内需大回転

人間皆井の中の蛙、人間万事塞翁が馬、柔らかい戦争の真っ只中

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

http://blogs.yahoo.co.jp/cajurorec/23697625.html
↑前回からの続きです。

前回は近年において、アメリカのやった悪事について書きましたが

今回は、元来どういう歴史を持った国かを、述べてみます。

参考資料は、高山正之さんの本からです。




イギリスの「ならず者」が、海を渡ってアメリカ大陸に上陸。

やつらは、そこをインドだと思っていたので・・・

「ネイティブアメリカン」を「インディアン」と呼んだ。



そんなやつらの中に、命からがら上陸し、インディアンは助けられた連中がいました。

それが「メイフラワー号」であり、そのお礼のお祭りが「感謝祭」の起源。

しかしやがてやつらは、そんな恩も忘れて、インディアンを虐殺し略奪を始める。

神をも恐れぬ、最低の行為。

「インディアン」様が不憫でなりません。


そのことはもちろんのこと「メイフラワー号」が着いたときには・・・その一年前すでに・・・

アメリカでは、中世以降途絶えてた「奴隷市場」が復活しておりました。

さらには・・・イギリスからアメリカへ渡ったのは、ほとんどが男。

そのためイギリスから、白人女性の奴隷さえも輸入されております。

万引き程度の微罪で捕まえたものまでも強引に投獄、そのまま船に積み込みアメリカへ・・・

140人もの白人女性までも、「奴隷市場」へ売りに出されました。

白人女奴隷が行き渡ると、今度は、黒人男性奴隷の取引が盛んに・・・

「力仕事要員、動力」として酷使されました。

年取って、体力の無くなった奴隷は・・・処刑・・・使い捨てです。

それから、女性黒人奴隷も輸入されました。

「動力男性奴隷」のみを輸入するより、自国で繁殖させるほうが、低コストとの判断からです。

「力仕事要員、動力」の自家生産。

そのうち体力のみでない仕事も増えてくると、「人間動力」があまり必要でなくなる。

奴隷があまり必要で無くなった(それでたくさんの奴隷が餓死したようです)。

だからこそ、リンカーンも、奴隷解放なんて言うことが出来た。

タダそれだけのことです。


話はもどりますが、インディアンは、見つけ次第皆殺しにされました「なぜか?」

彼らは、勇敢でプライドが高く、白人のためには働かずむしろ死ぬ。

仲間が捕まれば義理堅く、必ず助けに行く。

奴隷には適さない人種だったのです。

白人の奴隷にならなかったのは、インディアンと日本人だけです。


またこんな話もありますよ

「600人超での小沢訪中」・・・日本中で非難囂々です。

本当に「愚かな連中」です。

しかしちょっと前には「もっと愚かな連中」がいました。

それは「小沢訪中」を「はるかに凌ぐ規模」で行われた「クリントン訪中」

「大統領一向は総数1200人。史上最大の規模であり
世界的なビッグビジネスのトップは全て顔をそろえていた
歴代の大統領が外国に滞在した日数としても最長の9日間」
http://aoki.trycomp.com/2009/02/10.html

なぜか「小沢訪中」を非難しなかった感のあるアメリカ。

人のことを、とやかく言えるわけ、ありませんね。

こんな国です、アメリカは。


で、ここからが本当に前回の続きになります。

「経済テロリスト」と化したアメリカ・オバマがやったこと・・・

「オバマ就任時にはすでに、アメリカは返す当てのない財政赤字」でした。

ですが「史上最大の経済危機」に対してオバマがやったこととは・・・「なんと」・・・

「政府が金を出して『金融テロリスト』を救済した!!!」のです。

「被害を被った一般市民は助けず禿を助けた」です。

「諸悪の根源であるウォールストリートは以前の活気を取り戻しました!!!」

しかしこれは「偽りの上に偽りを重ねた結果」であることは、言うまでもありませんね。


「偽善と人種差別の国アメリカ」ですが、それよりも重要な物があります。

「お金」です。

アメリカは「ひどい国」ですが、「その何倍もひどい国中国」と手を組みました。

「差別している黄色人種」とです。

ちょっと前までは、曲がりなりにも「人権」を唱えて、中国を非難してました。

しかしもう「チベット、ウイグルは国内問題」と言ってのけます。

「民主主義国の仮面」さえ、お金の前で、脱ぎ捨てました。


「ドルだけでなく、アメリカそのものを、世界が信用してません」


今「米中は一心同体」です。

「切っても絶対切れない仲」となりました。

その「愚かで決してやってはいけなかったバブル」が間もなく「大破裂」します。

「巨額な財政赤字の垂れ流しは、そろそろ限界」だからです。

「米中G2」は、「更なる金融テロリスト」となって世界に襲いかかるハズです。

前回危ないと言った、「欧州崩壊」も多分同時期となるでしょう。

理由は、欧米中のうち、どこから崩壊が始まろうが、連鎖は瞬時だということです。

世界が、一瞬にして沈みます。

「日本だけが無傷」なんてことは、絶対にありません。

「心の準備」は出来てますか?


