夜☆見●ヒッソリ◎こっそり

web書店「ひっそりこっそり」店長の溜息

朝日新聞社の記事は「綱領」よりも記者の「イデオロギー」を優先して記事を作る。つまり『捏造優先』

朝日新聞社の記事「朝日新聞社綱領』よりも記者のイデオロギーが優先されて作られる、プロパガンダ紙だった。 http://blogos.com/article/241327/?p=1

その他の最新記事

すべて表示

改憲案を論ずる前に…

2017/10/23(月) 午前 11:05

改憲案を論ずる前に… 高木惣吉曰く「独立の国家がその存立の最後の保証として頼むのは、決して紙に書かれた法律や憲法ではなく、強制力の不安定な国際間の協定でもなく、所謂(いわゆる)実力の行使、警察機構と国防機構の二つである。ところが従来の歴史を見ると、国外からの直接侵略に対しては無論のこと、国内においても少し大規模な騒擾叛乱となれば、警察は驚くほどの無 ...すべて表示すべて表示

天皇制という文字は…

2017/10/16(月) 午後 4:14

阿川弘之先生の『志賀直哉』下巻 その144p〜「天皇制」から抜粋 中略 直哉の「天皇制」が昭和二十一年の四月の「婦人公論」の再生号に掲載されて四十三年後の昭和六十四年一月、谷沢(永一)がやはり、「天皇制」と題のついたコラムを「週刊文春」に発表してゐる。 (中略) 「天皇制という呼称は、そのように命名する対象を『廃止 ...すべて表示すべて表示

2017年10月15日 選挙とは国民にとって唯一の政治的権利行使の機会である 来たる衆議院議員選挙は政権政党を選択する選挙として非常に大切である事は言うまでもないが、殆んどの有権者に軽視されがちなのが「最高裁判所裁判官の国民審査」である。多くの有権者は最高裁判所の裁判官がいったい何人いるのかさえ知らないのではないだろうか? 実際、「最高裁判所裁判官の ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事