バイク屋のツーリングは少し贅沢に・・・。

日本に生まれて良かった!と思う今日この頃。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 今回のお正月休みは16日間 26日〜10日迄・・社会に出て一番長いお休みです

 毎年お正月はハイエースでしたが 始めて乗用車のジムニーシエラで行きます
イメージ 1
 海外旅行さながらの荷物を積んで 爺さんと婆さんでお寺周りに出発です

イメージ 2
 琵琶湖近くのリニューアルした大津SAです 結婚41年の二人です(歳取ったな〜)

イメージ 3
 明石大橋を渡る前の神戸ポートタワー 4tだったら目線が高いのでルミナリエが見えたかも

イメージ 4
 明石海峡を渡ってます 初めてのナビなので少し不安で御座います・・

イメージ 5
 明石大橋です 雲は有りますが雨は落ちてきません

イメージ 6
 ホテルは徳島入ってすぐなので 淡路SAで少し遊びましょう

イメージ 7
 観覧車は定番です 少し高い所から見る景色は何処に行っても綺麗ですねー

イメージ 8
 SAの駐車場です この時間帯は初めての事で 新しい綺麗な発見が一杯です

イメージ 9
 ホテル「鯛丸海月」さんです 料亭のホテルみたいです

イメージ 10
 お酒と焼酎の飲み比べセットを頂きます お料理も美味しく お風呂もOKで良いお宿でした

イメージ 11
 夜明け前の鳴門大橋です 夜明け前に起きたのは何十年ぶりだ?、トイレには起きますが・・

イメージ 12
  朝食中の夜明けです 朝日が眼の前から現れ 今回の旅を応援してくれてるみたい(嬉)

イメージ 13
 これはお遍路グッズです 結構な出費に戸惑いながら最低必要な物を揃えました 体の上から
笠は流石に買わず 輪袈裟・白衣(びゃくえ)・頭陀袋(ずたぶくろ)・金剛杖(太子様)
数珠・蝋燭800本・線香1200本・納め札200枚・納経帳・仏前観経次第(お経の本)
御影帳・ライター等 二人分なので3万円以上掛かりました お賽銭も計算しないと大変です

イメージ 14
 一番札所のグッズ販売店の前で「揃えました〜」って

イメージ 15
 自分が大人に成った?未知の世界ですが 二人なら何とか達成できろと信じて出発します

この記事に

開く コメント(0)

 60歳、還暦の歳に四国八十八ヶ所 お遍路の旅スタートします

 お遍路グッズを身にまとい 少しハニカミながら歩き出します
イメージ 1
 メモリアルな1番札所「霊山寺」から 「初願」を心に秘めて挑戦します

イメージ 2
 初日はお寺が近隣にかたまってるので 片言のお経を唱えながら3番札所「金泉寺」です

イメージ 3
 御朱印を頂く納経所も それぞれ違う雰囲気が有りますね 朱印料は同じでもお寺により
駐車料金などはバラバラです 勿論徴収無しの所も有りますが 500円かかる所も。

イメージ 4
 順調に9番札所「法輪寺」迄終了 初日はここで打ち止め、17時に成ってしまいました

イメージ 5
 予約してた宿はスーパー銭湯のホテル付みたい所です 少し食事が寂しかったですが

イメージ 6
 部屋へ帰って「納め札」に日にち名前住所の書き込み 200枚近く有り結構大変です

イメージ 7
 二日目は10番札所「切幡寺」から打ち始めます 四国の中でも特別細い道ですね〜

イメージ 8
 やっと切幡寺に到着です もう結構時間を食ってしまいました・・

イメージ 9
 11番札所「藤井寺」から12番札所「焼山時」途中に見つけた「峠の茶屋」?です

イメージ 10
 お遍路三大難所の一つ「焼山寺」到着 駐車場よりすぐに有った石像、何してんだ?

