内需大回転

人間皆井の中の蛙、人間万事塞翁が馬、柔らかい戦争の真っ只中

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

最悪の年の最後の日

「熱戦冷戦そして柔戦12」



今日は大晦日、今年ももうすぐ終わりです。

今年は当方の人生に中で「最悪の年」でした、いろんな意味で・・・

その中でも最大の理由が「小沢共産党一党独裁体制誕生」です。

普通、悪いことが重なった年などは・・・

「早く今年が終わってくれ、そして来年こそは良い年にしたい」などと思うものですが・・・

今年はそんな気には全くなれない!!!

理由は簡単です、「独裁政権統制下にあり、明るい未来が全く想像できない」つまり・・・

「今年は最悪でしたが、来年はもっと悪くなり最悪記録更新」だと思ってるからです。

「日米関係は戦後最悪」で「離米の分だけシナに接近」

これは最大の懸念材料。

そして今日本は「阿Q政権」ですから、本当に「世界から孤立」します。

これは、「六カ国協議」などで、サヨクが使う「孤立」とは訳が違います。

世界の誰がどう見たって「鳩山は頭がおかしい」

世界には「『信用してはいけない総理』とそれを選んだ『馬鹿国民』」と写っているはずです。

「真の孤立」「孤立無援」で、「世界中から軽蔑される日本」です。


ですが・・・それとは全く別に・・・世界は腹黒く、したたかで、汚い・・・


「基地外が総理の国」ですから、お金、技術等、摂られるものは、今まで以上に摂られますね。

「絞れるだけ絞りとろう」なんて世界中が狙ってますよ。


そして以前も記事にしましたが・・・米中両国が・・・結果的にそうなったというのも含め・・・

「政府のカネでバブルをやり、アメリカ発世界金融危機の穴埋めをしようとした」

「詐欺的バブルの崩壊を、また新たなバブルで凌ごうとした」んですから土台無理、愚策です。

しかも「詐欺的バブルを仕掛けた張本人たち『ウォール街』を救済し、『ウォール外』は放置」。

あっ、このフレーズ気に入った・・・(失礼しました)


