バイク屋のツーリングは少し贅沢に・・・。

日本に生まれて良かった!と思う今日この頃。

全体表示

[ リスト ]

 有る意味下見、あるいは単なるドライブ?

 僕に取ってはバイクと同じ感覚で楽しむ 安価なのに少しリッチに感じる2台の車
イメージ 1
 320Zノンターボ3000ZXです おやブロには何度か登場しましたが 未だしっかり所有してます
僕の場合気に入った物はボロであろうが古い物で有ろうが 誰かに譲るか完全に飽きるまで使い倒します

 何度も通っているのに 最近まで知らないままだった「分水嶺公園」に来ました
 ここはひるがの高原その物で、しょっちゅう通る道なのに知らなかった事を 少し悔しく思ってます
イメージ 2
 が、みんなが言うように 一本の流れが日本列島の北と南に分かれて行くのは やっぱり考え深い物が有ります
イメージ 3
 ん〜ここから笹舟を流したら どっち側に何処まで流れるだろうか・・「すぐそこに引っかかってるよ」

 ここは何処でしょう、R156からわざと右にそれて県道314号沿いに有る白鳥町の 阿弥陀ヶ滝です
イメージ 4
 案内板に沿って走ると 行き止まりに見えるお店の駐車場より もっと奥に入ることが出来ます。一番奥のPからはすぐそこです、が、やはり滝まではしっかり階段を登らなければ行けません
イメージ 5
 落差60辰痢崙本の滝100選」の一本です
イメージ 6
 何だかこの空間全体に 目に見えない何かが生息してる見たいな空気です
イメージ 7
 滝壺の上に有るお地蔵さん達です 常に濡れてるので「濡れ地蔵」と 勝手に命名
イメージ 8
 滝壺の左には大きな岩堀?のお釈迦様?よく見ると ちょっと怖い顔の菩薩像みたいです
イメージ 9
 絵に描いたような形と大きさが印象的な 如何にも「滝壺」です やっぱり水は超冷たかったです

 滝の登り口に有るお店の中で 何故か一番奥が好きな僕は 一番高所に有るお店へ
イメージ 10
 「流しそうめん発祥の地」と書かれた石看板 期待持てます
イメージ 11
 石で造った流し溝はしっかり雰囲気は有ります 水も冷水が左右から流れ出ていています
 少し残念だったのは バイトの子が暇に任せてやる気が無いのが見え見えだった事、やっぱり少しは活気が欲しい

 阿弥陀ヶ滝から少し福井寄りに走ると 頂上付近の交差手に「満天の湯」とデッカイ看板
イメージ 12
 ここがそこです 前に来たことが有ると思うのですが 少なくともこの温泉は無かった様に思います
 上の写真の左側にある貸し切り露天風呂を頂きました 一回一室2500円ですが 輪島のねぶた温泉と同じ感覚のお湯で、お肌すべすべに成るお湯はお勧めです いっぺん行っても良いかも
イメージ 13
 露店から見える景色です 秋か冬がお勧めですね 夏はやっぱり暑いです・・・
イメージ 14
 休憩所で一服 郡上の清水で造ったサイダーです
イメージ 15
 良くまねをする彼女です サイダーのラベルの絵の真似?でした
イメージ 16
 タオルが丁度欲しかったのと ここだけのオリジナルなので迷わずにゲット!!

 今回のドライブで思ったのは、やっぱり毎回通ってる道にも 行ったことや停まったことが無い 知らない名所が一杯有るんだと感じました これほどネットがはびこってもまだまだ知らない場所は有る、それもすぐそばに!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事