勝手に見やがれ!

遠慮なくコメントして下さいね〜(^o^)/~また憲・民・刑、勉強しないと…

全体表示

[ リスト ]

エンジェル・ゲート

初めてのミュージカル観劇…
しかも千秋楽(!)

日曜日、11時頃家を出るときは「ポツ、ポツ」の雨→最寄の駅まで行くまで「サー」(卓球の愛ちゃんじゃないよ)に。
「お昼から晴れる」って言ったのは、どこのどいつだ気象庁!
だから、傘は持たずに出てきたのに…(>_<)

チケット予約をしたら、12時半開場、13時開演なのに、「12時〜12時半までに来てお金払わないと当日券にまわしちゃうよ」って言われたので、12時に着くように家を出ました。
ところが、乗り換えが普段にないくらい非常にスムーズにいってしまい、12時から10分前に着いてしまいました。

仕方ないので、オペラシティをちょっと久し振りに歩き回りました。
久し振りというのは、前にバイトしてた所の最寄駅だったので、ある程度知ってるんですよ〜
でも、新国立劇場の方は未体験ゾーンでした。
有名なオペラの衣装とか、音楽に関する本とか、いろいろとありました。

新国立劇場未体験の理由は…
だって、いつもバイト帰りに見ると、お年を召した方とか上品な方とかが多いんですよ。
しかも、オペラの劇場もあるので…
…そういう人が多いんです。
貧乏人には行きづらいんです。
わかります?

この日は、やはりというか予想どおりというか、オタクっぽい人がたくさんいましたね(笑)
やっぱりこのミュージカルの主役である南里侑香(FictionJunction YUUKAのヴォーカルで、声優としても活躍中)目当てか?
と思ってたんですが、Bon-Bon BLANCOという女性アイドルグループ目的の人もいたようです。

それと、舞台に少年少女が出てたので、その家族の人たちが多かった印象です。
噂によると、声優でガンダムSEEDのカガリ・ユラ・アスハ役でおなじみの進藤尚美さんもいたらしいし、FJ-YUUKAの作詞・作曲を担当してる梶浦由記さんもいたらしい…

無事チケットを手に入れて、入場するとまず目に入ったのが出演者に向けられた花ですね♪
結構、篠山輝信(この前触れた篠山紀信と南沙織の息子ね)に対する花が多かった…
そんなにみんな篠山紀信に写真撮ってもらいたいのか?
と意地悪な考え方が浮かんでみたり…

南里さんには、同じく声優の小清水亜美さんや進藤さん、それといつもオレの情報収集には欠かせないHPの人たちからの花束がありました。
ちょっと少なめかな〜?

次に目に入ったのは、出演者に関する商品を売る販売所。
南里さんに関してはもちろん、FJ-YUUKAに関するCD(アルバムも今までの全シングルもありました)でしたね。
結構買ってる人がいました。

それと、吉野紗香の写真集。
こっちはそんなに売れてる気配がなかったんですが…
全然テレビで見なくなってから久しいからなぁ…

あとは大垣知哉というミュージシャンと品川絵美というサックスプレーヤー(両人ともミュージカルにも出演)のCDを売ってましたね。
サックスは初めてソロをナマで聴いたので、上手なのか下手なのかというのがわからなかったですが、若くてセクシーな感じでしたよ♪(*^−^*)

肝心のミュージカル(演劇?)の方は、物語としては結構面白かったと思います。
ただ、なんでここでそうなるの?という部分もあり…
100点とはいかないかなぁ(^^;

その中で、主演の南里侑香さんは、やはり歌上手かったですね、飛び抜けて♪
相変わらず、いい声してるな〜☆
何と言っても音域が広いんですよ、低いところから高いところまで。
確かにCDでは、高めの声で歌ってるんですが、声優では低い声出してる役もありましたから、当たり前といえば当たり前なんですけど。
それに制服姿見れたし(…オイ!)。
でも、大人数でダンスする場面では、みんなからワンテンポ確実に遅れてましたね(^−^;)
それと、走り方がイマイチなってない(すみません、陸上競技やってたもので、ちょっと目についちゃいました)。
そうは言っても、背が低いながらもしっかりと主役らしさは失わず(≧∇≦)

出演者の中に、有森也実さんがいました。
この人見ると、どーしても昨年再放送で見た「東京ラブストーリー」の印象が強くて(苦笑)

あとは森ほさちさんという、元宝ジェンヌという人はいい感じでした。
それと脇役だった割にはかなり目立っていい味を出していた武田義晴氏、何度もマジ蹴りを受けてお疲れ様でした。

それにしても…みんな本当にスタイルいいですね〜
舞台やる人にとっては当たり前なんでしょうか?
驚きました。
南里さんが、ちょっとお肉がついてる?って感じがしましたから( ̄□ ̄;)!!

最後に、Bon-Bon BLANCOとFictionJunction YUUKAの1曲ずつライブがありました。
Bon-Bon BLANCOの方は、初めて聴きましたが、ラテンスタイルということで、踊りながらパーカッションを演奏するという珍しいスタイルでした。

FJ-YUUKAの方は、5月10日発売の「Silly-Go-Round」のカップリング「angel gate」を歌いましたが…
こっちは微妙だ…
とりあえず、1度しか聴いてないので、何度か聴くうちに良く聴こえるかな?
ちょっと3時間近く座りっぱなしで、疲れてたときだったのでそう聴こえたのかも…

っていうか、ライブしてるときに退席するなよ!
歌ってる方だってガッカリするだろうがっ!

某情報によると、初日はFJ-YUUKAは「焔の扉」も歌ったらしいです…
でも、どういう理由かはわからないけど、千秋楽は歌わなかったです…
結構残念…(T_T)
前日までに、この場面になると退席する人が目に付くから、歌う気なくしたのか…?

いちばんウザかったのは、後ろと横の席の男!
ブツブツうるさいっ!
ストーリーを勝手に先読みするのはいいけど、それを口に出すな〜っ!

席は15列目で、後ろの方だったので、出演者の顔まではハッキリ見えなかったのも残念!
でも2階席の方はわかりませんが、1階席は9割は埋まってました。
そんなに大物俳優は出てないので、勝手に客足を心配してたんですが、杞憂でした。
これも南里侑香効果?(敢えて篠山効果とは言わず)

初めての観劇…料金高いけど、意外と面白いね〜
雨も無事やんでましたとさ♪

そういや声だけの出演とかで、神田うの、栗山千明、黒谷友香などの名前がありましたが…
何のことはない、コラボレートしたマイクロソフトのCM寸劇に恐竜の声としてだけの出演でした。
劇中には一切出てこなかったので、これを「声の出演」と言っていいものかどうか?

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事