バイク屋のツーリングは少し贅沢に・・・。

日本に生まれて良かった!と思う今日この頃。

馬鹿なバイク屋の休日

 久しぶりに半日空きそうなので「もう一回お買いものにチャレンジしようか」等と言ってたのに・・・

 前日の夜から出発して 立山の近くで買い取を済ませ 明日午前中に一件約束が有るのでお泊りでした
朝起きてトラックに乗り込み 先ずはお電話で1時間のお仕事を済ませ お客様の所へ11時過ぎに到着
これでバイク3台とトライク1台で9割満車で満足ですが 今日はもう一か所行きたい所が在ります 
イメージ 1
 ここは富山県の上市に有る大岩の「白石寺」です 上の画は公衆トイレですが…
イメージ 2
 お寺の入り口に有った「メグスリの木」だそうです かみさんも目が悪いので「目に付いた」ようです
イメージ 3
 このお寺は何処に入るにも自由で 奥の院見たいな所に裏から入り込むと 賽銭箱の裏に出ました
イメージ 4
 これががメインの「大岩不動」で境内奥が岩とくっ付いてて その岩を掘った御神体で結構迫力有ります
イメージ 5
 外に出て横奥の方に歩いていくと 真冬の滝行で有名な6本の滝が有るそうです 行って見るべ
イメージ 6
 このご神体に水を掛けて行きます 今は夏・・想像でしか出来ませんが やっぱ冬はここへは来たくないな 
イメージ 7
 綺麗な水が6本の弧を描いて落ち、地下を通り手前の穴から出てきます 人工的では有るが綺麗です
イメージ 8
 ここで滝に打たれるんですが結構な勢いですこれ、これだけ勢いが有るとたたかれてる様に痛いでしょう
イメージ 9
 自然の湧水で季節によって水量は違うんでしょうか?真冬にこの勢いで冷水に叩かれたら・たまりません!
イメージ 10
 何か一杯書いてますが 読まずに写真撮って来ました
イメージ 11
 本当の目的はお寺よりこれ!!「そうめん!」大岩は小さな町なのに7件もそうめん屋さんが有るんです!
麺は湯がいてから時間が経ってましたが 出し汁が魚介の香りが強く 独特な味で結構美味ですよ是非。
イメージ 12
 初めは「だんごや」へ入ったのですが時間が掛かりそうで「大岩屋」へ このアイス見たとおりの命名です
イメージ 13
 かみさんのこのしぐさはきっと「これでこの値段?」と言いたいのかなぁーー
イメージ 14
 お腹もふくれ、夕方からお買いものリベンジ一旦帰りましょうと 高岡位を走ってると店長から「今何処」
とTEL・・「高岡」「どっち向いてる?」「帰ってる」「そうか〜」ってどうしたのか聞くと・・
上越のお客様にトラブルが有り 月末に北海道に予約を取ってるのに困った、んーーー取り敢えず一旦帰り
荷物を降ろして再度新潟に向けて走るしかないね〜・・よし、休日は今度にして頑張ろうと成りますよねぇ
イメージ 15
 所がビックリ!神様は僕らの味方か?上越のバイク屋さんから一台欲しいとTEL有!タイミング最高!
だけでなく、森本経由で行こうと走ってると 富山の業者様からバイクの依頼、何と金沢のバイク屋さんに
僕の在庫を預けてる品がご要望、神がかりなタイミングです 途中で積んで富山で待ち合わせし納車します
上越に一台だけ取りに行く羽目だったのが 2台納車できると言う奇跡のおまけを頂き 感謝感謝です
イメージ 16
 最後は上越から高速代がもったいないので 下道を地道に走って帰り、金太郎温泉で湯船に浸かり帰ります

 何だか仕事も人生も出来るだけ頑張ってると 回りの皆さんも大きな気持ちで接してくれる様な錯覚に成り
お客様は勿論ですが 同業者や一緒に生きてる全員に感謝する気持ちを 素直に持ちたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

