ここから本文です
cafe' y copa
9月15日〜3泊4日で北見、紋別、網走を旅行しました。

書庫全体表示



積丹岬見学後は、神威(カムイ)岬へ行きました

神 威 岬

札幌市より70㎞程の西、日本海側に大きく突き出た積丹半島の先端にある岬です

イメージ 1

駐車場から岬先端部までは、

尾根沿いに整備された『チャレンカの小道』と名付けられた遊歩道(770m)があり、

徒歩で20〜30分位(強風時は立入禁止)。

イメージ 2

この日は強風が吹き荒れてましたイメージ 12

イメージ 16

なもんで、立入禁止⛔💦

門の向こうへ行けず、人がここ↓に溜まってました(∞)y─┛~~

この門は・・・

イメージ 3

女人禁制の門。

イメージ 13

今では男女関係なく入れますが、
1855年(安政2年)までは、
長きに渡って岬一帯への女性の立ち入りは禁止されていました

神威岬は西蝦夷三険岬と呼ばれるほど海路の難所として恐れられており、
海難事故も多発していました。
そのことが、源義経伝説の「チャレンカの悲劇」の印象を
より強いものにしてしまったのでした。
その為、女人禁制になったんだそうです

イメージ 4

なんかもう、すごい景色ですよね、今見てもすごーーーいヾ(・ω・o)ノ♪

この遊歩道、歩きたかったなぁ〜・・・残念でした(´-ω-`)

イメージ 5

仕方ないので他を散策。

”電波探知塔”の遺構を見つける。



イメージ 6

明治後期、神威岬の沖合にロシア軍艦が出没した事件があり、
ロシアの脅威にさらされていた北海道。
昭和15年、ソ連軍の情報を掴む為に無線塔一基、レーダー二基の建設を着工し、
和17年完成。
その名残がこの電磁台です。

イメージ 7

電磁台から更に奥に進みます

イメージ 8

お天気はいまいちだったけど、絶景であることに変わり無し

イメージ 9

どんどん進むと、左側に展望台が見えてきます。

イメージ 10

岬全体を眺める事が出来るんで〜す

イメージ 11

変わった形の岩々がとっても魅力的 神威岬ならではの景色ですね

ここは、お天気が良い時にもう一度訪れなきゃです(`o´)


続きまーすイメージ 17


ぽちっと(´・ω・)ノ★*゚*ヨロシクデス*゚
イメージ 14
イメージ 15

この記事に

  • 顔アイコン

    LUCASちゃんこんばんわー♪♪(*^∇^*)//

    いいところですね。。
    これなら1時間くらいうろうろしても飽きません。。
    長時間にわたる散策だったようですね。。
    写真レポートが上出来です。。
    遊歩道を歩くためにまた行くんでしょ??
    次回が楽しみですね。。

    wildpiano

    2018/5/16(水) 午後 6:48

    返信する
  • > wildpianoさん
    とても良い所でした。お天気が良い時に絶対また行きたい所です。
    一方で、絶景なだけに外国人観光客が大変多く、入ってはいけない所に入って写真撮影していたりと不届き者が多くて不快になります。
    むかついたのでその外国人の写真を撮りました。

    こういう時、どうしたらいいんでしょうね?
    注意したって聞かないだろうし。

    Lucas

    2018/5/18(金) 午後 3:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事