バイク屋のツーリングは少し贅沢に・・・。

日本に生まれて良かった!と思う今日この頃。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 夏の日帰りツーは まだまだ未知の道が残る能登半島の山中を走ります

 昼食のために寄った 超有名な「見附島」通称「軍艦島」の(見附茶屋)さんです
イメージ 1
 丁度お昼時でお席は一杯でしたが 皆さん行儀良く並んで頂きこの笑顔です 最高です
イメージ 2
 うまい具合に大きなテーブルが空き みんなで着座し「いっただまーす}
イメージ 3
 ???約4人少ないようですが??ま、良いかぁ 改めて 頂きます!
イメージ 4
 さすがに有名所 いつ来ても綺麗で心和む場所です やはり能登は海が良いのでしょうか

 美味しい昼食を済ませ 後半戦に入ってR249から県道40号を走ります
県道40号を走破し 県道6号を乗り継ぎ 県道26号を県道57号(珠洲道路)の桜峠に向かう途中でした
イメージ 5
 一台がカーブ入り口で転倒です 地元だからと言う安心感かどうかは分かりませんが コーナーに入る前に転けてます と言うことはもしかして考え事か よそ見運転か?先にお伝えしますがご本人の怪我は 一番有りがちな右鎖骨と肋骨の骨折でした ご本人は当日は勿論 今日もお電話ではお元気でしたのでご安心下さい
取りあえず救急車を呼び 到着までの間にご本人には数人付き添って頂き、僕はバイクが動くように応急手当
イメージ 6
 救急車到着です 何と10分位で到着したと思います 早かったです
イメージ 7
 右肩が上がらないと言うことで 肩と肘を簡単に固定します やはりプロの方々の仕事は安心です
イメージ 8
 担架に乗り 救急車で宇出の病院まで運びます 画は痛々しいですがご本人は笑顔でした 先ずは一安心です
それでは救急隊の方々後は 「よろしくお願いします」

 残ったのはバイクと警察による現場検証です
イメージ 9
 最初に来られたお巡りさんに結構説明したのに 新しいお巡りさんが来るともう一度・・・んで 此で終わりかと思いきや 交通課のお巡りさんが後で来るので もう少し待てとの事 何で・・・しょうがないので3回目の説明です スピードは普通に40/h位で一列に走っていました・・云々
イメージ 10
 人間とバイクが一人一台なので 取りあえずバイクは派出所に置かせて頂く事に成り 僕が運転して派出所まで行き パトカーで現場まで送ってきて頂きました お手数お書け致しました
イメージ 11
 バイクを派出所において 帰ってきた所です 決して連行された画では有りません 誤解の無いように

 トラブルで時間が押してたので 里山海道で真っ直ぐ変えることにします
イメージ 12
 最後の休憩で「別所岳PA」に寄り みんなで気をつけて帰りましょう とここで解散です

 いや〜っ 暑かった事も有りますが バイクに転倒は付きものだとは言いますが 僕らのツーリングでは非常に珍しく 救急車の要請は皆無に等しいです これから先も皆様の交通安全を祈ります 又お客様全員無事で楽しいツーリングを出来ることを 自分にも言い聞かせ 良い思い出を重ねて行きましょう 

開く コメント(0)

 さて、今回の日帰りツーは 「能登の山」 です

 さすがに9:00にも成ると温度が上がり暑いので 事務所で簡単なミーティングです
イメージ 1
 今日は懐かしい顔のお客様が参加してくれました 全部で21台 21人で走ります
イメージ 2
 20台位に成ると 充分大きな団体に成りますね 信号が青になりスタートしても 感化無の短い信号だと全員が通れない事もしばしば 50台以上の時はどうしてたのか?自分でも不思議です(笑)
イメージ 3
 里山海道で「徳田大津IC」まで乗り、大津の交差点に出来たファミマで数人の方と合流です
イメージ 4
 途中で離脱する方々も 今なら全員それって「イエーッッ」

 先ず最初の立ち寄りは(JAのとワイン)さんです
イメージ 5
 正直 試飲をしたくてたまらなかったのですが・・バイクと言うことでジュースで・が・ま・ん・です
イメージ 6
 駐車場にこれだけバイクを並べて ワインの試飲はやはり無理でしょう(笑 笑 楽)

 僕もですが お客様も地元の方が殆どなのに やはり能登の山中まではご存じ無い様子です
イメージ 7
 皆さん中途半端にメインのルートは知ってるので 簡単な地図を片手仁言いたい放題で楽しんでます

 ここだけがアスファルトの無い所です
イメージ 8
 ここは(双子山牧場)と言い 入り口のカンバンに(感動のソフト)と言う文字が!此は寄るべし!
イメージ 9
 此が有名な?感動のソフトだ!! 20個の注文におばちゃん嬉しそうに大あわて?でした
イメージ 10
 ソフト片手に最高の笑顔! この方と走るのは20年ぶり以上です 懐かしいのと嬉しいので感動です
又いつでも出てきて下さいね、お互い歳を食いましたが 現役でライダーで居てくれた事が何より嬉しいです
イメージ 11
 このソフトの元を生み出す 乳牛さんたちも居ました ここの子達はお客様をちゃんと相手にしてくれますよ