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

「100年に一度の金融危機」

私は、この言葉をかねてから疑問に思ってました。

「そんな生やさしいものじゃ無いんじゃない?」なんて

今回は、そのあたりを私なりの観点から、述べてみたいと思います、お付き合い下さい。

では何なの?と言われると「史上最大の経済危機」だと思っております。

あっ、これ「現在の金融危機」の事を指してます。

決して、「この先起こり得るであろうこと」の話ではありません、念のため。

今の金融危機は「アメリカ発世界金融危機」と言われます。

そうその「アメリカ」ですけど、やはり「ひどい国」だと言わざるを得ません。

時代は前後する部分もありますが、アメリカが近年にやったひどいことを並べてみます。

まずは「アジア通貨危機」

タイの経済が潰れたり、韓国がIMFの世話になったり、その他にもインドネシアも・・・

この記事をご覧の皆様は別として、一般にはあまり知られていないことですね。

マスメディアが報道してませんから・・・

一言で言うなら・・・

「アメリカのヘッジファンド(以降・禿)が金持ちから集めたお金で、

ただ金儲けだけのために、東アジア、東南アジアの経済を滅茶苦茶にした」

です。

その「儲けた一握りの金持ち」というのは、もの凄い金持ちですよ。

そうでなければ、小国とはいえ国ですから・・・小金では土台無理な話。

もう「金儲けなんかしなくてもゼンゼン問題ない」ような連中ばかり・・・

そんなやつらの・・・「言わば趣味で」・・・

「一国の経済、いや何カ国かの経済を潰したんですよ!!!」

こんなこと「許されていいんですか?」

日本では、この論調は、あまり聞いたことがありません。

評論家には、アメリカ新自由主義の信望者が多かったですからね。

「アジア通貨危機」の際一番儲けたであろう「ジョージソロス」なんて禿は・・・

「儲けた金でボランティア」なんてやるんですから・・・

この「偽善者」ぶりには、心底あきれ果てます。

「日本人には到底出来ない行為」です。

なんて思っていたんですが、いましたね「ムラカミ」とか「ホリエ」とかwww


次とりあげるのは「イラク戦争」

これも、「金儲けのため戦争をしたくてしたくて仕方の無い連中」の仕業です。

「自分のかわいい部下が死ぬところを見るのは耐えられない」

これが軍人の本音であり、この戦争には反対してました。

湾岸戦争なら、「大義名分」はありましたが・・・

こちらには、ありませんでした。

このあたりは「戦争詐欺師(菅原出さん)」の著書に詳しく書いてあります。


「原油価格高騰」

これは全てアメリカが悪いわけではありませんが・・・

「経済の血液である石油」をあんな風に金遊びの道具に使うなんて・・・

しかし「これに耐えた日本はたいしたもの」であることは事実ですけどね、耐えただけとの印象。


「郵政民営化」もそうですね

「年次改革要望書」なる無理難題を日本に突きつけ、日本から金を取ろうとする・・・

「郵貯簡保のお金350兆円をむしり取る」皮算用だったんですね。

最近やっと、この考えも一般的になりつつあります。

でも今は「小沢共産党国家主席」の手に・・・あーあ


そして「サブプライムローン問題」・・・

どんどん悪質化していく「アメリカの金融」ですが・・・

それには最初「手本となるもの」がありました。

80年代後半に我が国日本で起こった「バブル」です。

このバブルは、ほとんど日本国内で起こったものであり、自然発生的なものなんですが・・・

それでも「アメリカのいろいろなもの」を次々と買っていきました。

アメリカは、指をくわえて見てるだけ・・・

ではありませんでした「へー・・・ああやればいいんだ!!!」

上村シーラ千賀子さんはこのように解説しておりました。

この話は、とっても面白かったので、載せました。

その先からは「アメリカは人工的にバブルを起こそうとする不届きな国家」となりました。

「ITバブル」までは、まだまともな手法が用いられたとの印象。

しかし、「サブプライムローン問題」は、「リスクを金に変える」行為。

なに?「金融工学」だ?バカにすんなよ!!!

