内需大回転

人間皆井の中の蛙、人間万事塞翁が馬、柔らかい戦争の真っ只中

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

公共事業積極派

【サバイバルから共存共栄へ4】


ごぶさたでした。

本日少し時間ができましたので、短いエントリーを・・・

前回のように「刷れ刷れに反対」の記事を書いたりすると・・・

「公共事業そのものに反対している」ととられ、その種のコメントをいただくことがあります。

(コメ欄で助けて下さったお仲間の方、ありがとうございました)

しかし当方は、公共事業を否定してるわけではなく、むしろ「公共事業積極派」ととってもらってかまいません。

「国土学再考(大石久和さん)」の内容などから、もっともっと公共事業にお金を出すべきだと思ってますから。

細長い島の中央には高い山々(火山も多い)が存在する日本列島、当然川は急流です。

年に何度か台風の直撃を受けるし、なんと言っても・・・

「地震大国」です。

高架化している高速道路なんかも、「頑強な支え」が必要です。

「日本の公共事業は、EU諸国(地震がない)などと比べても、多くのお金が必要」なようです。

毎年のように減らされてきた公共投資のおかげで「老朽化した橋やトンネル」

このメンテナンスも、急がなければ危険。

そう日本中に・・・「メンテナンスだけ」でも、「絶対に必要」な所が多く存在してます。

さらには、科学技術、宇宙開発、軍備増強(この三つは重複するところも多い)

国がお金を出してやるべき事が、いくらでもあるという事です。

以上のようなことは、ずっと前から記事にしてきました。

正直、当方の考えと同じようなことを反論としてコメントされるても困るんですwww

でも「国債刷ってデフレギャップを埋めようとすること」には反対です。

だってね・・・

「国債刷ってデフレギャップを埋めよう」すると・・・

「日本の発展を支えてきた町工場に受注が戻る」んですか?

「企業が需要の無い物を作りそれを国が買い取る」ってーのはダメですよ。


しかし、もし「町工場に受注が戻ると考える」ならば・・・

そのメカニズムを当方に解るように説明して欲しいものですwww

納得出来れば当方、「刷れ刷れを再考」いたします。

「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

景気対策の民営化

【サバイバルから共存共栄へ3】

今日のタイトルですが「郵政民営化」をもじったので、ちょっと意味不明となりました。

でも、どうしてもそれに近いネーミングにしたかったのですwww

連日連夜「民主党の無知無能デタラメぶり」が遠慮気味(www)に報道されております。

「個人個人で立ち上がらなければならない」と考える人も徐々に増えてきているようです。

しかし「立ち上がるのは、政治方面だけではない」

「景気対策の分野でも、個人個人が立ち上がるべきだ」との観点から、記事を書きます。


まずは・・・

「デフレギャップを埋めれば日本経済は必ず再生する」という文章を見ました。

つまりこうです・・・

「日本には元々○○兆円の生産能力がある、しかし現状●●兆円しか生産されていない」

「だから、その差を埋めることによって、景気回復が可能」

まあ「当然過ぎるくらい当然」のお話です。

問題は、「だれがどう埋めるか」なんです。

そしてね、ある方が「国が・・・」なんて言ってたんです。

それを聞いた当方、とっさにある言葉が脳裏に浮かびました。

「それって社会主義」

異論は大いにあるとは思いますが、当方は、そう思ったんです。

当方のイメージした社会主義というのは、「ソ連」のことです。

「ソ連崩壊」の要因はいくつかありますが、そのうちの一つに・・・

「売れないものを作る」っていうのがありました。

計画経済により「実は需要のないもの」をたくさん作ったんです。

まあ「とりあえず働けば、給料はもらえる」システムでしたからね

「やっつけ仕事」であった部分もかなりあり「粗悪品」であったことも事実です。

だから「売れなかった」とも言えます。

この点は「日本製」とは「大いに異なっている」でしょう。

しかしデフレギャップを国が埋めようとすると・・・

「企業が需要の無い物を作りそれを国が買い取る」ケースもたくさん想定しなければならないんじゃないですか?