今でもニューヨーク、上海で株が好調のようですね。

しかしもうこれは「半分がババのトランプで『ババ抜き』をやってるような状態」でしょう。

来年には・・・「すごいのが来ますよ」・・・「米中同盟同時経済危機」がドカンと来ますよ。

俗に言う「二番底」です。

これは、「米中の愚策」により「リーマンショック以上の衝撃」だと思ってます。

そんな覚悟、政治家も国民もしておりませんね、全くと言っていいほど・・・

その時・・・「世界は日本は?」



前の選挙結果は「保守の敗北、サヨクの勝利」とも言えます。

「認め難く耐え難い現実」目前にし「心が折れた」人が続出。

しかし同時に「あそこまでの自民党の敗北には、まだよく分かってない何かがあるはず」

「何かがおかしいぞ??」と不可解に思った方も大勢おられたと思います。

当方もそのうちの一人でした。

そして知ったのが、シナ軍人の言う「超限戦」藤井厳喜さんの言われる「無制限戦争」の存在。

「ソフトウェアが最大のキー」となる戦争。

ですから当方はそれを、勝手に「柔らかい戦争」と名付けました。

「今は柔らかい戦争の戦中であり、日本は劣勢」と結論。

「柔らかい戦争」では、国民の総力戦であり、情報戦心理戦に重点がおかれる・・・

上で書いた「心が折れた」状態は、戦士の戦闘能力の喪失を意味します。

現に私を含め「心が折れた」ために・・・「ブログ更新もままならない方」

当方がご贔屓にさせてもらっていたブログにて、正論を唱えておられた方でも・・・

「ブログ更新がままならない方」も増えております。

これも「敵の攻撃にやられた」状態だと思ってます。



しかし以前少しだけ記事にしましたが・・・それとは別に「ほのかな希望」も持ってます。

「敵の正体」そして「敵の作戦」もどんどん判明してきました。

だったら、「やりようがあるんじゃない?」なんて思い始めました。


ですから「あきらめるのは、まだ早すぎるぞ!!!」


いえ、妄想の域を出ない面もありますけど・・・

あれれ「出だしの方と逆のこと言ってるwww」まあ良いではありませんか・・・www

明日からは、このあたりを記事にしていきます。

元旦から「暗い話」をする気もありませんから。


皆様、本年はどうもありがとうどざいました、来年もよろしくお願いいたします。



「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

「熱戦冷戦そして柔戦11」



「日本の首相の靖国神社参拝が中止されたのはアメリカからの圧力!!!」

この事実を知ったのは「【ニューズレター・チャイナ】Vol.036 (2009-11-24)」によってです。

一月以上前なんですが、その時はブログを休んでいまして、記事にするがここまで伸びました。


「日本政府関係者」が明らかにした模様です。

白家の「日本と中国の相互のナショナリズムが高まり、衝突する事態への警戒感」から・・・


これでやっと、当方の頭の中が整理できましたよ。

「靖国神社を参拝するな!!!」って、ブッシュ政権時代から圧力をかけられていたんですね。

「福田康夫」は別として・・・

「安倍晋三さん」「麻生太郎さん」の不参拝はどうも・・・当方には「府に落ちなかった」。


「中国への配慮?」安倍さん麻生さんは考慮しませんよね。


「経済界からの強い要望?」昨日も述べましたが・・・

「靖国参拝は中国ビジネスの障害」だと「経団連」は考えてる「売国奴」。

ですから、その理由で一旦は当方、納得しました。

しかしやはり・・・「モヤモヤは残ってました」。

だって「8月15日靖国首相参拝は起死回生の一手だったかもしれない」んですよ。

「もしかしたら勝ってたかも知れない」んですよ

まあ、今ではそれは無かったとは思ってますが・・・

それに・・・たとえ負けたとしても・・・

「保守として立派に戦った」という実績は残ります。

「次の選挙につながる」ものでもありました。

当時首相が「そんなこと、分かってないはずがない!!!」はずですよね。


しかし、参拝しなかったのは「同盟国だと信じていたアメリカ」の意志だったんです。

「見送らざるを得なかった」

正直、アメリカは「卑怯」で「愚か」。


ここからは当方の推測ですが・・・

「安倍晋三さん」は「戦後レジームからの脱却」を唱えました。

そんなことされては・・・アメリカの嘘がバレてしまいます。

「日本が悪くなかった事が日本国民に知れ渡り、米国の悪事の数々も日本国民に知れ渡る」

余談ですが、高山正之さんが言われてました「マッカーサーも本当に悪いやつ」だって

「I shall return」と言いのこしてフィリピンを去る際・・・

フィリピン大統領を脅して「50万$振り込ませた」、嘘つきで詐欺師です。



まあ米中は、「守銭奴国家同士としての思惑」だけでなく・・・

靖国問題も「米中の利害が一致」してたんです。


ただこれまでは・・・

「米国のダブルスタンダード」による「ゴリ押し」もそれなりに、通すことも可能でした。

しかし今「ゼニカネ優先の米国ダブルスタンダードの矛盾が露呈」してきましたね。

いえ「露呈してきただけではなく」・・・「本当に困る事態」も多数発生。

つまり前は「ゴリ押しできた」ことが今は「あちら立てばこちら立たず」の状態の数々。

自国他国を問わず、政治、経済、軍事・・・まさに「カオス」状態。

日本に誕生した「阿Q政権」の存在も「頭痛の種」ですねwww


