がらくたカメラで遊ぼ

撮影よりも収集に熱中している大馬鹿もの

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

え、もう3月 (^^;

冬眠してたわけだはありませんが
気がつくと庭の桜桃も満開どころか
散り始めています

今さらですが今年もよろしく...

と思ったら

ヤブログ
今年で終わり!
(更新は8月末まで?)


ただでさえ
3月末で終了するジオシティに作ったHP移行が済んでないのに...


まあ
こちらは最近全く更新してないから
一旦コンテンツをダウンロードしとけば
そんなに慌てることではないのですが


ブログは、細々とではありますが
更新する気もあるし
まだ保有台数の2割くらいしか紹介記事書いてないし←


移行先は一時期使ってた、amebaかLivedoorかな?と考えてますが
コメントはさすがに移行できないみたいですね〜

特にここ(カメラブログは)自分の記事より、みなさんからのコメントに有意義な情報が多くて、それが消えるのが何より忍びないです


などと呟いてますが
ここまで15年以上の長きに渡り無料で楽しまさせてくれたヤブログさんには感謝しかないです


本当にありがとうございます





最後に恒例?の
『わが家に仲間入りしたジャンクなカメラたち2018』


【購入順】
キヤノン オートボーイ パノラマ
ミノルタ Vectis10
カシオ CZ
キヤノン EOS M2
それに
ニコンのパンケーキレンズ
EOS-M→FDマウントアダプター

ここ数年
お小遣いの大半を別のことに費やしているため、カメラ買う予算が組めないでいます
そのぶん撮るほうの稼働を高めれば...なんですが、なかなか時間も確保できず


それでも今年になって
探してたリコーのキャディ手に入れたし

も少し頑張ってみたいな

そんな風に考えてますので

もしかしたら後1、2回の更新で終わるかもですが、お付き合い頂けたら幸いです

開く コメント(2)

今さらですが...

最近、銀塩カメラ(と言うかデジタルも含め)の稼働率が著しく低下

と言うことで


マウントアダプター買ってみました
(ついでに、初ミラーレス一眼も購入)


レンズは、キヤノン New FD85mm F1.2 L

イメージ 5




フロントヘビーではあるものの
なかなか、いい感じ


さっそくためし撮り


と思ったら

シャッター切れません ><


よく考えると

マウントアダプター装着してるので

『レンズ付けなくてもシャッターを切る』

設定にする必要がありました (^^;




まずは、室内で


しかぁ〜し!

絞りが変わりません ><


画像のピンにレンズの絞りレバーをうまく絡めないとダメなようです

イメージ 1



何とかセットし、再びトライ

今度は、無事撮影できました〜

イメージ 2



庭の柘榴と菊

イメージ 3


イメージ 4



画面だと、ピントを確認するのが大変です
(最近特にみえなくなってきた)


なので、時間かけられる風景中心に使っていきたいと思ってます


今日は、ここまで

開く コメント(4)

CONTAX Tix

コンタックス Tix

1997年発売、京セラCONTAX Tシリーズ唯一のix240フォーマットのAFレンズシャッターカメラ

APSカメラと言うやつです


同シリーズで一番人気T3をさらにコンパクトに、スタイリッシュにした自分のお気に入りのカメラです

イメージ 1



残念ながら、フィルムの製造・販売は終了してます

ストックを大事に使って、辛うじて撮影してますが、それももうすぐ限界 ><

あとは飾って楽しむ、かな?


今この記事を実家(広島)に帰省する新幹線のなかで書いてますが、今回お供カメラとして持ってきてます


スペックなどを簡単に書くと

レンズは、カールツァイスT*ゾナー28mmF2.8(4群6枚)
35mm換算で35mm相当

シャッターは、ダブルビトウィーン式レンズシャッター
シャッタースピードは、15秒〜1/1000秒(絞り開放時最高1/500秒)

撮影距離は、0.35m〜∞
外部パッシブ式のオートフォーカス

露出制御は、絞り優先AE・プログラムAE
レンズ鏡胴に絞りを設定できるダイヤルがあり、


サイズは、幅100.5×高さ60.5×奥行33mm(225g)
コンパクトだけど、手に取るとずっしりとした重さを感じます

±2EVの範囲内で露出補正可(ステップ1/3)

絞り値・シャッター速度・露出補正値を記録可

鏡胴のリングを外して逆に装着するとレンズフードになるという、これまた考えられたものですが、残念ながら所有機はレンズフード欠品でした



スマホのバッテリーがそろそろなくなってきたので、一旦ここまでで記事を投稿しときます(後で時間あれば補正予定)

開く コメント(2)

KODAK Cameo MOTERDRIVE

コダック カメオ モータードライブ

1995年から発売された、35mm固定焦点カメラ

イメージ 1



あまり資料がないので、簡単にスペック等を紹介すると...

【参考】
http://wwwca.kodak.com/global/en/service/cameo/motorEx/ownerManual/cameo_ex11.shtml


前期/後期の2バリエーシュン
(カメラ名称が筆記体なのが後期みたいです)

Motor EX と、MOTERDRIVE表記のものがあるみたいですが、時系列的な違いはわかりませんでした


レンズは、34mmf4.5又はf5.6 3枚構成

シャッタースピードは、1/80又は1/140(f11)
フラッシュ使用時は、1//80f5.6


写るんです並みにロースペックながら
紫色にコーディングされたレンズはなかなか美しい
(前期ではEKTANARの銘があるそうですが所有機は後期で無銘)

イメージ 3


最大の特徴は、↑みればわかるように、フラップ開けるとそれがそのままフラッシュになり、ファインダーも立ち上がるとこ


フォルムは全体に丸みを帯びて、薄い

オリンパスのμを一回り大きくした感じだが、厚みが最小限なのとフルプラスチィックで軽いため、気軽に持ち運べるのが嬉しいところ


バッテリーは、単4電池2本
ISO100〜1000

プレワインドで、フィルムカウンターは、カメラ上部に液晶表示


赤目防止付フラッシュ

とか

ガリレオ式光学ファインダーとか

イメージ 2


それなりに着目するポイントはありそうです


以上

簡単ですが(笑)

開く コメント(0)

レンズ2つ

あっという間に3ヶ月...

カメラ紹介が一向に進まないのは、まとまって時間とれないから

それと、カメラのデータをいちいちパソコンにコピーするのが面倒で...

そう思ってると、あっという間に時間は流れさって行くわけで


モチベを上げるためにも、メモ書きレベルになりますが記事書こう!


と言うことで、レンズの紹介2つ



最初は、昨日みつけたニコンのパンケーキ型?

カビあるもののお手頃価額だったので、ボディないけど即決で(笑)

イメージ 1



お次は、昨年11月にみつけたDemi-Cの交換レンズ50mmf2.8

ハーフカメラですから、35mm換算で70mm相当

縦長ですからポートレート撮るには良いかも
装着すると、かなりインパクトあるから撮るのが楽しくなります

標準28mmf2.8と並べて

イメージ 2


EXシリーズと違い前玉だけじゃなく、まるまる交換なんですね
(小さいから?)

ボディ側

イメージ 3



装着したところ(標準)

イメージ 4


そして、50mmf2.8

イメージ 5


どうです?
かっこいいでしょう!

開く コメント(2)

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事