Acoustic Walden BANDの安曇野日記

カフェウォールデン HPはこちら http://www.cafe-walden.com/

全体表示

[ リスト ]

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1377「京都編・その1」の巻
 
みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。
 
京都、大阪に行ってきました。
 
京都は何年振りでしょうか、今回は高台寺ねねのお寺に行ってきました。
豊臣秀吉の正室、高台院北政所寧々さまが眠っているお寺です。
元々寧々に興味があって若い頃からいろいろ文献を読んでいましたし、ウォールデンの3女、黒猫のねねの名前も高台院北政所さまにあやかったものです。
 
ほんでもって、まずは行きの運転は僕がして、途中の運転も僕がして、帰りの運転も僕がしました。
って、アホか!!
帰りは大阪から安曇野までノンストップ休憩なしで4時間ちょっと、ベッシーさんは毛布にくるまってグースカ寝てるし!!
大阪でKOくんにもらったたこ焼き食べて、眠くなって起きたら安曇追分の駅前の交差点でウォールデンまであと5分、それまでまったく動じずに熟睡してるし!!

たいしたもんです。
次も毛布持って行こうとか言ってるし、大物感はある意味寧々さま以上かもしれません。
長生きするわ。
 
さて、安曇野を出発してまずは中央道を名古屋へ向かいました。
途中、内津峠のあたりで車線規制のカラコンが倒れていてハザード通行だったので、NEXCOへ通報。
事故にならなくて良かった、良かった。
 
ついでに、僕としては10代の頃、車の免許を取ったばかりの時の夢を叶えたいということもあって、岐阜羽島のあたり、名神と新幹線が並走するところでCDを聴いたりしました。

イメージ 1

都合よく、目の前を走っている車両トラックにケンメリのスカイラインが積んであったので、そのあとを走っていると気分はまるで70年代
曲名は恥ずかしいから書かない。
エリック・クラプトンではありません、日本の曲でもありません、ましてや小田和正であるわけがない。
オレは日本の曲、嫌いなんだよ!

っというわけで、一部のAWBファンの方の顰蹙を買いましたが、先続けます。

イメージ 2

非常に尊敬する小田和正さんのコンサートを聴きに行くために、はるばる伊吹山、関ケ原を越えて草津、大津、瀬田を抜けて、いよいよ第一目的地の京都へ。
 
昔、瀬田の大橋を知らなくて、日本史的に叔母さんに怒られたことがあったっけ。
京に上るアイコンとしての地名でしょうけど、信玄が口惜しく言った芝居の言葉でないの?
本郷のかねやすと同じだよ叔母さん、かねやすまでが江戸の内じゃ。
 
で、高速を降りたらそこはいきなり京都でした。
高い建物はないし、なんとなく京都、京都、京都!
空気が全部、京都!!
外国人歩いてるし、交差点複雑だし、小径狭いし、暑いのに着物きてるし、一方通行無駄に多いし、駐停車で車線取ってるし、車幅ギリッギリだし!!
 
でも、そんな京都に順応性高い僕は5分で慣れました。
そーゆーことなら、こっちも松本ナンバーの田舎感丸出しで京都の街中を走り回ろうっと。
で、調子こいてたのも高台寺の近所の駐車場に止めるまでした。
なにしろ、となりに止まってるのがアストンマーチンで、反対側がジャガーでしたから。
 
う〜ん、京都、深い。
 
おまけ
京都大原三千院
今までのイメージ
1        京都・大原三千里 (京都と京都にある大原というところまで三千里ある)
2        京都・大原三千人 (京都と大原の人口は三千人である)
3        京都、大原さん全員 (京都に住んでいる大原さん全員集合)
 
つづく
 
ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden
 
みなさん、応援してください。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事