イメージ 11
 2km位有るかなぁ・・結構歩きます 石に刻まれた「へんろ道」が恨めしい

イメージ 12
 たっぷり時間を取られましたが 未だ社寺まで到達しません・・

イメージ 13
 やっと山門に到着、今日中には何とか20番までー・・・・・

イメージ 14
 一生懸命走り 読経し 少し遅刻して17時20分に20番札所「鶴林寺」到着!
ここも3大難所の一つです 雪が降って地面が白く 辺りは暗く・・電話して何とか
納経帳を書いて頂き 真っ暗の中参拝します 懐中電灯で読経を済ませます なむなむ・・

イメージ 15
 鶴林寺で紹介頂いたホテルに向かうと 真っ暗な道に雪が落ちてきます 北陸育ちは平気です

イメージ 16
 「そわか」と言う名が?でしたが かみさんが「お経の最後の言葉・・そわかじゃないの?」
当たりでしょう! このホテルは21番札所のロープウエイ乗り場に有り とっても便利です
この画は朝の写真です 昨晩は真っ暗なのと 食事所を探すのに必死でしたぁ

この記事に

開く コメント(0)

 今日は朝からロープウエイです さっき何処かのメディアの方からインタビューを受けました
お遍路の衣装なので 外国の方々のお目当てだったみたいです 写真をバシバシ撮られました

 ロープウエイの下の駅の中に有ったオブジェです
イメージ 1
 何か良く分からないまま 真剣にポーズとってます

イメージ 2
 ロープウエイに乗ってすぐの写真です 止まったホテルの前に愛車が小さく見えます

イメージ 3
 21番札所「太龍寺」です ロープウエイの時間に合わせてお参りします 猫が一杯でした

イメージ 4
 頂上駅です やばい・・一軒のお参りだけで午前中が・・・・

イメージ 5
 これに乗って下山します

イメージ 6
 昼ころに着いた22番札所「平等寺」です

イメージ 7
 だからもう昼食時間ですよ 名前だけでもご利益を信じて頂きます

イメージ 8
 山間に有る寺院が多いですが 海との距離が短いので眺めの良い道が到るところに有るんです

イメージ 9
 まじで今日は件数を回れず、あっという間に夕暮れです 納経帳は17時迄の受付なので
夕方にはホテルを探し 早めに寝て朝6時起きは僕の生活習慣と 3時間位の差が有ります

イメージ 10
 津波対策の塔が物凄い数で建ってます 4・5年前は珍しかったのに・・

イメージ 11
 急遽取ったホテルの朝飯?だったと思います 僕にとっては充分なおかずですが・・

この記事に

開く コメント(0)

 今日大晦日も 朝から最後まで何寺回れるか分かりませんが 一生懸命打たせて頂きます

 やはり予約してたホテルの場所と 打つ予定だったお寺と離れてるため 朝から大移動です
イメージ 1
 先ずは高知の28番札所「大日寺」から打たせて頂きます

イメージ 2
 ここは32番札所「禅師峰寺」で 桂浜のすぐ近くです 取り敢えず順調に打ってます

イメージ 3
 桂浜の看板です 幸い僕らは有名な名所は殆ど訪れたので 今回はお遍路だけに集中です

イメージ 4
 順番に打ちながら ここは35番札所「清瀧寺」の山門です

イメージ 5
 高知市内の殆どを打ち終え ここは宿坊が有る37番札所「岩本寺」です

イメージ 6
 これが宿坊です 実は昨夜の宿はここの筈でしたが 全く届かずキャンセルさせて頂きました

イメージ 7
 足摺岬に有る38番札所「金剛福寺」です 何度か訪れてますが 参拝は始めてです 

イメージ 8
 中に入ると大きな「大師亀」が迎えてくれます 普通の観光時とは少し気持ちが違いますね

イメージ 9
 愛媛に入りましてここは42番札所「佛木寺」横の長寿水と言うお店でうどんを頂きました

イメージ 10
 さて、ここから2ヶ所44番札所「大寳寺」と45番札所「岩屋寺」が待ってます
ここは大寳寺に行く山道です 大寳寺は車が大変でした・・「雪と狭い道で」

イメージ 11
 ここ、岩屋寺は人間が大変だったんです 何か気になる看板を横目に見ながら進みむと

イメージ 12
 あの看板の意味が分かって来ました 急な坂道と階段が永遠と続いてます

イメージ 13
 数十分登り やっと境内が見えて来ました 岩山に立派な寺社がくっついてます 大迫力!

