内需大回転

人間皆井の中の蛙、人間万事塞翁が馬、柔らかい戦争の真っ只中

全体表示

[ リスト ]

「100年に一度の金融危機」

私は、この言葉をかねてから疑問に思ってました。

「そんな生やさしいものじゃ無いんじゃない?」なんて

今回は、そのあたりを私なりの観点から、述べてみたいと思います、お付き合い下さい。

では何なの?と言われると「史上最大の経済危機」だと思っております。

あっ、これ「現在の金融危機」の事を指してます。

決して、「この先起こり得るであろうこと」の話ではありません、念のため。

今の金融危機は「アメリカ発世界金融危機」と言われます。

そうその「アメリカ」ですけど、やはり「ひどい国」だと言わざるを得ません。

時代は前後する部分もありますが、アメリカが近年にやったひどいことを並べてみます。

まずは「アジア通貨危機」

タイの経済が潰れたり、韓国がIMFの世話になったり、その他にもインドネシアも・・・

この記事をご覧の皆様は別として、一般にはあまり知られていないことですね。

マスメディアが報道してませんから・・・

一言で言うなら・・・

「アメリカのヘッジファンド(以降・禿)が金持ちから集めたお金で、

ただ金儲けだけのために、東アジア、東南アジアの経済を滅茶苦茶にした」

です。

その「儲けた一握りの金持ち」というのは、もの凄い金持ちですよ。

そうでなければ、小国とはいえ国ですから・・・小金では土台無理な話。

もう「金儲けなんかしなくてもゼンゼン問題ない」ような連中ばかり・・・

そんなやつらの・・・「言わば趣味で」・・・

「一国の経済、いや何カ国かの経済を潰したんですよ!!!」

こんなこと「許されていいんですか?」

日本では、この論調は、あまり聞いたことがありません。

評論家には、アメリカ新自由主義の信望者が多かったですからね。

「アジア通貨危機」の際一番儲けたであろう「ジョージソロス」なんて禿は・・・

「儲けた金でボランティア」なんてやるんですから・・・

この「偽善者」ぶりには、心底あきれ果てます。

「日本人には到底出来ない行為」です。

なんて思っていたんですが、いましたね「ムラカミ」とか「ホリエ」とかwww


次とりあげるのは「イラク戦争」

これも、「金儲けのため戦争をしたくてしたくて仕方の無い連中」の仕業です。

「自分のかわいい部下が死ぬところを見るのは耐えられない」

これが軍人の本音であり、この戦争には反対してました。

湾岸戦争なら、「大義名分」はありましたが・・・

こちらには、ありませんでした。

このあたりは「戦争詐欺師(菅原出さん)」の著書に詳しく書いてあります。


「原油価格高騰」

これは全てアメリカが悪いわけではありませんが・・・

「経済の血液である石油」をあんな風に金遊びの道具に使うなんて・・・

しかし「これに耐えた日本はたいしたもの」であることは事実ですけどね、耐えただけとの印象。


「郵政民営化」もそうですね

「年次改革要望書」なる無理難題を日本に突きつけ、日本から金を取ろうとする・・・

「郵貯簡保のお金350兆円をむしり取る」皮算用だったんですね。

最近やっと、この考えも一般的になりつつあります。

でも今は「小沢共産党国家主席」の手に・・・あーあ


そして「サブプライムローン問題」・・・

どんどん悪質化していく「アメリカの金融」ですが・・・

それには最初「手本となるもの」がありました。

80年代後半に我が国日本で起こった「バブル」です。

このバブルは、ほとんど日本国内で起こったものであり、自然発生的なものなんですが・・・

それでも「アメリカのいろいろなもの」を次々と買っていきました。

アメリカは、指をくわえて見てるだけ・・・

ではありませんでした「へー・・・ああやればいいんだ!!!」

上村シーラ千賀子さんはこのように解説しておりました。

この話は、とっても面白かったので、載せました。

その先からは「アメリカは人工的にバブルを起こそうとする不届きな国家」となりました。

「ITバブル」までは、まだまともな手法が用いられたとの印象。

しかし、「サブプライムローン問題」は、「リスクを金に変える」行為。

なに?「金融工学」だ?バカにすんなよ!!!

法律的にはOKでも、詐欺イカサマ以外の何者でもありません。

犯罪的行為ですよ。

ついに、一線を越えてしまいました。

もうこの時点で「アメリカの繁栄は二度と来ない」という選択でした。

そして「リーマンショック」

「アメリカは詐欺側」です、被害は少ない、それでもトンデモないことになりました。

この被害を大量に被ったのが「ヨーロッパ」

このことは「HRS」様がずっと前から指摘されております「ヨーロッパが危ない」と



今の金融危機はアメリカの「犯罪的行為」によってもたらされました。

このような「超大規模な犯罪的行為」によっての金融危機は今までありませんでした。

修復に以前の常識なんか通用しません。

「100年に一度の金融危機」という言葉は適当ではありません。

「100年に一度」とか「危機」なんて言葉を使うから、「危機感が足りない」との認識。

これは、「世界の王アメリカが行った犯罪的行為」です。


「金融テロ!!」です。


「アメリカ発世界金融テロ」です。

「テロとの戦い」などと言っておきながら、経済の世界においては・・・

「正真正銘のテロリスト」です、アメリカは・・・

ですから「100年に一度の金融危機」ではなく「史上最大の経済危機」です。

「史上最大の経済危機」の対処の仕方をみると・・・

「もっと恐ろしい話」となるのですが・・・

「もっと恐ろしい話」は次回ということにいたします。

次回もよろしくお願いいたします。


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

閉じる コメント(12)

顔アイコン

>なに?「金融工学」だ?バカにすんなよ!!!
しかしこの金融工学は日本人が作ったんだよwww

日本良いもの 世界悪者に書くと話が歪むぞ〜いw
今回の金融危機の種銭は 円キャリ― その円キャリーの原資は…
おれおれ詐欺 商工ロ―ン 闇金の金なんだよな!

