がらくたカメラで遊ぼ

撮影よりも収集に熱中している大馬鹿もの

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Canon 7

キヤノン7

1961年発売の距離計連動式カメラ

なぜか型番がこれまで続けてきたローマ数字からアラビア数字に変わった

ラッキーセブンと言うのと、いかついイメージを払拭させたかったのかな?

バリエーションとしては、内蔵露出計をセレンからCdSにしたキヤノン7S(1965年)があるだけ

イメージ 1




ライカM型と同様の採光式ブライトフレームファインダーは、35mm/50mm/85mm/100mm/135mmの5種類の枠を内蔵していて、ファインダー上部のダイヤルで切り替えられる
ただし、85mm/100mmは同時表示

ダイヤル、ファインダーとも、ブライトフレームと共に枠サイズが数字で表示される

フレーム切り換えダイヤルの影響だと思うが、軍艦部をごちゃごちゃした印象にしないため巻き戻しダイヤルの口径が小さくなっているが使いづらく感じるほどではない
むしろ、自分にとってはデザイン的に好印象をもった

まあ、Pに比べれば使いづらい機種は存在しないかも(笑)

イメージ 2


イメージ 3


レンズマウントはライカスクリュー
いわゆるL39ですが、マウント外周に外爪をつけていてバヨネットマウントとしても使えるようにしています

その理由は?

このカメラでしか使えない史上最高の明るさを持つ夢のレンズ、キヤノンレンズ50mmF0.95の重量に耐えるための工夫だと言われてます

イメージ 4


VI型シリーズの後継機種でキヤノンレンジファインダーカメラの最高峰に位置しますが、コストダウンが進み50mmF1.8付きで46700円

廉価版としてヒットしたキヤノンP(ポピュレール)に外付け露出計と50mmF1.8を付属した値段より安く、キヤノンレンズ交換式レンジファインダー史上最多生産台数を記録したそうです

イメージ 5


断るまでもありませんが、最初の画像に写ってるでっかいレンズは、50mmF0.95ではありません(笑)

そんな高いモノ買える財力はありません(爆笑)

では何か?

キヤノン詳しい人には易しい問題なので、ここはノーヒントで...

この記事に

開く コメント(3)

トマソン的な...

紹介したいカメラは数々あれど、なかなかパソコンに向き合えないでいます

以前記事にしたように、ツイッターでコツコツ文章にして、そこそこストックはあるのですが...


と言うことで、前回から一月も空いちゃったので、賑やかしの画像を(笑)

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

Konica BIG MINI STANDA

コニカ ビックミニ スタンダ

1995年発売の、35mmレンズシャッター式カメラ

最大の特徴は、ミニ三脚を内蔵してることです

正確には、前倒し式レンズ蓋とボディ底面に収納された二本足で自立することができると言うもの

下手な説明よりは、画像みたほうが手っ取り早いですね(笑)

イメージ 2



カメラ名称は、この姿みたら「なるほど」って納得できますね(笑)

ビックミニは、これまで単焦点レンズのものばかり紹介してきましたけど
ズームレンズも個性あるカメラが多くて、スタンダもその一台です


スペックは、当時としてもごく普通です

レンズは、28mmF3.5-70mmF8.4(5群6枚)
電子制御シャッターは、3.5秒〜1/360秒、TV撮影モードあり
焦点調整は、赤外線アクティブAF
最短撮影距離は70mm時で0.6m〜、以外0.8m〜
露出制御は、CdS使用によるプログラムAE、中央重点測光
逆光を検知すると+1.5の自動補正がかかります
内蔵ストロボは、低輝度時自動発光、赤目軽減付きオート、強制発光、発光停止、スローシンクロ
実像式ズームファインダーは、合焦時に緑のLEDが点灯する

フィルム感度は、ISO25〜3200の範囲で自動設定されます

オートローディング・自動巻き上げ・巻き戻しデート、セルフタイマー、パノラマ途中切り替えなどの機能あり

電池は、CR123A×1
122×69.8×45.2mm、270g

発売当時のポスターには、西田ひかるさんが起用されてました

イメージ 1



コンパクトカメラ使う時ってわざわざ三脚持っていかないから
セルフタイマーで撮る時って無理矢理平坦な場所探して置いてたなぁ

そういう意味では、画期的なカメラでしたね!

この記事に

開く コメント(6)

毎年、新宿にある検診センターで人間ドックを受けている関係で
検査が終わったら(胃の検査でバリウム飲む関係で午後半休としています)
おなか具合に注意しながらも、カメラ屋さんめぐりを通例としています

今年も、月曜(4月17日)午前中に受診し
午後から
ラッキー⇒アルプス⇒キタムラ(大ガード店)⇒すっぱいお店⇒キタムラ⇒地図⇒市場⇒ボックスと巡回

最近は、ときめく出会いもそうそうなく
今日もダメかなぁ〜と思っていたら

前から欲しかったレンズを発見!

イメージ 1

以前入手したOLYMPUS M-1にとM-SYSTEMのレンズをずっと探していたところでしたから、これは嬉しい!

と思ったら、ボディも一緒にありました(笑)

イメージ 2

プリズム腐食はあるものの、何かあった時の部品取り用になるかなと、合わせて購入することに

底蓋が交換されているようで、シリアル№はなぜか7桁???

フィルム圧判のデートコードを確認すると、「ス31」でしたので
製造年月は、1973年1月と思われます

以前購入した個体は、「ス25」という発売前の初期ロットでしたから
いつか分解比較してみたいなと思っています

※M-1、OM-1のデートコードについては、こちらのサイトが詳しく分析されていて参考になります


この記事に

開く コメント(7)

比較してみた

今日は珍しく少しカメラを触る時間があり、柔らかな陽射しにも誘われ、ちょっと遊んでみました!

イメージ 1


イメージ 4



みればお分かりの通りですが、上から

ローライA110
フジEPION1010
オリンパスXA4
ローライ35SE
オリンパスStylus Epic

すぐそばにあったカメラを持ち出しただけなので、探せばもっと小さいカメラあるかもですが、大きさ比較するには十分かな、と


使用フィルムは

110
IX240
135
135
135

これだけみると、フィルム面の大きさ通りの結果ですが、利用できる状態にしてみましょう

イメージ 2


ローライ35はこの中に入れるのは異質なカメラなので除くとして、横幅では135カメラが頑張っていることがよくわかりますね〜


容積とか重量では110やIX240にアドバンテージがありますし
ここにはありませんが、ミゼットやミノックス持ち出したら勝負になりませんが...


てなことで、特に何が言いたいわけでもなく
小さなカメラ並べて写真撮りたかっただけなんです(笑)


オマケ

120フィルムでもフォールディングカメラならこのくらいと言う比較載せて終わりとします
(カメラはペトリRF)

イメージ 3

この記事に

開く コメント(6)

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事