ここから本文です
日常と非日常な日々〜2
JAPAN Self Defense Forces necessary for peace.

書庫日常と非日常

すべて表示

大地震と大津波によって多くの犠牲者をもたらした東日本大震災。 あの日、あの時から6年の歳月が経とうとしています。 それは、決して短いものでなく、復興に向け様々な取り組みや進捗が報じられるなかで、それでも、まだまだ先に進めない事柄や被災者の心の傷が多くあるのも事実だそうです。 そうした真実に私たちは今どう向き合えるか、これから何が出来るかを考えながら “あの日を忘れてはならない” と胸に刻むのです。 震災の犠牲となった多くの方々とご遺族に対し、心から祈りを捧げるとともに、 いまだ行方不明となっている方々が、一日も早く家族の元にお帰りになれることをお祈り申し上げます。                              201すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • まもなく4月。 ご就職やご入学、あるいは、ご栄転先における新生活が待ち遠しい方も少なくないだろう。 いっぽう、新たな生活とは無縁、何の変化もなく、そのくせドタバタ年度末を右往左往する私めは、久しぶりに取得 ...すべて表示すべて表示

  • きょうの午前中、横田基地RW35デパーチャー・ルートの延長線下にてアメリカ軍用機を見かけた。 10:00頃に、まず3機が、数十秒の間隔を空けて離陸。 その最後尾は ...すべて表示すべて表示

  • 久しぶりにお邪魔した百里基地 。 午前と午後、それぞれの光線に狼狽えながらファントムを拝んだ。 残念なことに、あしたは休めないが、基地にお出かけされる皆さまのご武 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事