まあ何百年も前から・・・「さんざん悪いことをしてきたアメリカ」ですからね

「自国の血の歴史を棚に上げ」て「シナのチベット、ウイグル弾圧を非難する」ことも「偽善的」なら

「ゼニカネ優先」で「シナのチベット、ウイグル弾圧を非難しない」のも「偽善的」。


これから始まるであろう・・・「アメリカ崩壊」も「自業自得」と言えますね。




「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

熱戦冷戦そして柔戦10

「『経済一流政治二流』は、間違いだった!!!」

宮崎正広さんが言われました。



「『政治二流経済三流』が、正解だった!!!」です。



「やくざ国家との取引」・・・「愚かな選択」をしてからずいぶんたちますね。


「オザワ属国国王就任式」に売国政治家の3倍以上の大人数で同行したのが・・・

「財界の売国奴」です。
 
民主党が野党時代にも、450人以上で同行しました。

すでに、「マニトラ」「ハニトラ」に掛かっており、「柔らかい戦争下」では・・・

「シナ工作機関経団連」として工作活動をしております。

当方が以前述べた「売国土」の実行部隊でもあります。

「やくざシナ」と取引を始めたばかりに・・・今ではもう「シナの舎弟」とも言えます。


「シナの悪事を隠蔽し、シナマンセー偏向番組スポンサー」でもあります。

「視聴者のクレームは迷惑行為」だと思ってる連中。

「商売に差し支えるから」と言う理由で、「首相の靖国神社参拝反対」を唱えてます。

ですから「恥さらし」でもあるわけです。


しかし経団連の企業の業績が悪くなれば、影響はほとんどの日本人に及びます。

ですから「日本経済がシナの人質に取られてる」状態でもある。

「シナの内需拡大にて景気回復」なんて「嘲笑もの」のことも「真剣に考えてる愚か者」です。


さらに「やくざ国家」は「奴隷労働」も提供してます。

当方の「殴り書きシリーズ」でも触れてる「安けりゃいい病」そして・・・

「シナを発祥地とする安けりゃいい病」は「重度の症状」をもたらします。


それはまさに 浜矩子氏のいうところの・・・「ユニクロ栄えて国滅ぶ!!!」です。

「景気回復の夢を奪う元凶」



ただね、ここに来て当方、「少しだけ希望」をいだくようになりました。

それは「強烈な痛みを伴うもの」ですがね・・・

多くの人の話をきいてますと・・・早けりゃ来年の上半期にも・・・

「中国バブルの大破裂」が起きてもおかしくない状態のようです。

「中国経済はネズミ講」、これも宮崎正広さんが、言われていたことです。

「たらしこみ、騙し、盗み、奪い」して、共産党幹部が私腹を肥やす。

正義もルールもモラルも、そしてテクノロジーもありません。

「シナの繁栄は全てが虚像によるもの」「バブルのみのバブル」と言えます。

その「バブルが破裂」したとなると・・・「シナには何にも残りません」ね。

ですから「その破壊力は並大抵のものではありません!!!」

そしてその衝撃は「シナの同盟国アメリカをも直撃」します。

多分「世界は大混乱」そして経済面だけでなく、軍事面でも・・・

「先行きは暗闇」となるかも知れませんね。

だからこそ・・・これを「絶好の機会」だととらえ・・・

「シナとの付き合いは止める!!!」




そしてもう一つ・・・ここからは当方、大いに「妄想」を入れますね。

実は・・・「政治」にはもっと期待してます。


言うまでもありませんが「既成政党」には、「絶望」している状態ですからね。

当然「自民党民主党には全く期待してはおりません!!!」


混乱が大きければ大きいほど・・・


「国の舵取りを民主党なんかにやらせてはいけない!!!」

こんな世論の盛り上がり・・・さらには・・・


下の方・・・現在政治とは無関係の仕事をしているような人の中から・・・


「『心から国を思う政治家』が多数出現するのではないか!!!」


これは本当に「単なる妄想」と言って、笑ってもらっても一向にかまいませんよ。



しかし・・・そうならない限り・・・


「日本に未来はありません!!!」。


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

殴り書き33

「国債発行で公共事業」

12/26、チャンネル桜放映の討論会で語られたことや

またその中で紹介されている本「国土学再考(大石久和さん)」の内容などから・・・

「日本の公共事業は、EU諸国などと比べても、多くのお金が必要」なようです。

「地震大国」「川は急流」・・・それだけで高コストとなります。

水は豊富なようでいて、「日本の全ダムの貯水量を合わせても、フーバーダム以下」という事実。

毎年のように減らされてきた公共投資のおかげで「老朽化した橋やトンネル」

このメンテナンスも、急がなければ危険。

そう日本中に・・・「メンテナンスだけ」でも、「絶対に必要」な所が多く存在してます。

国がお金を出してやるべき事が、いくらでもあるという事です。

ですから「国債発行で公共事業」は、正しい選択だと思います。

そして「雇用対策に、とても有効」のように思えます。

さらには・・・「景気回復だ!!!」

こういきたいのですがね・・・

「『景気の牽引車』とまでは、ならないんじゃない?」

というのが「当方の見解」です。

いえ「当方の見解」が間違いで「公共事業が景気の牽引車」となってくれるなら・・・

それに越したことはありませんよwww