 今週は北陸だけで済みそうなので 行きたい所が在るので一か所寄り道します

 いつもの通り前日の夜は金沢と福井市内を回り 市内のホテルで就寝です
イメージ 1
 朝起きて福井市内一か所と 大野のお客様が結構奥深い場所だったので そのまま九頭竜を上ります
イメージ 2
 「道の駅九頭竜」を横目で見ながらR156を左折 K314に入って来ました・・右にGレールも無い!
イメージ 3
 4tで走る道では無かったぁ!と後悔して走ってると 枯れ木が落ちてるじゃん・・絶対通れないでしょ、
イメージ 4
 降りてどかそうとしますが・・重い訳では無いが形が屈折してて一人ではずらせない
イメージ 5
 非力ながらも二人なら何とか成るだろうと 両方を持ち上げ則面に立て掛ける事に成功です
イメージ 6
 これで通る事は可能ですが・・この先大丈夫なんかなぁーーーーー心配です
イメージ 7
 だんだん道が狭まり ミラーぎりぎりで通ります 右はガードレールも無い川渕なんですもの
イメージ 8
 そろそろ進むと ん!?トンネルか? 何だか小さく見えるのは気のせいか?
イメージ 9
 直前まで来てビックリ!「高さ制限3.2メータ!!!このトラックは確か・・3.4メータ!無理!
でも・・ここまでこのトラックがUターン出来る個所は無かったぞぉ〜・・やばいかもー(涙)
もっと近くに寄ると 何だか数字の割に「行けそうな気がする」と ゆっくり真ん中を通って見ると・・
イメージ 10
 入れた!!天井が当たる音もしなかった・・と 思います・・。大丈夫!当たれば分かるよ!
イメージ 11
 極細山道を無事クリアし、到着したのが「阿弥陀ケ滝流しそうめん」!ツーリングで行きそびれて・・
イメージ 12
 平日は駐車場が使えない事を知らず奥迄行き「4t入れる?」「来た事無いから分からん」って、だよね〜
ここからバックするのも奥まで行ってバックするのも同じだいって・・無理やり入って見ましょう、
イメージ 13
 取り敢えず行って見ると・・何とか成るじゃん!狭い駐車場のコーナーに重役停めじゃい!
でも、帰りUターンできるかチョット心配、他車の駐車具合次第で 何度か切り返せば何とか成るって。
イメージ 14
 取り敢えず 無事目的地到着と言う事で お目当ての流しそうめんで腹ごしらえです。
イメージ 15
 いつも余計な物まで注文して 肝心なそうめんを腹いっぱい食えないので 今回は団子とそうめんのみです
イメージ 16
 何とかトラックを回して帰りは富山の滑川で2台ゲットして 何故か金沢まで行き、お買いものをして帰る
つもりだったのに いざ買おうと思いお店に行くと 何をどう買ったら良いのか分からず・・??
何と僕ら夫婦は「買い物」特にアパレル関係は全く分からないのです 何でだろう・・
来週息子夫婦に付き添ってもらい も一度挑戦して来ます  お疲れ様。

この記事に

開く コメント(0)

 新車が手に入らないと噂のベルシス250ですが きゃぷてんは中古車の納車です

 滅多に店頭納車の写真は撮る事ないですが たまたま松山に行った次の週に松山から来られたので・・
イメージ 1
 先週納車に行って来たばかりの松山から 今度は別のお客様が電車で取りにおい出ました
事前に分かっていれば一緒にお持ち出来たのですが 中々思う様に成らないのも人生ってか?
遠方から皆さんがご来店いただくのが本当に嬉しく ついつい無駄話をして終います 有難う御座いました

この記事に

開く コメント(0)

 何だったか忘れて終い申し訳なく思ってますが プロのカメラマンさんとプロデューサーがおい出ました

 最後に撮って頂いたきゃぷてんのフルメンバーです
イメージ 1
 確か地元の産業やお店を紹介するのに 町が進める地域活性化の為に地元の産業を紹介するHPを作る?
の様な感じでした でも流石にプロの方々は写真は勿論 インタビューも本格的でしたよ

この記事に

開く コメント(0)

