内需大回転

人間皆井の中の蛙、人間万事塞翁が馬、柔らかい戦争の真っ只中

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

間違い探し

「殴り書き43」

ご無沙汰でしたwww



これは「J株式会社社長」(以降J社長)と「中小企業診断士、黒字仏」氏(以降診断士)のやりとりです。


(J社長)うちも少し苦しいんで、社債を発行しようと思うんじゃが・・・

(診断士)よろしいんじゃないですか、社長の所は、すばらしい技術がございますから・・・

(J社長)そうかー、では早速

【後日】

(診断士)社長、社債のほう、どうでしたか?

(J社長)よかった、全部売れたよ(笑)、しかも95%は、「J株式会社社員」が買ってくれて・・・

(診断士)それは、すごい!!!

(J社長)わし、会計のことは詳しく無いんじゃが、社債はバランスシートの負債のほうに記載するんじゃったのう

(診断士)そうですけど・・・「J株式会社社員」が買った額は、バランスシートの資産のほうにも記載して下さい

(J社長)「わはは」わしがシロートじゃ思うて・・・バカにしよって・・・

(診断士)そ、そんなことはありません、資産のほうにも記載して下さい

(J社長)大丈夫か?

(診断士)大丈夫です、社長、「社債は社員の資産」なんですよ
     私は高名な中小企業診断士の「黒字仏」です、間違いありません!!!

【後日】

(J社長)君の言った通りにやっといたよ

(診断士)そうですか・・・では今度は、社員全員の預貯金の額も、バランスシートの資産のほうに記載して下さい

(J社長)冗談じゃろう、今度こそ、ワシをからかっとるのう(笑)

(診断士)いいえ、「至って真剣」です、自己申告の額でいいですから・・・

(J社長)わかった、騙されたと思ってやってみよう

(診断士)騙す気なんかサラサラございません、私を誰とお思いですか?
     私は高名な中小企業診断士の「黒字仏」です、間違いありません!!!

【後日】

(J社長)また、君の言った通りにやっといたよ

(診断士)では、「社員全員の預貯金の額」だけ、また社債を発行しましょう

(J社長)今度こそ、冗談じゃなーーーー!!!

(診断士)冗談なんかじゃありません、私を誰とお思いですか?
     私は高名な中小企業診断士の「黒字仏」です、間違いありません!!!

(J社長)本当に大丈夫じゃな?

(診断士)大丈夫です、私を誰とお思いですか(しつこい)?
     ガンガン発行しても、また「J株式会社社員」がほとんどを買ってくれます
     「J株式会社社員の資産」もドンドン増えるんですよ
     結構なことじゃないですか・・・笑いが止まらなくなります・・・

【後日】

(J社長)「黒字仏」君、キミー、大変なことになったぞ!!!(怒)

(診断士)どうしたんですか?

(J社長)「『J株式会社社員』がもう買わん!!!」言うとるぞ、話が違うやんけー(怒)

(診断士)そんなこと、在るわけありません
     私は高名な中小企業診断士の「黒字仏」です、私に間違いありません!!!

(J社長)しかもじゃなー「今持ってるのも全部売って、もっと利率の良いヤツ買う」言うとるぞー(怒)

(診断士)私は高名な中小企業診断士の「黒字仏」です、私に間違いありません!!!
     今日はこの後、「人と会う約束」がありますので・・・これにて失礼させていただきます

「黒字仏」氏は・・・(スゴスゴ)と退散しました・・・


どこかで何か・・・似たような話を聞いたことある人、いませんか?www

当方「日本国を会社に置き換えると、こんなたとえ話になるんじゃないのー?」なんて思ってたりして・・・


まあ、ここに書いてあることは、ほとんど「間違い」のハズなんです。

ですがね・・・

「書いてる本人が・・・どこがどう間違ってるのか・・・サッパリわからん」のですwww

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

ずっと言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

イメージ 1

鉄を扱う危険な作業なのに、こんな格好で・・・



【サバイバルから共存共栄へ2】

ベルリンの壁が壊され・・・ソ連が崩壊したことによって・・・

戦争が無くなった訳ではありませんが、世界に平和な地域が増えました。

「危険な所」では産業は育ちません。

「安全が確保」されて始めて、経済活動が活発になります。

そうなると世界は新たな方向へ・・・

当方もつたない頭で、将来について予想をたてました。

まあ、誰もが思いつくような物ですけどねwww

1.朝日新聞を中心とした偏向マスコミも、正論を唱え始めるのではないか?

  論拠の本家本元が崩壊しましたからね、矯正されるものと思いましたよ

2.大戦の心配が無くなった代わりに、「熾烈な経済戦争」が始まるのではないか?

