ここから本文です
日常と非日常な日々〜2
JAPAN Self Defense Forces necessary for peace.

書庫遠征:岐阜基地

すべて表示

私が出掛ける自衛隊イベント、とりわけ航空祭のように空を見上げるものでは、やはり青空だったものは忘れられない。 ところが、今年は雨に見舞われる航空祭が多く、撮影を断念せざるを得ない状況にあったり、最悪なものでは中止になったり…。 さまざまな思いを胸に溜めたまま迎えた、この岐阜航空祭でもまた、雨の予報が出ていた。 そんな気象状況を見廻る天候偵察&オープニング。 T−7が担当した。 続いて小牧基地からC−130。 自衛隊の国際平和維持活動でも、お馴染みの大型輸送機である。 愛称の“ハーキュリーズ”は、ギリシャ神話の “ヘラクレス”を英語読みしたものだそうだ。 すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 入間航空祭 2017 最終回【Blue ...

    2017/11/8(水) 午前 8:33

    おとといのF−35目撃につづき、きのうトランプ大統領離日に伴う専用機エアフォースワンを見ることができた。 今週のニセカメの中の人の勤務は夜勤のため、わりと暇な午前中に、離陸を撮影することができた。 いずれ ...すべて表示すべて表示

  • きのう、はじめてF−35を見た! 。 とても遠く、しかも高度が高い状況で見かけた米海兵隊のものだが、航空自衛隊も導入を進める新型戦闘機のシルエットは、まるで近未来を思わせるようにスマートでカッチョよかった。 ...すべて表示すべて表示

  • トランプ大統領が来日 。 私も自宅のベランダからエアフォースワンを狙おうとしたが、北風の場合、南下のアプローチルート沿いにある家からでは見えない…。 ならば、北上のデパーチャールートでゴルフ場に向かうマリ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事