私の図書館です

本をほとんど読んでいませんので、私が読みたい本をご紹介します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

在日・強制連行の神話

 首都大学東京の教授である鄭大均(てい たいきん、Chung Daekyun)著『在日・強制連行の神話』(文春新書、平成16年6月20日発行)です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166603841/503-9977853-4505545

(チヨン先生のお名前の漢字は、誤りです。PCでは正しい漢字を表示できませんので、やむおえず、一般に使用されている漢字を使用しました。)

 私は、このことを20年以上も前に在日韓国人の方から伺っていました。強制連行ではなく、徴用または徴兵です。ですから、この本に接した時は別に驚きはなかったのですが、在日コリアンである方が執筆されたことには驚きました。
 日本人の研究者や知識人が沈黙を守っていたのは、ついこの前までは、在日コリアンに対する差別が厳しかったからだと思います。

 それから、ジョン・ダワー先生の『敗北を抱きしめて』の中に「街頭に白衣姿で立つ傷痍軍人」の話が出てきますが、その方々は、帝国臣民として徴兵され、従軍して負傷したにも拘わらず、戦後、日本国籍を剥奪されたため、軍人恩給の支給を受けられなかった在日コリアンの方々と伺ったことがあります。もちろん、全員が在日コリアンだとは断定できませんが、史実として記録されないことはありますね。

 また、東京都の管理職選考試験の受験を在日外国人に認めなかった最高裁判例(最判平成17年1月26日)の原告は、チヨン先生のご令妹です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166603841/503-9977853-4505545

フロイト先生のウソ

 ロルフ・デーゲン著『フロイト先生のウソ』(文春文庫、2003年1月10日発行。)です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167651300/503-9977853-4505545

 心理学に対する痛烈な批判書です。おかしげな論理がまかりとっていますね。「幼児期のトラウマはその人の一生を傷つける」、「子どものとき虐待を受けると、自分も子どもを虐待するようになる」とかいろんな俗説がまかり通っていますが、いずれも立証されたものではないでしょう。すべて、本人が“どう考えるのか”の問題だと思います。教育や経験が、その方の考え方に影響を与える可能性があるだけです。「貧困に育てば、5人の人間をライフル銃で射殺する」とは限らないと思います。


 (参考)
1 教えてgoo!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1079336
 この本に対する研究者からの反論があります。

2 DOHC(年間百冊読書する会)MONTHLY
http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc0305.html
 この本は、臨床心理的な言説を批判するために心理学の研究を根拠としているとのこと。

 東北大学教授で医学博士の川島隆太著『川島隆太の自分の脳を自分で育てる』(講談社+α文庫、2004年11月20日発行。すでに、2001年にくもん出版から『自分の脳を自分で育てる』として刊行されています。)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9978915303

 この本はともかく、この著者はあまりにも有名な方ですね。
 コンピュータゲームと一桁の足算(計算)とではどちらが脳を多く使うでしょうか? 単純な計算が非常にに脳を使うそうです。ポジトロンCTやfMRIを使って紹介されています。特に、小学生のお子さんがおられる方には、必見です。また、「百マス計算」は、子供だけでなく、大人、さらに、ボケ防止のために老人にもよいそうです。
 私は、「音読」(斉藤孝明治大学教授)、「百マス計算」(蔭山英男尾道市立土堂小学校長(立命館大学教授に来年4月1日就任予定))、「(ナンバ)徒歩」(甲野善紀先生)の三つが、“日本を救う”と信じています。

 (参考)
 調べるとこんなに本を出されていました。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%90%EC%93%87%97%B2%91%BE/list.html

 名城大学教授の槌田敦著『増補・改訂新版  環境保護運動はどこが間違っているのか?』(宝島文庫、1999年3月11日発行)です。この初版は、1992年7月に宝島社から刊行されています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796614850/250-5177349-7235421