 ここは双子山牧場からすぐの所にある 結構有名なジェラートのお店(マルガージェラート)さん
イメージ 12
 ソフトの後に直ぐにジェラートか!と言われましたが 何だかんだ皆さん美味しそうに食してました(笑)

 お昼は予定してたレストランが一杯で 急遽海に出て「見附島」の(見附茶屋)で食事です
イメージ 13
 何だか凄く高価なお店に入ったような感覚に成ります 1800円・・ラーメンは・・・
イメージ 14
 でも良いじゃ無いですか せっかくのツーリングです プチ贅沢をば・・

 もう少し続きますが やっぱりアクシデントは有るものですね〜 次項をお楽しみに

開く コメント(0)

 何日も前から楽しみにしてた諏訪湖の花火大会で 花火より綺麗な稲妻を見てきました

 雨と風がますます酷くなり ホテルまでの帰り道で見た光景です
イメージ 1
 露天商の屋台数はきっと数百店は出てたと思います しかし全てがこの有様で 缶ジュース等の濡れても良い物は何とか成りますが 焼きそばやお好み焼き等 又は光り物の玩具やたこ焼きお好み焼等の食べ物の屋台などは完全にお手上げ状態、商品を雨から守る前に 風で屋台が飛ばないように必死に押さえるのがやっとと言った有様です 皆さん殆ど諦めて「成るようになれ」の心境だと思いますねぇ
イメージ 2
 良く見えない写真ですが 風で傘などが飛び交い 雨の濁流でゴミがドンドン流されて行きます
イメージ 3
 簡単に写真で映る大きな雨粒です カッパの中もしっかりびしょ濡れなのは間違いないでしょう
イメージ 4
 足下は完全に川の流れの様です 嫁さんが「安物のサンダルは濡れるとバラバラに成るかもぉ」だって
イメージ 5
 何とかホテルに帰って来ました、んん?何なんだこの人たちは、単純に雨宿りの方々でした ロビーに入ってもう一回ビックリ ロビーにも一般の方々がギッシリで 床は雨だれで凄いことに成ってます 僕ら二人は部屋を取って有りから良いけど このまま車で帰るとしたら・・考えるだけでゾッとします 片手で絞れるくらいに濡れた服を着たまま車に乗り、何時間も動かない渋滞の中 眠気と濡れた気持ち悪さと 車のシートがどうなるかを考えると・・可愛そうです ましてや浴衣の方々は尚きついかもです(ガンバれ〜っ)
イメージ 6
 部屋から撮した画です テールランプもヘッドライトも 一時間経っても全く動きません・・・外の皆さんには申し訳ないですが 僕らはお風呂を頂きま〜す(正直夏の温泉に入って「暖っかい〜」と感じたのは初めてです

 今日、金曜日は店長にお休みを頂いてるので ゆっくり御岳経由で帰ります
イメージ 7
 昨日の事などすっかり忘れ?今日は純粋にドライブで 一回は食してみたかった「カレーローメン」を目当てに伊那に有る(印度屋)さんを目指しました ここが印度屋さんです
イメージ 8
 下から二番目に書いてる「カレーローメンを下さい」と迷わずに注文! しかし、ついてない事は重なる?物で「申し訳ありません ローメンの面が切れてしまい 今日は売り切れに成ります」って・・・悲しい
イメージ 9
 しかたが無いので普通の食事(ツインカレーとサラダうどん?)を頂き デザートに取った(ホットバナナアイス)が妙に生暖かいアイスクリーム?見たいな感じで 奇妙に美味しい食べ物でした

 御岳は外から眺めると富士山に匹敵するくらい(僕に取って)格好良い山です 上ると見えませんが・・
イメージ 10
 ここは御岳ロープウエイの乗り口です 初めて御岳に登ります
イメージ 11
 改札口の手前に広がるフラワーガーデンです 綺麗ですねぇ
イメージ 12
 ロープウエイの長さは 2勸幣緲り 冬はスキーヤーが一杯乗るんでしょうねぇ(僕は夏で良いです)
イメージ 13
 頂上です 温度はしっかり低く 23度でした

 帰り道で遭遇した大きな動物です 何だろうと思いゆっくり近づいて見ます
イメージ 14
 ゆっくり近づいたのですが やはり警戒されてますよねぇ
イメージ 15
 これはどう見ても猪さんです {何か用かい?)みたいに睨まれました でも綺麗な猪でしたよ

 何とか富山まで帰り 桜ヶ池SAで温泉に入り ココスで夕食を頂いて帰ります
イメージ 16
 最近よくココスで夕食します ま、ゆっくり出来るのはやはりファミレスでして 結構好きです

 今回は仕事はほんの少しで メインの4万発の花火もほんの2千発?位で終わり ローメンも食えず終い::
少し寂しく感じるかと思ってましたが それどころかこんな花火と迫力満点の稲妻を 完全に濡れながら直説目にする事は二度と無いだろうと 逆に感激さえすれ 寂しい気持ちは全く無かったです 良い休日でした

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事