でなければ「公共投資の恩恵を受けられる企業はかなり限られます」よ。

仮にある企業が「公共投資の恩恵を受けられる企業」に方向転換しようとしても・・・

一朝一夕には不可能です、そしてもし方向転換したとしても・・・

「仕分け作業」なんてやられて、公共投資の対象から外されるようになったとしたら・・・

「恐ろしすぎます!!!」

いくら「蓮舫」を恨んでも、どうにもなりません。

たとえば他にも・・・どこかが公共事業推進のため「国内メーカー」のパソコンを導入しようとしたら・・・

「パソコンメーカーとの談合」が疑われたり「海外製だったら半額で済んだ」なんてこと言われかねません。

普通に考えて・・・

「公共事業も『ケチケチ公共事業』になることが、目に見えて」ます。

「公共事業が景気回復の牽引車」となることは、なかなか想像出来ないんです。

もし仮に「公共事業が景気回復の牽引車」となるとしても・・・

「デフレギャップを『埋め続けなければ』日本経済は好調を維持出来ない」と当方は考えます。

「埋め続けなければ・・・」です。

このために「国債を刷り続ける」んですか?

「膨大に増えた国債の金利だけでも」、誰がどうやって払うんですか?

そして国債発行がうまくいくとは限りませんよ

「国債はギャンブル」ではありませんか?

「ギャンブルは負けたときのことを考えてないといけませんよ!!!」

「負けたときの対処法は示されてますか?」

「輪転機回しまくり?」「まさか踏み倒し?」

ネガティヴな要素を示すこと・・・「これって『日本ダメダボ』論ですか?」


さて「敵は本能寺にあり」っていうの、以前は・・・

「コーノ、カトー、ヤマタク、シューチョク」なんかのことでしたが・・・

まあ今は言わずと知れた「小沢共産党国家主席」が筆頭です。

しかし、まだまだあまり報道されていないものがあります。

まずは「アメリカ」、「敵は本能寺にあり」が適当かどうかは解りませんが・・・

「アメリカ政府は『首相の靖国神社参拝に反対』」しております。

そして「経団連も『首相の靖国神社参拝に反対』」しております。

理由は、「テメーのところの経済最優先」つまり「守銭奴精神」。

「首相が靖国神社を参拝することにより、自分とこが損したり、潰れたりすることがイヤ」との理屈。

さらに・・・もっと最近解ったことですが・・・

「外国人参政権、移民1000万人受け入れ等も『経団連は賛成』している」とのこと。

「国内で安い労働力を確保したい」との意向で。

これらは、青木直人さんのライブトークで語られました。

やってられませんね、「経団連のご乱心」・・・

しかし、ほとんどの日本人が、直接的間接的に「経団連の企業との関わり」があります。

本気で非難しようとすると「全部潰れろ!!!」と言うしかない。

そんなことは・・・「望んではいません」ね。

本当に悩ましい。


ですからね、今こそ一人一人が立ち上がり、個人個人がしっかりと覚悟をする必要があるんです。

小泉さん、ではありませんが「痛みをともなうことを覚悟」しなければなりません。


当方は「国債よりも消費税アップ」の方を、支持します!!!

仮に「消費税アップ」で当面は景気悪くなったとしても・・・

この政策自体、少子高齢化が進む日本において、必ず導入する必要が出てくるものです。

「国債刷りまくりで、にっちもさっちもいかなくなる可能性」と比較してどうでしょうか?



さらに「みんなで景気を良くしよう」との自覚。

「奴隷労働に支えられた海外製品」は、買えば買うほど「景気にマイナス」です。

具体的には「国産品を適正価格で」です。

「オギワラヒロコ」なんていう人「ケチケチ作戦」は、無視していただきたい。

そして景気を良くするには「啓蒙活動が必要」と考えます。

その「啓蒙活動」ですが・・・

「国の負債は国民の資産」よりも・・・

「国産品を適正価格で」の方が、「ずっと有効である」と当方は思っております。


最後に・・・

「国債刷ってデフレギャップを埋めようとすること」って・・・

「『健全なインフレ』という概念とは逆方向」って考えるのは、当方の見当違いニカ?