 企業で100%のリサイクルを強調している会社があります。しかし、それは、社会全体から見て、有益なリサイクル運動でしょうか? 例えば、牛肉パックの回収がされていますが、これなどは燃やすべきだと主張されています。パルプから作るよりも割高となるとともに、化学薬品を使用せざるを得ないからです。
 また、温暖化がそんなに悪いのかと疑問を投げかけておられます。5000年以上前の古代文明の頃は現在より2度高く温暖だったそうです。

 (参考)
1 槌田敦執筆『CO2温暖化脅威説は世紀の暴論』
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss023/ss0231.htm

2 「quimoitoの本箱」氏執筆『20世紀の総決算』
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/quimito/tutida.html

3 [書籍紹介]
 槌田敦著『エコロジー神話の功罪  サルとして感じ、人として歩め』
http://www.bk1.co.jp/product/01546159/?partnerid=p-quimito01670
(書名(サル)が気に入りましたので、紹介します。)

騙されやすい日本人

 本日は、「日本人」シリーズの第三弾(最終)、宮脇磊介著『騙されやすい日本人』(新潮文庫、平成15年3月1日発行)です。すでに、1999年9月に新潮社から刊行されました。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101164215.html

 著者の宮脇氏は、警察庁刑事局捜査第二課長、内閣広報官を勤められた警察庁のキャリア出身者です。
 宮脇氏によれば、日本人は世界から「ガリブリ(gullible)」と見られているそうです。ガリブリとは、辞書に「騙されやすい。誰の言うことも何でも信じてしまう(easily deceided;willing to believe anyone or anything)」とあるそうです。なぜ、日本人が騙されやすい(お人好し)であるかは、別の機会に別のブログで考えてみたいと思います。
http://d.hatena.ne.jp/wowow56/
 
 日本人の政治は“幼稚”です(宮脇氏)から、その幼稚な“政治屋”を追いかけることに終始する新聞記者も幼稚にならざるを得ない(筆者)ため、世界における“情報戦争”に敗北してしまうのです(宮脇氏)。ソ連崩壊後のCIAとKGBの標的は、日本であるにも関わらず、わが国は、いつまでもアメリカの庇護の下で経済活動さえしておれば、事が足りると考えていました。わが国の置かれている立場は、空からはスパイ衛星で監視され、1998年に欧州議会が非難した「エシュロン(Echelon)」によりEメール等が傍受され、CIA日本支部によって大手新聞社の動向が把握され(もちろん、その他諜報活動がされ)、せっせせっせとアメリカ国債を購入し(この日本の“貢献”により、アメリカはイラク戦争を遂行できるのです)、そして、在日米軍が存在する。この日本の存在を何と言うのでしょうか?(笑)。私は、自主憲法推進派の人たち行動は、彼らの意図とは別に、アメリカの手の中で彼らの期待する方向に動いているとしか見えません。

 それから、宮脇氏は、\こΔ侶萃蟷項に日本が参加していないこと(日本無視)、▲Εぅ鵐疋Ε困里茲Δ覆もちゃのOSに依存する日本の企業・社会の危険性、5きて欲しくない事(大地震等)に眼を背ける風潮がある事、ぢ荼泙慮⇔呂箸靴討遼塾話弔粒搬腓隆躙雲、タ景梗劼痢抜永鷁宗匹箸いΥ躙雲を警告されています。

 政治に興味をお持ちの方は、ぜひご覧ください。ただし、宮脇氏が指摘されていない〃抻…4盈修琉媼院ΑΑε貘臻ヽ愽卒の方が、なぜ、利権官庁でもない警察庁に希望者が多いのか疑問でしたが、友人によると、「早く、偉そうにできる」そうです(笑)。その真偽のほどはわかりませんが、そのような体質があるように見えることを払拭する必要があるように思います。∨鳴鮮の拉致行為の実行者、協力者が一人も逮捕されていない状況では、新聞社の改革も必要でしょうが、まず第一に、“警察庁の改革”が急務ではないかと思います。その点を踏まえて、読まれることを付記しておきます。

 (参考)
1 エシュロンとNSA
http://www.infovlad.net/underground/asia/japan/dossier/echelon/echelon_nsa.html

2 Echelon
http://www.infovlad.net/underground/asia/japan/dossier/echelon/

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事