3.2の「熾烈な経済戦争」においても、日本経済は強いから「繁栄がずっと続く」

そのように思ってましたが、2は、当たってるとは思いますが、それだけでは無かったようです。

他は「見事に外れ」です。

2についてですけど・・・

「熾烈な経済戦争」以外にも、「熾烈な情報戦争」が始まりました。

知らないにとっては、「信じられないような工作合戦」も行われております。

それらにつきましては「熱戦冷戦そして柔戦シリーズ」にて記事にしてまいりました。


今回はそれ以外にも「冷戦終結後(実はシナがあるから冷戦終結とは言えないんですが)」について・・・

こんな風に考えることが出来るのではないか?

そんなことを書いていきます。


第二次世界大戦前「白人国家による植民地支配」が当然の如く行われておりました。

それに「一人気を吐いた」のが、「我が国日本」。

ここでは、「白人国家」のやったことと「日本」がやったことには、明白な違いがあります。

「白人国家の植民地支配」は略奪のためだけに行われました。

しかし、日本は・・・略奪の面は否定できないにしろ、現地のインフラ整備や教育なども行っております。

「日本からの持ち出し」も多かったのです。

そして行く行くは独立、その後は対等の付き合いを目指してました。

まあ、「差別意識等は多少あった」ことは、否定できないでしょうけど・・・


そして今、発展途上国に対して、「経済植民地支配」とも言えるようなことが行われているのではないか?

そしてその支配は、「昔日本がやった」方のではなく、「白人型」の方に思えます。


元来、為替レートを含め、「先進国との途上国の経済格差、賃金格差」は・・・

途上国が経済発展していく上での「先進国に対するアドバンテージ」となるハズです。

日本も、そのアドバンテージを生かしきり、戦後復興を成し遂げました。

そして今は世界不況、こんな時こそ本当は、途上国にとって「大チャンス」なはずですが・・・


しかし、今行われていること・・・中国では、平然と「奴隷労働」が行われてます。

この「奴隷労働者」は経済発展を遂げた今でも、あまり報われることは、ありません。

たいして豊かには、なれません、「中産階級」にはなれないのです。

こうして「先進国」と「中国共産党」による「労働力の搾取」が続いてます。

ところがですよ・・・

「中国奴隷の賃金よりももっと安い奴隷労働があります」

それは、「バングラデシュ」。

「ガイヤの夜明」でやってました↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview091201.html

問題にしたいのは、HPの下のほうの記載です。

【世界中から集まる巨大船舶…その解体現場に潜入】
リサイクルされる鉄の中でも“鉄の塊”とも言える大型船舶は、役目を終えてどこに行くのか?その終着点はバングラデシュの第2の都市、チッタゴンにあった。
海岸には、何十隻もの巨大な船が浅瀬に乗り上げていた。よく見ると、そこにたくさんの人が群がって作業している。彼らは、世界中から集まってきた巨大廃船を手で解体していた。ここはまさに船の墓場――。
海外メディアの立ち入りが規制されている現場に、ガイアのカメラが入った。実は、そこで解体されている大型船舶は、かつて日本が造ったものが少なくない。船には純度の高い鉄が使われており、廃船はそれこそ“宝の山”。だが、労働者の賃金は1日わずか200円程度で、安全が考慮されていない危険な作業だ。解体作業によって垂れ流される残油と汚泥は、人体を蝕み、海洋に与える影響も懸念されている。それでも家族を養うため働く人たち。この船舶解体で5万人が働いているという。
彼らが解体した「くず鉄」はどこへ行くのか…。行き着いた場所は首都ダッカ。ダッカではここ数年建設ラッシュが続いており、解体された船は鉄鋼に生まれ変わって建設資材として再利用されていたのだ。世界を駆けるくず鉄…その光と影をバングラデシュで追った。