EUが覇権を取ろうと アメリカに対決を申し込んだが 返り討ちにあったってのが正しい認識かも?

2010/1/13(水) 午後 6:37 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

極楽センセ
借金(国債)を借金(国債)で返してたら・・・
やがて日本国も、闇金の世話になることに、ならんかのう?
うん、心配じゃ
それでも、「国の借金は国民の財産」なんじゃからのうwww

2010/1/13(水) 午後 7:15 [ caj**orec ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
>郵政民営化
単純に「公務員改革」の一環かと思ってました。
財政投融資金の切り離し、特定郵便局員(公務員の地位)の世襲解消。
単純に将来発生するであろう焦げ付き債務の切り離しだと思ってました。 削除

2010/1/13(水) 午後 9:37 [ 地方坑木 ] 返信する

顔アイコン

こんばんはcaj**orec 様
本日のお題項目のネタは
うろ覚えになってしまいましたが
この本が判りやすく書いてあった気がします
世界連鎖恐慌の犯人 著者 堀 紘一
販売されてからすでに2年位経過していますので
書店で現物を見ることは無いと思いますが
古本屋ですとかなり販売価格が安い部類にあると思います
お時間が有りましたら、古本屋などで見つけてみては
いかがでしょうか、私も取り寄せるより、古本屋で
見つけ購入価格が300円位で購入した気がします
(この時は取り寄せる迄の時間が惜しくて安易に地元個人古本屋で見つけました)

2010/1/13(水) 午後 11:24 [ man**zoo ] 返信する

顔アイコン

こんばんは地方坑木様
>郵政民営化
私も結婚するまでは地方坑木様と同じ考えでしたが・・・
いざその中に勤めている嫁を貰って話を聞くと
結構、黒い話を聞きました、
まあ 電電公社や国鉄の民営化の経緯と似ている所もありますが
まだこの件については勉強不足の面が自分にもありますので
メザシの土光さんから振り返らないと・・・・
自分の考えが纏まらない気がします
玉串色の返事で申し訳ないです

2010/1/13(水) 午後 11:45 [ man**zoo ] 返信する

顔アイコン

man**zoo 様
>私も結婚するまでは地方坑木様と同じ考えでしたが・・・
>いざその中に勤めている嫁を貰って話を聞くと
>結構、黒い話を聞きました、

中の人に話を聞くと、まったく違った話が聞けますしねぇ…
政局の絡みでもあったでしょうし。 削除

2010/1/14(木) 午前 0:06 [ 地方坑木 ] 返信する

顔アイコン

地方坑木様
簡単にいえば、郵政は黒字だったということです
それだったら民営化の必要ありません
アメリカだって国営ですからなおさら
しかし今、郵貯簡保のお金350兆円は世界の垂涎の的
世界中が狙ってます

2010/1/14(木) 午前 0:29 [ caj**orec ] 返信する

顔アイコン

man**zoo様
色々とご教授ありがとうございます
堀さんの本、さがしてみます
読んで記事にできるようであれば、レポート記事書かせてもらいます
>電電公社や国鉄の民営化
通信手段の拡大、解消しようのない赤字体質の改善
両方とも成功だったと思ってます
しかし郵政は、やる必要の無かったものだと思ってます
もしJPが上場したりすると・・・
世界中のハゲタカの餌食になるかもしれません

2010/1/14(木) 午前 0:46 [ caj**orec ] 返信する

おはようございます。

所詮守銭奴ですから、金のためには何でもします。
これがアメリカの金融自由化であり、アメリカの自由主義です。タイ経済は彼らのおかげで潰されました。彼らはタイの金でタイ経済を潰したのです。そして膨大な利益だけを吸い上げて・・・

2010/1/14(木) 午前 10:13 [ mana ] 返信する

顔アイコン

mana様
>彼らはタイの金でタイ経済を潰したのです
このことを知らない日本人がいかに多いか・・・
そして今度は世界経済を潰そうとしてます
しかし次は禿も一緒に潰れます

2010/1/14(木) 午前 11:15 [ caj**orec ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
私は資本主義が誕生してからはこういうアメリカみたいな禿タカが誕生するのは必然だと思います。近代国家とは人工国家ですから、資本主義を信仰する限りはその枠内で何をしたって文句ないだろ、という主義主張が資本主義の本質じゃないでしょうか。そしてアメリカはなりふり構わず、世界で一番危険な国家シナと手を組みました。
ルールを自らの都合よく書き換える側とルールを自らの都合よく解釈する側との2つの価値観で世界が動いていくと思われます。

余談ですがジョージソロスのお父さんはソロスが若い時にこう言ったそうです。
「人生においてリスクを負うというのは大事な事だ、でも絶対に全部は賭けるな」

2010/1/14(木) 午後 8:35 [ ウェルテルact3 ] 返信する

顔アイコン

tryptamine様
はじめまして
コメントありがとうございます
米中二つの人工国家、実験国家は、毒をはき続けながら、どんどん沈み込んでゆくでしょうね
もしかすると・・そろそろ「お金第一主義」が終わろうとしてるかもしれません

2010/1/15(金) 午前 1:33 [ caj**orec ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事