燥したピートの香り。 それがマラスキーノチェリーのまろやかな味に変化し、温かいダークチョコレートが 味蕾を刺激する。
フィニッシュ:甘みのあるスモークの香りが長く続く。

ここのところのある意味流行りのような形になっている’ノンエイジ’ですね。(どこの蒸留所も古い原酒(樽)が足りないようです。)10年前後の熟成のモノを中心に比較的若い原酒も入っているようです。
[[attached(2,center)]]
Mistyにはこの他にもHighland Parkのご用意がございます。色々と比べながら召し上がっていただくのも愉しいと思います。
あまり紹介する事のないアイリッシュ・シングルモルト・ウィスキー

ティーリング ヴィンテージリザーヴ 21年
イメージ 1

TEELINGVINTAGE RESERVE[1991] 21yoSILVER BOTTLING

地理的にも歴史的にもスコッチウィスキーとの引き合いになる事が多いですが、ここ数十年はスコッチ(特にシングルモルト)の陰に隠れてあまり目立たない存在になってしまったアイリッシュウィスキーです。

そんな中でも個性を生かしながらアイリッシュウィスキー復権に力を注ぐ注目の1本です。


以下は輸入元コメントより

ティーリング・ウィスキー・カンパニーは、ウォルター・ティーリングが1782年にダブリンのマローボーンレーンに造成した蒸留所に始まりました。
1987年ジョン・ティーリングはティーリングでスピリッツの製造に携わりながら、独立ボトラーズとして、アイリッシュウィスキーを世に打ち出し、アイルランドの魂を取り戻そうという強い志を持って取り組んでいます。
最近、ダブリンでの蒸留所新設を計画する等、成長著しいアイリッシュウイスキー界を体現する活発な動向で、世界市場ではボトリング以外にも注目するべきブランドの1つです。

イメージ 2


今回ご紹介するヴィンテージリザーヴ21年は、同社の定番ラインナップとなり、世界的な評価サイト・”MALT MANIACS”の AWARD2013Ultra Premium部門でThumbs Up Awardを獲得した話題のボトルになります。

ぜひ1度お試しください。
今回の新入荷は久しぶりにボトラーズのボウモアです。 

2002年蒸留の2014年瓶詰め 11年熟成 アートワークシリーズ 

リフィルホグスヘッド熟成で57.8%。322本瓶詰め

イメージ 1


潮の風味を強く感じ、フルーティさもあり好感の持てる一本です。

ぜひお試しください。

イメージ 2


以下輸入元資料
日本市場はもちろんのこと、世界中で注目されているドイツのボトラー「ザ ウイスキーエージェンシー」と日本の「スリーリバーズ」が両者でテイスティングを行い、優れた品質の樽のみをジョイントボトリング専用のシリーズ「アートワーク」としてリリースしています。


また、今回はシンガポールでのウイスキーエージェンシーの正規代理店である世界的に有名なウイスキーバー「THE AULD ALLIANCE (オールドアライアンス)」と、スリーリバーズのジョイントボトリングという形でのリリースなので、ウィスキーエージェンシー・オールドアライアンス・スリーリバースのトリプルネームですね。

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事