「劣悪な労働環境」そのものです、いえそう言う言い方さえはばかられる程、ムゴイ。

写真も載っけましたが、作業着、ヘルメット、安全靴、手袋等の当然と思われるようなのも、着用してません。

「鉄を扱っているのに」です。

番組内で作業員がインタビューに応じて・・・

「先日事故で何人かが死んだ」。

そして「汚水の垂れ流し」

現場責任者の・・・

「環境なんかを考えてたら、利益が出ない」

はさらに、深刻です。

日本では聞かれなくなった「公害」へ・・・

このままでは・・・環境汚染は、ずっと続くんです。

そしてこんなとこなのに、国中から仕事を求めてやって来る人が絶えない・・・

余談ですが「中国マンセー」を繰り返し、「中国の闇の部分」には一切触れない「日経」

バングラデシュだと、こんなホントのこと、報道するんですね。

「日経」さん、中国でも似たようなことが、行われてますよ。

昔は「ガイヤの夜明」は元気の出る番組だったんですがねえ・・・

最近は、暗くなる話題ばっかりだ。

「ガイヤの夜明」では、この鉄は国内で消費されると伝えました。

だからといって「バングラデシュの国内問題」だと言って片づけるわけにはいきません。

ここの、賃金水準は中国の数分の1以下です・・ですから・・「衣料品メーカーU」が・・・

「中国奴隷の賃金も高くなったので、さらなる安い奴隷労働を求めて・・・」

ここに進出してきました。

今ここの「奴隷労働」を、世界中が狙ってます。


「白人国家がやってきたような植民地支配」的な現在の「経済植民地支配」・・・

これをやっているのは、「国」ではなく「企業」です。

そして・・・何度も言いますが、決して許されるものではありません。

しかし・・・実は・・・その上にもっと「マヌケ」なこと、やってたんです。

昔の植民地支配は、「本国の経済を発展させる物」を持って帰ってたわけでしょ?

しかし今の植民地支配は・・・



「奴隷労働によって『本国の産業と競合する物』を作る!!!」



なんです。



「植民地支配によって自国経済を潰す!!!」


本末転倒「やはり経済は三流」だ。


いけないことですけど「国がやってたらもっとマシなことやった」と思います。

いけないことですけど「労働力搾取」するならするで「本国に無い物」を作るべきだったんです。

「ではそれは何か?」なんて当方に聞かれても、答えられるわけ、ありませんけど・・・


そして我が日本では、相変わらずの「安けりゃいい病」です。

「奴隷労働が高くなって、さらなる安い奴隷労働を求める」ようなやり方を続けるなら・・・

日本の「企業のサバイバル化」がさらに加速します、そしてそれの行き着く先は・・・

「日本経済の破滅」です。

「安けりゃいい病」はもしかして「奴隷労働を強いられてる人の呪い?」なんてことも考えます。

安さを求めた悪人「日本人の自滅」ですからね。


このように「安さを求め過ぎると・・・」

世界中に「不幸な人々」がさらに増え、「環境悪化」が深刻化するんです。

「安さも求めすぎると、発展途上国の環境も悪化する」

このことを、十分「肝に銘じておく必要」があります。


今「フェアトレード」って言うのを、推進していこうとする人たちがいますね。

当方、「その商品が欲しい」などとは、今はまだ思ってません。

そして頭から「フェアトレードマーク」を信じて良いのかどうかは、解ってません。

なぜなら、この方々の行動内容がどういうものかは、良くは存じませんので・・・

さらには、バングラデシュ等にどう適用すれば良いかも、解りません。

まあ、読者の皆様で「フェアトレード」の実態について良くご存じの方から、コメントいただければ幸いです。


それらを差し置いても、「理念については広く一般に周知させる」ことも重要かと。

そして「フェアトレード」の概念は、「国内の取引」にも当てはめる必要がありそうです。

「国産品を適正価格で」というのと平行して「フェアトレード」に関しても、啓蒙活動が急がれます。



人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

ずっと言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

毎日がバーゲンセール

【サバイバルから共存共栄へ1】

「毎日がバーゲンセールだったとしたら・・・?」

買う方は、うれしいかも知れませんが、売る方は、たまったものではありません。

儲け度外視で、売りますからね。

そのうち「お店は潰れます!!!」

しかし現状「すでに日本はその状態」と言えます。

いえ、世界中でそうなってるでしょう。

でも、この際よその国のことは置いといて・・・

日本のことから、話を始めます。

「薄利多売」でないとやっていけませんから、事態は深刻です。

小さなお店は壊滅状態。

「シャッター商店街」が日々増えてますね。

そして「大きな店さえも・・・」


さて「毎日がバーゲンセール状態」であることについて・・・

本当に深刻なのは・・・

「世間が『毎日がバーゲンセール状態』であることに気づいて無い!!!」

ってことです。

消費者は安いのを当然の如く受け止め、さらに安い物を求める・・・

そしてそのことが・・さも「美徳」であるかのように取り扱う「マスメディア」。

テレビでは毎日のように「激安絶賛番組」を流してます。

制作サイドも、「ギャラとか自分らの給料がどこから出てるのか」を考えれば・・・

「恐ろしくてそんな番組作れないはず」なんですけどね。


経済の現状はやはり「サバイバル」です。

「サバイバル」ってことは、次から次に、落伍者が出るってことです。

この落伍者は、新たな消費活動にはほとんど参加出来ません。

ですから、「サバイバル」よりも厳しい状態・・・

「たこが自分の足を食べてる」ようなことなのかもしれません。

そしてこれは、「すでに日本は、かなりヤバイところまで来てるのではないか?」

などと、危惧しております。


はっきり言って「国内共存共栄優先」という名の「八百長みたいなこと」をやらないと・・・

「景気回復はあり得ない!!!」

この観点からこの先「サバイバルから共存共栄へ」と題して記事をいくつか書いてみたいと思ってます。

次は「グローバル化」のことなんかを、書いてみようと思ってます。


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

「民主党への苦情」の窓口に「国民新党」がなるらしいです。

防人の道 今日の自衛隊 −平成22年1月11日号
ゲスト:片桐勇治(国民新党広報部長)
http://www.youtube.com/watch?v=GWJF11OPWTY