イメージ 14
 上まで辿り着いて驚いた!お寺が岩の中にめり込んでます 横には大きく立派な宿坊も・・
何処からか車では上がって来れるとは思いますが よくぞこんな場所にこれだけにのものを
建てただけでも感動物です 人間って本当に凄いと思います 当時は重機も無かったろうにね

イメージ 15
 さあ、登山?を終えて一旦松山まで走り 年越しの宿「湯快リゾート道後彩朝楽」へ
夕食会場で餅つきのパフォーマンスをして頂き 年末年始の気分を盛り上げてくれました

イメージ 16
 今年最後の晩餐に つきたてお餅と年越しそばをしっかり頂きました 明日も夜明け前に
起きて元旦からお遍路をこなします ここで言うのも何ですが 良いお年をお迎えください

この記事に

開く コメント(0)

 2019年1月1日 平成最後のお正月を道後温泉で迎えます 道後では2度めですね

 お遍路の期間は毎朝6時前に起床します 勿論冬なので真っ暗です
イメージ 1
 朝TVで「空からのダイヤモンド富士」が・・良いねー

イメージ 2
 湯快リゾート道後の朝食です 湯快リゾートは気が楽で大好きです 予約が難しいですが

イメージ 3
 ホテルから近いので「伊佐爾波神社」に初詣に来ました 朝早い時間で混んでなかったですよ

イメージ 4
 湯快リゾート道後 彩朝楽」さんをもう一度南に向かって出発します

イメージ 5
 平成31年 最初のお寺は46番札所「浄瑠璃寺」です

イメージ 6
 亀の手洗い水が凍ってます いくら四国でもこの時期は流石に寒いですねー

イメージ 7
 番号通り順調に打って行きます ここは48番札所「西琳寺」です

イメージ 8
 八十八ヶ所の中でここだけが 道より低い場所に有ると聞きました

イメージ 9
 ここが今回の中で一番賑やかだった(1日という事も有りますが)松山市内のお寺
51番札所「石手寺」です 人も露店も一杯で お正月気分が一気に盛り上がります

イメージ 10
 参拝者がズラッと並んでますが 遍路さんは一般参拝の方々の列に着かなくても良く
横から真っ直ぐお参りに行っても構わないそうです でわ、失礼致します

イメージ 11
 何らかのご利益が有るみたいですが 分からないまま写真だけ撮っちゃいました

イメージ 12
 露天商が並んでるだけでテンションが上がるのは 僕だけかなぁー・・楽しいですが。

イメージ 13
 「お接待」から生まれた名物「おやき」を頂きましょう 露店では長い順番待ちですが
お店に入ると余裕で頂けそうです 昼食も兼ねてうどんも一緒に頂きましょう

イメージ 14
 「おやき」と抹茶とコーヒーセット 二人だから二種類の味が楽しめます おやきとは
中に柔らかいあんこが入って 薄い皮で包んだお饅頭を薄く伸ばして 表面を焼いた物です

イメージ 15
 何と!車で走ってるとTVでさっき頂いた「おやき」を取り上げてます 偶然ですが
ビックリとチョット嬉しい・・二人で「さっき食ったもんねー」って・・・笑

イメージ 16
 今夜はもう一度松山に戻り「ドーミーイン松山」にお世話に成ります
明日から後半に入りますが 予約を入れたホテルは予定がことごとくずれて 松山以外は
殆どキャンセルに成ってしまいました ホテルの方々 本当に申し訳ありませんでした

この記事に

開く コメント(0)

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事