「楽観視出来ない理由」・・・

それは前回のエントリー「殴り書き32」で述べた・・・

「安けりゃいい病」です、つまり・・・



「『安けりゃいい病』に『公共事業』も感染している」



このように考えてます。

「値引き競争での入札」「薄利での受注」「コストダウン」「コストカット」

「下請けへの締め付け」「低賃金労働者」等々まだありそうですが・・・

元から「金に糸目をつける」形でスタートすることになるはずです。

そして次々と「金に糸目をつける」・・・

ここでも・・・「デフレスパイラルが・・・」

これでは「公共事業の魅力も半減・・いえそれ以下」

仮に「潤沢な資金」を提供したとしましょう。

そのことが判明した場合・・・「無駄使いだ!!!」と言って「マスコミがたたきまくる」

その光景が目に浮かぶようです。

「お金がスムーズに流れる」ことには・・ならない。

重要なのは「内需拡大」というより「内需回転」だと思います。

「お金がスムーズに循環する仕組みの確立」です。

そのためには「安けりゃいい病(害虫)」を駆除しなくてはなりません。



「公共事業」で確かにGDPは増えます。

しかし、「輸入品購入拡大」でもGDPは増えますよ

「GDP拡大が景気に直結しない例」です。

そして上でも述べましたが、「公共事業」は雇用には有効です。



しかし「安けりゃいい病蔓延」を考えれば・・・少なくとも・・・

「公共事業による景気回復」に「過剰な期待は禁物」です。



「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」

殴り書き32

「景気回復は?」「日本の繁栄は?」「一人勝ちは?」「韓国崩壊まだ?」

などと思い始め・・・

そして、「当分のところ景気回復は無い」との結論にて、書き始めたのがこのシリーズ「殴り書き」です。

当然、もし「自民党政権が続いていたとしても結論は変わりません」よ。

ここでは「三橋殿の言われることは少し怪しい」として、疑問を呈しております。

当初は「ファン限定」としておりました・・・理由は・・・

「私と同じような考えをもっておられる方」と、「三橋ファンの方」とのやりとりを拝見していますと・・・

「三橋ファンの方」は、「三橋様が間違ってるハズが無い」という前提で書き込みをされています。

そして「初めから論点がずれている」ってことがとっても多い。

「議論がかみ合わず、平行線のまま不毛な議論が続く」との印象。

特に当方の場合、ある程度専門知識のある方から「三橋絶対」の書き込みをされたとしたら・・・

全く太刀打ち出来ませんwww

ですがね、彼はね「政治家を目指す」とおっしゃいました。

「毒にも薬にもならない話でホルホル」だけならまだしも・・・

「政治家」ですからね。

「言うべき事ははっきり言っとかないとダメだ」と思って「公開」することにしました。



「みんなで景気を良くしていきましょう」は、記事の最後にいつも入れている言葉です。

多くの人がこの気持ちを持たない限り「景気回復はあり得ません」。

これは、たとえ自民党政権でも同じ事です。

景気の「気」が最も重要なのです。

この「気」は「気分」の気でもありますが・・・

「気持」の「気」・・・いえ最近は「病気」の「気」だと思うようになりました。

その「病気」とは・・・

「安けりゃいい病」です。

一般家庭から企業、官公庁・・・ありとあらゆるところに「蔓延」してます。

マスコミは連日の「激安品」「食い放題」等々を絶賛。

「オギワラヒロコ」なる節約オバハンがもてはやされる。

企業はコストダウン、コストカット、下請けへの締め付け、合い見積り、海外調達、海外生産。

「低脳未熟どシロート」が「仕分け?」・・・これがある程度評価されるんですからね。



「安けりゃいい病」を放置したまま、どんな策を講じようとも・・・

「景気回復なんて無理」でしょう、フツーに考えて・・・



個人レベルでやれることは・・・

「節約オバハンなんかシカト、1割2割は気にかけず、国産品を優先し適正価格で購入」

こうならないと「景気回復はあり得ません」



「三橋殿はこれには踏み込まない」んですよ。

それでいて「ホルホル本を次々と・・・www」

それが彼の仕事ですから「当方ごとき」が、ゴチャゴチャ言うのは、間違いでしょうか?

しかし「彼の政治家としての将来」が「明るいもの」とは思えないんですが・・・

余談ですが彼「ブルーリボン」付けてますね、これはとっても良いことです。



次回このシリーズのエントリーは、「国債発行で公共事業」について、少し触れてみたいと思います。

いえ「真っ向から反対意見」などといったものではありませんよ。

当方にそんな能力も度胸もありませんから・・・www


「ファシスト小沢に服従する民主党員も共犯者だ!!!」
「民主党員であることは恥である!!!」
「民主党員は恥を知れ!!!」

人気ブログランキングに登録いたしました。
記事を気に入っていただけましたら、下記URLクリックお願いいたします\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
https://blog.with2.net/in.php?723135

それでも言い続けます「みんなで景気を良くしていきましょう」


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事