法律的にはOKでも、詐欺イカサマ以外の何者でもありません。

犯罪的行為ですよ。

ついに、一線を越えてしまいました。

もうこの時点で「アメリカの繁栄は二度と来ない」という選択でした。

そして「リーマンショック」

「アメリカは詐欺側」です、被害は少ない、それでもトンデモないことになりました。

この被害を大量に被ったのが「ヨーロッパ」

このことは「HRS」様がずっと前から指摘されております「ヨーロッパが危ない」と



今の金融危機はアメリカの「犯罪的行為」によってもたらされました。

このような「超大規模な犯罪的行為」によっての金融危機は今までありませんでした。

修復に以前の常識なんか通用しません。

「100年に一度の金融危機」という言葉は適当ではありません。

「100年に一度」とか「危機」なんて言葉を使うから、「危機感が足りない」との認識。

これは、「世界の王アメリカが行った犯罪的行為」です。


「金融テロ!!」です。


「アメリカ発世界金融テロ」です。

「テロとの戦い」などと言っておきながら、経済の世界においては・・・

「正真正銘のテロリスト」です、アメリカは・・・

ですから「100年に一度の金融危機」ではなく「史上最大の経済危機」です。

「史上最大の経済危機」の対処の仕方をみると・・・

「もっと恐ろしい話」となるのですが・・・

「もっと恐ろしい話」は次回ということにいたします。

次回もよろしくお願いいたします。


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

笑うな!!!

「殴り書き42」

@@@@誰の手柄になろうとも、心底からどうでもいいです。いや、冗談でなく@@@@

これ見て・・・私のお仲間で笑わなかった人は、一人もいません(キッパリ)。

ああ、ここの最後あたりの話だよ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/32331598.html

ワシは笑った後、感心したね。

「BOSSってギャグのセンスあったんだ」ってwwww

それとね、ブログタイトルの下、一言メッセージのところにね、こうあるよね

「作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです」

なんか意味通じなくね?まあこれはどうでもいいんだけどさあ・・・

えっ?、「作家だったんだ」・・・なんて思った人もいると思うよ。

なに書いたんだ?

それが確か「新世紀のビッグブラザーへ」だったんだよね。

いまは、無くなったけど、その話、昔はBOSSのブログで見れたんだよね。

「話の内容知ってる人はいますか?」ーーーーーーーーーーー「???」

ちなみにおいらは、数行読んで止めちゃったwww

以前見に行ったことのある人も、おいらと同じことしなかった?www

理由は・・・www

これ本になったから、もう見れないんだよね。

「やっぱ・・・リッパかどうかはしらないけど・・・作家だったんね」www

いえね、出版されてなければ、「自称作家」が適当だと思ってるモンでねwww


おいら、もうかなり前からずーっと・・・BOSSの記事は「斜めとばし読み」だったね。

上で書いた「数行読んで止めちゃった」ことと同じ理由だよ。

みなさん、BOSS記事おもしろいですか?(スマソ、ホントのこと書いちゃった)

「目が滑るーー」なんて言っておられたお仲間も・・・地方さんなんですけどねwww

でも「自称のつかない作家なんですよ」www

ちなみにおいらは、いくらつまんなくても、目が滑りにくいよう、行間を空けてますww

あっ、あの、コメ書き込んでる連中も、ほとんど読んでないねゼッタイ。

だから記事と関係ない話題を、平気で書き込めるんだよwww

「監視カメラを使って別室で成り行きを見守っている人たち」が一番読んでるはずwww

「異議なし」だよね「監視員の方々」www


でもね、おいら今日「メディアパトロールジャパン」ってヤツの正体知るため、軽く読んでみたよ

軽くでも、最近では一番まじめに読んだよwww

4つのエントリー使って色々と長々と書いてるけどさー

正体は、最後の方に、ポッチョンと出てるだけじゃん。

読んで損したかって?

今回だけは、笑わせてもらったんでOKだす。

>国内メディアという、日本社会が抱える唯一最大のボトルネックが解消されるのであれば
>途中経過がどうなろうと、誰の手柄になろうとも、心底からどうでもいいです。いや、冗談でなく

そんな「ものすごーいモン」なんですかねえ?