まあ、あまり期待して無かった「静香ちゃんとこ」ですけど・・・

なんか、やる気になってるようです。

コメントにもあるように、正直「額面通りには・・・」とは、思ってます。

しかし「ウチをチャンネルとして使っていただきたい」

こう広報部長は言っておられる。

そんなこと言ったら「パンクしちゃうんじゃない?」

心配してますwww

しかし、この際「小さなことは、置いといて」・・・

「外国人参政権」の件は、大いに期待してます。

「がんばっていただきたい!!!」

「阻止することが出来たなら・・・」

支持するかどうかは・・・その後の政策を見て、判断しますwww


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

今話題の石川知裕などという「虫けら」によって、落選の苦渋をなめた中川昭一さん。

その後一月あまりでこの世を去られました・・さぞかし無念だったでしょう。

霊となり今の自民党を見ておられると思いますが・・・・

現自民党の体たらくぶりを、心底嘆かれてることでしょう。

絶対に成仏なんかしてません!!!

「敵失に次ぐ敵失」をただじっと何もせず、「指をくわえて見てるだけ」との感。

「辞任要求」の大合唱くらいしたら?

積極的に「街頭に飛び出して」民主党のデタラメぶりを訴えたら?

あの民主党でさえやっていた「ネクストキャビネット」くらいやったら?

民主党議員も働きませんが、自民党議員も仕事をしませんねー。

困ったもんです。


ですが・・・政治家の行動には、必ず意図があります。

自民党の煮え切らない態度にも、ちゃんとした意図があるんじゃないの?

今回は、このような内容を記事にします。


そもそも改選前の自民の構成を見ますと・・・

「リベラルサヨク20%保守15%残り65%が日和見」

これは「チャンネル桜の論客」の方々の判断です。

そしてこの前の選挙で・・・

中川さんを筆頭として、保守の中では、一際愛国だった人たちが、軒並み落選。

残ったのが、左側のカトーとかコーノとかシューチョクなんぞの気持の悪い連中・・・

落選して欲しかったヤツほど、当選してしまいました(後で出るヤマタクは落ちましたが)。

そして自民のリベラルサヨクは、例外なく媚中派で親北朝鮮で売国的。

現総裁の谷垣も媚中派。

「とってつけたような靖国参拝」は保守の失笑を買いました。

仮に「こんな自民党に政権交代」しても・・・

民主党と大差ありません。

当方、少なくとも今、国政においては、「自民党」には、何も期待しておりません。

それに比べ「地方議員」には元気な人がたくさんおられます。

自民の地方議員には、期待しております。

また民主の地方議員にも、「トロイの木馬」として機能することを、少しだけ期待しております。


小沢政権の元で「日朝国交正常化と引き替えに特定失踪者を数人返すのではないか?」

こんなことが、まことしやかにささやかれてます。

目新しさを演出するために、「拉致被害者」ではなく「特定失踪者」を・・・

これにより、世論の人気取りと、新たな北朝鮮利権を生み出そうとしている。

小沢政権なら、十二分にあり得ることです。


「カトー、ヤマタク、ノナカヒロム」の不穏な動きが、「ニューズレター・チャイナの動画」で伝えられました。

中朝国境付近の「豆満江開発」日中北三国による開発計画が、小沢政権の元で進められようとしている。

これには、兆単位のお金が動きます。

これは、麻生政権では難しかったことでも、小沢政権になり、以前よりも道が開けた。

それらのおこぼれに預かろうと「カトー、ヤマタク、ノナカヒロム」なんかが画策しているらしいのです。

今は議員で無い者も含め、自民党系のやつらが動いてる・・・

「売国乞食」とでも呼んだら良いのでしょうか?

ですから今「小沢国家主席」に楯突くことは「得策ではない」とでも、思ってるんでしょうね。

「小沢国家主席」は、自身のさらなる権力の地固めのため、大連立も常に視野に入れてます。

「自民の左連中」と手を組むのは、かなり簡単な事のように思えます。

「その時こそ出番」とばかり、「売国乞食」が幅を利かすかも知れません。


「自民弱腰の理由」には、このような一面もあると、当方は考えます。



「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事