ここから本文です
cafe' y copa
9月15日〜3泊4日で北見、紋別、網走を旅行しました。

書庫全体表示

余市神社の御朱印♪




余市の道の駅を楽しんだ後は、余市神社へ行きました

イメージ 1

余市神社

文政10年(1827)本町開発者林長左衛門が京都伏見稲荷の分霊を上余市の魚場場所の浜中町湯殿山下にに勧請し氏神とし稲荷神社と称した。
同社は明治8年郷社と公称した。
安永2年(1773)松前角平は漁夫83名を率いて山碓町に漁場を開設し、
山碓シリパ山麓に日頃信仰していた伏見稲荷を勧請した山碓稲荷と称し氏神とした。
明治16年にこの山碓稲荷を合祀し現在地に移転。
明治44年8月余市神社と改称し、大正12年5月新社殿が建築竣工し、翌13年に県社に昇格。
昭和52年5月31日現在の社殿が落成、同52年8月30日創建百五十年祭並に造営奉祝祭を斎行、昭和63年社務所が改築落成した(以上ネットより)。

イメージ 10

狛犬さんが可愛い顔してるんですよ

イメージ 6

目が大きくて毛がふさふさヾ( ̄∀ ̄*) 体も大きいです。

可愛かったので、ちょっと遊んでしまいました

イメージ 5

本殿

お賽銭やお参りは正面の扉を開けて行いますイメージ 12

イメージ 2

社務所も立派でした

イメージ 3

神社を背にした景色。 真っすぐに伸びた道路が見ていて気持ちいい

イメージ 7

いただいた御朱印はコチラですヾ( ̄∀ ̄*)

イメージ 4


GWの北海道旅行記、今日もじゃんじゃん続くんで〜すイメージ 11


ぽちっと(´・ω・)ノ★*゚*ヨロシクデス*゚
イメージ 8
イメージ 9


この記事に

  • 顔アイコン

    LUCASちゃんこんばんわー♪♪(*^∇^*)//

    とても親しみやすい神社ですね。。
    ちょっと大きな鎮守様という感じです。。
    狛ちゃんも愛嬌のあるいいお顔ですね。。
    北海道らしいロングストレートに感動です。。

    御朱印にもちょっとした感動がありました。。
    今までに見たどこの神社よりも個性的な筆致で
    強い印象を持って心に残りました。。
    書かれた宮司さんのお顔を拝したいなと思いました。。
    で、励まします。。
    もっと練習しろよ、未熟者めっtt ってね。。

    あはははは。

    wildpiano

    2018/5/14(月) 午後 9:49

    返信する
  • 今晩は〜余市!行ったことがありません〜

    可愛かったのは狛犬ではなくLUCASさんなのでは?

    御朱印は、縁があってたどり着いた神社・仏閣の物は、大切なものなのでしょうね。
    筆跡は気になるものなのでしょうか?

    [ S.C ]

    2018/5/14(月) 午後 11:36

    返信する
  • > wildpianoさん

    あははは! はっきり言って上手ではないですよね、印も真っ直ぐじゃないし(笑)

    でも、何度も行けるような所ではないので、良しですね(笑)
    思い出ですね(笑)
    ナイス、ありがとうございます。

    Lucas

    2018/5/15(火) 午前 11:55

    返信する
  • > S.Cさん、こんにちは。

    御朱印の筆跡は気になります。
    やぱり達筆が嬉しいです。

    ちょっと前まではいろんな神社の御朱印を集めていましたが、門前仲町の富岡八幡のあの事件があって以来思う事がありまして、あれこれ行くのをやめました。

    旅行先で見つけた神社とか、都内だったら自分がしっくりくる神社にだけ行く事にしてます。

    Lucas

    2018/5/15(火) 午後 0:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事