人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

ずっと言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

Keiのheart様よりコメントをいただきましたので、それに対してエントリーをたてました。



そのコメントは・・・

【フリーメーソンなんていう白人中心の組織は・・・あることはありますが、「そんな大それたモンでは無い」と考えるのが正常なる判断でしょう。】
根拠は?調べたの?どうしてそう判断したのか宜しかったら説明してください。

そんじゃー質問。
1997年に放送されたアメリカのシンプソンズの漫画で、911とツインタワーの絵が出ているんですけど、これってどういう偶然ですか?その説明もついでにお願いします。

検証して頂きたい証拠の動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=6BJAvaAMeho

なんであんなに多くの映画にプロビデンスの目が出てくるんでしょうか?日本の映画やアニメにもあるんですけどね。それに何で一ドル紙幣にまであのマークがあって、しかもフリーメーソンの名が入っているんでしょう?それでもただの親睦団体?

私だって最初はフリーメーソンなんて馬鹿馬鹿しいと思っていましたよ。でも、調べずに切り捨てたりはしませんでした。私の切っ掛けはなんと言っても911です。どうしても納得できない。どうして飛行機が突っ込んで居ないビルが崩れたんでしょう?どうしてペンタゴンに乗客の遺体が転がってなかったんでしょう?・・・私はその疑問を追及しただけです。

【「アトランティス」とか「ムー」はやはりSFなんかで語られるものであろうし】
これについても私も同感ですけどね。

です。



まずは・・・
>検証して頂きたい証拠の動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=6BJAvaAMeho

はい、四回ほど見てみました。

イルミナティによる「情報操作」「情報工作」が、行われているようですね。

そのことは、認めたいと思います。

ただ、「フリーメーソンが911の首謀」だと考えるには、実証に乏しいと思います。

そう考えるのは、やはり当方が「ボンクラ」だからでしょうか?

「911」「ツインタワー」は、過去の映像を片っ端方探せば、こじつけられるように思います。

確証はありませんが「1111」だったら、もっとたくさん見つかるんじゃないかなあ?

なんて思ったりもします。

青山繁晴さんも、「陰謀説はとらない」なんて言ってますしね↓

http://www.youtube.com/watch?v=LSNtv1QgHPs
http://www.youtube.com/watch?v=fwj2Z7ff0jI

陰謀説の人は・・・疑問は呈しますが・・・

「いつ、どこで、だれが、何をした」については、ほとんど語られてないようです。

それともかなりの実証はあるのでしょうか?

それを示していただければ、当方単純ですから、すぐに信じますけど・・・

余談になるんですが・・・Keiのheart様が信じる信じないは別として・・・

当方は霊の世界を信じてます、霊を前提とすれば「予言のトリック」なんかを説明出来るものもあります。

たとえば、ある予言者が「○○月○○日に○○がある」なんて予言したとします。

当日、「悪霊が、取り憑きやすい実行犯(誰でもいい)に憑依し、予言を実行」する。

「悪霊による、自作自演」で「予言的中」となるわけです。

本当に余談でしたね、すみません。


「情報操作」「情報工作」についての危険性については、当方もKeiのheart様と似たような訴えをしております。

「既に、進化した戦争である第四次世界大戦が始まっていて、日本はかなり不利な状況」との認識で。

「熱戦冷戦そして柔戦」としてシリーズ化してます。

論拠は、藤井厳喜さんの「NHK捏造事件と無制限戦争の時代」、青木直人さんの「ニューズレター・チャイナ」やライブトーク、渡部昇一さんの一連の発言等です。

当方、お客様も少なく、あまり相手にされてませんけど・・・

中国についてはかなりの実証もありますので・・・


「フリーメーソンよりは中国のほうがずっとヤバイ」と考えます。


そういえばモーツァルトの「フリーメーソンのための音楽集」なんてのもありますね。

相当昔から組織はあったようですが、世界は「世界政府」とは逆の方向に進んでるように感じます。

ですが、「誰かによって情報工作が常に行われている」ことは、訴え続ける必要がありますね。

Keiのheart様のコメントからも、そのことが十分わかりました。



最後に・・・

人様のブログのコメント欄に「ある人とキャラがかぶる」と書き込みました。

「Keiのheart様申し訳ありませんでした」そして「二度とこのような発言はいたしません」。


人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

ずっと言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

当方、子供のころから死後の世界、心霊、予言、宇宙人、UFO、超古代文明、フリーメーソンといったものに興味があり、その手の雑誌とか単行本とかをよく読んでおりました。

今でも、死後の世界、心霊、宇宙人、UFOなんかは、信じてます。

「中川昭一さんは、まだ成仏してないだろうなあ」なんてことも思ってます。

ああ、当方には全く霊能なんかありませんけどね。

信じて無いのは・・・「アトランティス」とか「ムー」はやはりSFなんかで語られるものであろうし

フリーメーソンなんていう白人中心の組織は・・・

あることはありますが、「そんな大それたモンでは無い」と考えるのが正常なる判断でしょう。


ネットの世界では、「factに基づかない陰謀論」等がまことしやかに語られる・・・

仲間内で盛り上がるのは、それはそれで結構な事だとは思います。

しかし、ある程度影響力のある方がこれをやるのは、正直好ましくない!!!

