☆彡 こちら関西情報局 ☆彡

大阪を中心として関西の楽しい情報・お得な情報など耳よりな情報をタイムリーに発信します

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

本フォーラムでは「狙った恋の落とし方。」で北海道観光ブームを巻き起こした仕掛け人・宇崎逸聡さんや5月公開予定で大阪を舞台にした話題の映画「プリンセス・トヨトミ」を制作した土屋健・プロデューサー、今回の映画祭にタイから招待されるバンジョン・ピサンタナクーン監督、近畿運輸局企画観光部の片山安夫次長といった4人のプレゼンターを迎え、映画製作と観光、大阪ロケの魅力について、予告編やメイキング映像を紹介しながら種々お話を伺います。
開催地     大阪歴史博物館 4階講堂
開催期間     2011/3/11
料金     入場無料
http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/event_9341.html
http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf11/110311sct.pdf

■時間 13:30〜15:30
■お申込み方法 
2011年3月4日(金)までにFAXまたはe-mailで、件名を「フォーラム参加希望」とし、
①お名前 ②会社名など関係先 
③連絡先電話番号④同FAX番号
⑤同メールアドレス 
を記載の上、下記までご連絡ください。
【大阪ロケーション・サービス協議会】
TEL 06-6282-5905
FAX 06-6282-5915
e-mail info@osaka-fc.jp
こちらから参加証などの発行はいたしませんが、定員に達した場合は、その旨ご連絡させていただきます。
http://www.osaka-info.jp/db/event/9341-L.jpg

「あぁ!美しきモダーンズ―東西新世代女性たちの装い―」展、関連講演会のお知らせ。
モダンガールの登場する1920年代、日本の人々の間にも本格的に洋装が入ってきました。講演会では、当時の先進的な女性たちの装いやスタイル、時代背景、また神戸の洋装の振興についてもお話しいただきます。
●日時 3月5日(土) 14:00-15:30 (受付13:30より)
●講師 青木美保子(神戸ファッション造形大学准教授)
●会場 神戸ファッション美術館 4階 セミナー室1
●申込不要/参加無料 (展覧会は別途入館料が必要です)
http://fashionmuseum-blog.com/category/%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B?634345756736379657

モダーンズ展では、日本の当時の特徴的なワンピース・ドレス(東京家政大学博物館所蔵)やモーニング・スーツ、貞明皇太后の通常服や女官の中礼服(大阪大谷大学短期大学部所蔵)、田中千代デザインのパジャマドレス(専門学校 田中千代ファッションカレッジ所蔵)などの洋装をご紹介しております。
また、和装に見られるデザインとして、大正〜昭和初期の着物や帯、半襟(東京家政大学博物館、個人、神戸ファッション美術館所蔵)を展示しております。あわせて、時代の空気感の漂う、ポスターや雑誌(池田文庫、MCDプロジェクト所蔵)、化粧品(資生堂企業資料館、(株)クラブコスメチックス所蔵)などもご紹介しております。展示室内の白い壁ゾーン、日本展示も合わせてご覧ください。
http://fashionmuseum-blog.com/wp/wp-content/uploads/2011/02/c5ccdb8ebd692bc8c4400cd1748ccb49-300x300.jpg
日本初上映のアジア映画最新作を中心に上映し、また多彩なゲストを迎え、ティーチインやトークイベント等を開催する。
今回からアジア映画最新作のコンペティション部門を創設し、その作品を対象にアワードを設定。従来の観客賞に加え、国際審査員による最優秀作品賞(グランプリ)などを創設し、クロージングセレモニーで授賞式を行う。(3/9〜13)
また大阪ゆかりの映画の上映や大阪の映画人・映画ファンが選んだベストテン及び表彰式を行う「おおさかシネマフェスティバル〜映画ファンのための映画まつり〜」(3/5、6)やアジア若手の映画作家の作品を上映し交流の場を設ける「アジアン・ミーティング大阪」(3/9〜13)などを同時開催し多彩なプログラムを展開する。
いち早くアジアの優秀作に出会えるのはこの映画祭の魅力だが、もう1つの魅力は上映作品の映画関係者に出会えること。作品の鑑賞だけでなく、稀な機会となる映画人とのコミュニケーションも楽しもう。
http://www.oaff.jp/index.html
http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/event_8858.html

【上映スケジュール】
http://www.oaff.jp/schedule/index.html
http://www.oaff.jp/img/id/mainv03.png
2007年春よりスタートした『神戸花物語』。
5回目の今回は、神戸市地下街デュオこうべ「デュオドーム」にて、入場無料のオープンイベントとして開催いたします。
会場が人通りの多い場所に立地しておりますので、子供から大人まで、また、これまで花にあまり興味を持っていなかった方など、幅広い層へのPRが可能であると考えております。
http://www.kobe-hanamonogatari.jp/
http://www.kobe-hanamonogatari.jp/image/im.jpg
京都のひな祭り
http://souda-kyoto.jp/travel/saijiki/03_sub.html#Event02
http://www.the-kyoto.jp/topics/03hina/index.html
http://www.the-kyoto.jp/topics/03hina/img/hina_top.jpg
【ひな祭り】
宝鏡寺は南北朝時代に創建され、代々皇女が入寺する尼門跡寺院です。幼少で出家した皇女もいたことからゆかりの人形が数多く残り、いにしえの雛人形が本堂に並びます。和楽の奉納と雅やかな音色に合わせて島原太夫が舞を奉納する姿も見ることができます。3月1日(火)〜4月3日(日)の間は春の人形展が開催されています。
日程     2011年3月1日(火)11:00〜11:30
料金     600円
場所     宝鏡寺(京都市上京区寺之内通堀川東入百々町547)

【流しびな】
下鴨神社で行われる流しびなは中国から伝わった「上巳の節供」(じょうしのせっく)に由来する古式ゆかしい行事です。一般公募で選ばれた男女らが、桟俵に乗せた紙雛を境内の御手洗川にそっと流し、厄災を祓います。当日、参拝者には雛あられ付きの流し雛(500円)が授与され、子どもたちの健やかな成長を願う人々が求めに訪れます。
日程     2011年3月3日(木)11:00〜
料金     無料
場所     下鴨神社(京都市左京区下鴨泉川町59)

【ひいな祭り】
市比賣神社(いちひめじんじゃ)で行われるひいな祭りは縁結びのご利益があると信仰を集めています。祭典が営まれた後の「人びな勢ぞろい」が見どころ。一般から選ばれた人をモデルに、衣冠束帯や十二単の着付けが実演されます。三人官女や五人囃子もそろい、人びなの完成。投扇興や貝合わせの遊びもあり、ひな茶の接待もあります。
日程     2011年3月3日(木)13:00〜
料金     1000円(ひな茶接待付)
場所     市比賣神社(京都市下京区河原町通五条下ル一筋目)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事