 7月の日帰り きゃぷツー行って来ました 走行距離約400舛任靴燭 メッチャ走った感ありありです

 二日前まで降水確率が微妙で 前日の昼近くに「決行」と成ったので 人数は少ないと思ってましたが
イメージ 1
 いつもの出発前の高揚感が何とも言えません 最近日帰りはとっても気楽なツーリングに成りました
出席も途中退場も自由で 事前申し込みは勿論予約も不要です その代わり誰が来るのか?なので
遅刻してくると置いてきぼりに成って終います が、途中参加も良いので追いかけて頂いてもOKです
イメージ 2
 岐阜方面は必ず立ち寄る道の駅「林林」で富山方面の方々と合流、初参加の親分さん良い笑顔ですねぇ
イメージ 3
 写真に居ない方や撮ってるかみさんが映ってませんが 林林集合で気が付けば約30台集合です
 R41号からR360号に右折し宮川ルートです これが大正解!綺麗に成った道路に一般車が殆ど無くて
何とも言えない気持ち良い速度で流すことが出来ました こんなストレスの無いのは久々だぞぉ!
イメージ 4
 道の駅「アルプ飛騨古川」で休憩のつもりが 丁度昼前なので「ここで飯食って行きましょう」です
イメージ 5
 駐車場のど真ん中に停めてあった ハコスカGTRで御座います 窓は開けっ放しでキーも付いてますよ
勿論オーナーさんは近くに居ながら 皆さんの視線を楽しんでる物と思われますが 綺麗なGTRでしたねぇ
イメージ 6
 今回の目的地「ひめしゃがの湯」です R41から小坂を通り結構走りました 山の中は海側と違い
何処に行っても「こんな奥まった所に有るのに 何で繁盛してるのか?」何て思ってしまいます
イメージ 7
 温泉はゆっくりできて良い所でした 線質は源泉温度25度で冷たい冷泉、暑い夏には気持ち良いですよぉ
イメージ 8
 帰りはせせらぎ海道を走り「ななもり清美」迄来ました これが又すっきすきで渋滞らしき物は皆無ですよ
このお二方は 今回初めて合った者同士ですが 同じツーリングに来て同じバイクと言う事で意気投合です
イメージ 9
 途中帰還の方々が結構居りまして ここまで一緒だった方々です 小腹が空いてたので丁度良い休憩です
イメージ 10
 ここで親分達2台は福井へ帰るんでここでお別れです お疲れっすーーーー!
イメージ 11
 僕らはもう一か所回ります ここは「オークビレッジ」さんで「木の博物館」でも有るそうです
イメージ 12
 ショールームの入り口で 閉店後の時間にお邪魔しましたが ご厚意で一時だけ開けて頂け嬉しかったです
イメージ 13
 そしてこれが何と「菅原文太」さんの元お住まいだったそうです 気に成るので奥まで行って見ます
イメージ 14
 この家です 今は完全に空き家に成ってるみたいですが 所有者は誰なんでしょうねぇ 一寸気に成ります
イメージ 15
 最後までお付き合い頂いた皆さんです 今回のタイトルにバイクツーリングの醍醐味とは と有りますが
久しぶりに今回、食事や目的地の良し悪しより も純粋にバイクで走る楽しさを再認識した日でもありました

 昔は早けりゃ偉い!見たいな感じも有り 安全運転される方は肩身の狭い時代も有りました でも最近は
バイクで競争よりバイクで楽しさをと言う方が増えてます 何でこんな不便な乗り物が良いのか
寒いし暑いし冷たいし・・疲れるし危ないし、なんてのは言わなくともみんな知ってます 便利な4輪に
不便なバイクが唯一勝てるのは人によりますが やっぱ自分の体と一体に成れる感覚はバイクだけでしょう
今回のツーリングは本当に理想に近いペースで走れたと思います 決して飛ばすわけでは無く イラつくほど
遅いペースでも無く(僕に取って)気持良いペースと道の空き具合でした コーナーリングの楽しさは最高!

で・し・た。 今度は8月20日に走ります 又ご一緒しましょう。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事