「factから論理的に導かれた結論」ではありませんからね。

ネットに限らず「factから論理的に導かれた結論」でなく、通称「電波」というのを飛ばしまくる・・・

「自称ジャーナリスト」も多いですね。

ウラをとる必要が無く、「楽」ですからね・・・


「factに基づかない陰謀論」・・実は・・この手の情報には・・大変危険な要素が含まれているんです。

こういうのを信じてしまう人は・・・「本当に真面目な人」がとても多いんです。

「本当に真面目な人」ほど、本気で思い込むんです。

「オウム真理教」や「幸福の科学」・・・入信してるのは、「本当に真面目な人」ですよ。

ですから「この手の情報」を発信するには、細心の注意が必要なんです。


で、「本当に先が見えない世界」となってしまった今・・・

「本当に必要なもの」は・・・

「fact」であり、「factの正確な分析」です。

プロでなくても・・・発信する以上は・・・

少なくとも、それに近づこうとする姿勢は、とる必要があると当方は考えます。

ですから論拠の乏しい情報を・・・信じる必要はありません。

信じるにしても「fact」を示した後で十分です。

「fact」を示せる情報だけを、頼りにしましょう!!!


なんてことを、青木直人さんがライブトークで言ってましたよwww



人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

ずっと言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

「殴り書き44」

少し講釈をたれさせてくださいwww

数学を道具として、自然界を解き明かそうというのが「自然科学」。

「自然科学」を道具にして、何かを作りだそうとするのが「工学」。

「工学」を道具として、さまざまな製品が作られます。

そして、いろんな製品は、人間に「○○するための道具」として利用されます。

つまり、学問であれ物であれ、多くを「道具」としてとらえることが出来ます。

道具には・・・性能、向き不向き、限界があります。

「ブルーレイディスクを再生するにはブルーレイ対応の機器が必要」ってな具合に・・・

また使い手は、道具そのものを「しっかりと把握」したうえで、慎重に利用しなければなりません。

「使い方を誤ると大惨事になることもしばしば」ですからね。

前置きと仕込みはこれくらいにしておきますwww


三橋貴明様がよく示される「バランスシート」なんですがね・・・

彼が使用している物は「企業のある一面を測る道具」でしかありません。

所詮「企業向けの道具」なんです。

ところが彼は、「企業向けの道具」を用いて「国を測ろうとした」んです。


先ほど仕込んでたのを、ここで取り出しますwww少し苦しいから小声で・・・www

「普通のDVDプレーヤーでブルーレイディスクを再生しようとする」ようなことだと思いますよ。

(ほーらやっぱり苦しいwwww)


国を測るには、彼が普段用いている道具よりも・・・

「もっと高性能な道具」でないと無理なんです(スマソ、エロい人どなたか提示してもらえませんか?www)。

「道具の性能が低い」からこそ「国債は国民の財産」なんていう結論が出るんです。

そのことが「どれくらい変か?」というのを「前回のエントリーのたとえ話」で示したつもりです。


そしてさらに・・・これも上で仕込んでおきました・・・

「道具は使い方を誤ると大惨事になる」んです。

日々「国債は国民の財産」という考えが「拡散」され続けています。

この方々、「国債ガンガン刷りまくりで日本沈没」なんて心配、全くしていないようなんです。

物事は常に・・・「うまくいかなかった時のこと」を考えていないとダメなはずなんですが・・・


最後に・・・「国債は国民の財産」この前提が間違いなら・・・今まで彼の発言の多くが・・・

「机上の空論」ではなく「机上の愚論」でしかなくなりますね。

それをまあ・・・「長い期間大量に」流しつづけております。 


人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

ずっと言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事