Acoustic Walden BANDの安曇野日記

カフェウォールデン HPはこちら http://www.cafe-walden.com/

全体表示

[ リスト ]

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1123「エンガチョ」の巻
 
みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。
 
お客さんが寺内タケシのコンサートに行ってきて、僕にピックをもらってきてくれました。
ちょっと大きめの三角ピックで、レギュラーより少しやわらかいかな。
とても弾きやすいピックでした。
コンサートは超満員で98歳の常連さんが聴きに来ていたとかで、ただただスゴイなぁと思います。
たしか僕が小学生の頃だったと思いますが、寺内タケシさんが笑点に出演して、笑点のふすまの前で演奏していたのをおぼえています。
幻じゃないと思うんですけど。
 
さて、僕たちはリハーサル中に森下の機材が不調になったので、これ幸いとリハを中止。(笑)
森下がドライバーでクリクリ修理している間、みんなでのんびりコーヒーを飲んでいました。
すでに音はキマッテいるので、今は楽しい時間を共有することの方が大切です。
昨夜はみんなで冷やし中華を食べたんですが、なぜかエミちゃんだけキュウリの音が大きいとか、エンガチョの話とか、になりました。
 
森下たちはエンガチョは「千と千尋の神隠し」で知ったらしいですが、話を聞いていたらどうも本来の理解とは違うような気がします。
僕の理解では、エンガチョは結界を作るというと聞こえは良いですが、いじめや差別になりかねないHandle with careな言葉です。
エンガチョで結界を作ったんなら触れるはずなのに、さらに逃げる行為が加わるというか、意味をなさない恐怖心が付随してきます。
それに、、、、あろうことか、女の子に向かって言う場合は論外です。
もちろん、コミカルな楽しい意味合いもあわせ持っているんですけど、でもあんまり慈悲的な感じはしないかなぁ。
不浄なものに対抗する慈悲の力としてのエンガチョ、ではない。
 
案外深い話になりました。
 
言葉の底にやさしさがある。
それは、人の基本でしょう。
 
イメージ 1

Acoustic Walden BAND LIVE with 角田忠雄
624日(土) 開場 1830分 開演 19
会場 カフェウォールデン
チケット 2,000円 (チケットは前売りです)
 
ウォールデンバンドHPのアドレスは http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFBのアドレスはhttps://www.facebook.com/acousticwaldenband
FBに登録されていない方でもどなたでもご覧になれます。
 
みなさん、応援してください。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事