ここから本文です
やる時はやりまっせ!
ニュージーランド南島クィーンズタウンで満天の星と赤色オーロラの撮影に人生を捧げております。同タイトルのホームページを毎週移植

書庫全体表示

イメージ 1
 
ニュージーランド時間で2013年3月2日午後10時1分撮影のパンスターズ彗星 C/2011 L4の姿です。
 
3月10日の近日点(太陽最接近地点)通過前でこの姿。これはかなりイケルんちゃう?
 
日本だと3月13日の夕方に月齢1.6という細い月が彗星核の直ぐ右上にやって来てしまうでしょうから、チャンスは3月10日〜12日までの3日間でしょうか。
その一瞬を逃さないように、今から計画を立てて、いざという時にチョンボされないように、数日前からの実践練習も欠かさないで下さいね。
 
また西の空に低いので、天気次第で数ヶ所の撮影・観測地を選定されておいて下さい。天気はどうしようもありませんのでね。
 
Canon EOS Kiss X2 SEO-SP2
Borg 77ED2 + レデューサーF4
ISO1600
露出:2分
赤道儀にてノータッチガイド追尾
レンズをしっかりと鏡筒に差し込んでいなかったために、部分的に星が流れてしまいました。皆さんは、こんなチョンボをされないようにして下さい。
 
そしてこちらが50ミリレンズ(フィルム換算75ミリ)で撮った景色。
 
イメージ 2
 
 

 
思ったよりも尾が長くて、良く見ると4度近い尾が有る様な無い様な。
実はこの2枚の写真を撮っている時、私は望遠鏡の側におらず、スターウォッチングツアーのガイドとしてお客様にアテンドしておりました。
2つのカメラを赤道儀に載せて、タイマーで撮影しています。
 
お客様をお迎えに行く時間が迫っていたので、ライヴビューを使ってピントを追い込む事が出来ず、少し甘くなってしまいました。
 
明日以降はこの左上にいる相棒のレモン彗星も入れるために、28ミリレンズに交換して撮ってみようと思います。
 
PENTAX K-5
SMC A50mm F1.4→F4.0
ISO3200
露出30秒
 
 

 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事