おいらには、「ものすごーいモン」とは、到底思えないんですが・・・

でも「BOSSがとんでもないモン」だと言うんだから「とんでもないモン」なんですよwww


今日はBOSS記事書かない予定だったんだけど書いちゃった。


ああ、「BOSSズラトン」ってことになってさあ・・・

「ズラトンするのは向こう」なのにさあ・・・

こんなこと書いてるとさあ・・・

こっちが「負け犬の遠吠え」してるような気になってるんだけど・・・

「気のせいニカ?」


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

肩すかしされた気分

「殴り書き41」

BOSSの「yahooトンズラ宣言」により、今日のエントリーは没。

「コメ放置説明責任」を、問う内容だったからね。

でもさ、彼がこれからやろうとしてること「分不相応」だと思うよ。

もうはっきりしたでしょう・・・

「集合知」なんていってたけどさあ

「単なる2ちゃんねらー」だっただけだって。

やってることみたら、品性が無いもんね。

今急に思い出したんだけどさあ・・・

「ドル崩壊」買ったときにさあ・・・

おいら、一番最初に何したと思う?

すでに「集合知」っていうの、しってたからさあ・・・

「筆者による集合知へ感謝の一文」

これを真っ先に探したよ

「ほんとだよ」

序文、後書きに無かった。

それから、読み始めたの。

本文にも無かったよ。

あれれ?

なんて、そのとき結構、違和感覚えたね。

その後、忘れちゃった・・・これがいけなかったかもね。

まあ、今となっては、どうでもいいけど。

そんな礼儀知らず、感謝知らずだから、コメ放置は当然だったんだね。


まあ普通だったら、この後どうなろうが、興味ないんだけどさあ

政治家になろうとしてるんだもんね

「そんなの絶対やだよ」



それにしても・・・

「yahooトンズラ」は、「敵前逃亡」の感がぬぐえないね。





「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

コメントがセメント

「殴り書き40」

世間は明日まで休みだね。

そして当方、今日と明日で「三橋様関連」は一端お休みします。



新年から、真剣に書き始めた理由・・・それは・・・

当方が知っている情報を重ね合わせただけでも・・・

「世界にリーマンショック以上の大激震が来る、それも結構間近に迫ってる」

こう考えざるを得ないんですよ。

それなのに・・・

「集合知」であるはずの「あの場所」・・・

「毎日毎日、『民主のタタキ』を酒の肴に大宴会!!!」

「はじまりは1,2,3−−−」これ以上はやめとこwww

これは以前記事にしましたが、「無知無能であるがゆえに」政権の座にいるんですよ。

「それをケチョンケチョンにけなして、盛り上がったって」・・・

「状況なんか、なーんも変わらん」でしょ。

こんな「目も当てられない光景」が繰り広げられておりましたからね。

これを見かねてか「黒海老チリ派の幹部の方々」が行動を起こす・・・

「末席」の当方も、なにかしないと・・・

でもね、いつまでも、関わる必要・・・いや価値なんか無いし・・・

極楽さんの所も最近は、「教祖様への説教部屋」のカテゴリーばかりで書いてますね。

そろそろ、元のスタイルに戻すんじゃないかなあ?

なんて勝手に思ってます(おまいが決めるなとか大きなお世話とかいわれるか?)。

当方は、また以前の位置にもどり、発信して行きたいと思います。



まあ、末席のおいらの影響力なんて、ほとんどありませんが「黒総帥はすごい!!!」

「さあかかってらっしゃい!」と言わんばかりに、「黒海老チリ総帥」なぎなた片手に、颯爽と登場。

当然の如く、襲いかかるであろう不届きもの達・・・最初は例のヤツ・・・

azusashiva(←こいついつも最初に殴りかかるから『海老チリさんのストーカー』かと思ったぜww)

殴った後、ウンコ投げつけ、塗りたくり、口や鼻にまで詰め込み・・・

さらには、名前の間にまでウンコをねじ込もうとする・・・

「総帥危うし・・・」


あれれ



なーんもないやん



「コメント」欄が「セメント」のように固まった(←このだじゃれ言いたかったのよww)。

いやホント、凍り付いてしまったね、板が「スケート場」になちゃった。

コメントが、滑る滑る・・・・・・ほどの書き込みも、なかったね。

「閑古鳥が鳴いてました」(←ちなみに鳴き声は「しーん」ですか?)

いやいや「閑古鳥が来てスケートやってましたね」


こんなこと書くのも、明日で一段落。

実は「もう正直どうでもいい」なんて気分になってきてます。

今日が最後かな?

(追記です)
すいません、極楽蜻蛉様は、とことんやる気のようです。



「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」
「民主党議員よ、自分が大事か民主党が大事か日本が大事か?」
「日本が大事でないヤツは辞めちまえ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事