ここから本文です
Captain_Crashの音楽日記
ブログ始めました!
おはようございます。

今日は朝からB.B.キングのヴィンテージ・イヤーズBOXのディスク1を聴いて、今ECのブートレッグを聴き始めました。
B.B.のCDから紹介すると、ヴィンテージ・イヤーズはB.B.の4CDボックスでディスク1は単純にヒット曲を集めた構成になっています。
ディスク2〜4はさらに時代区分に分けて、詳しく音源を集めた内容です。

B.B.キングは好きですが、まったく詳しくないのでこの辺でEC(もちろんエリック・クラプトンのことです)に話題をうつします。

下の画像は拙著宅で撮影したブートレッグCDの写真です。
インターネットを探しましたが、適当な画像が見当たらなかったため自らのカメラでCDジャケットを収めました。

今回ご紹介するECのブートレッグですが、シカゴはイリノイ州でのピルグリム・ツアーの模様をサウンドボード・レコーディングで「ほぼ」完全に収録したものです。
正確な場所と日付はシカゴ、ユナイテッド・センターでの1998年4月9日のライヴです。
音質は極上のサウンドボードで、EC is HERE(ブート・レーベル)の説明によれば24BIT MASTERINGされているとのこと。

1998年ということで大分落ち着いた雰囲気のコンサートです。
ピルグリムというアルバムの趣やアンプラグド、そしてフロム・ザ・クレイドルの大ヒットの影響なのでしょうか。
2001年ころのレプタイルのワールド・ツアーになると、またECのコンサートは雰囲気を変えることになります。

最後に、今後のブログ運営についてですが、自分としてはここで終えるつもりはないです。
しかし、がんばって続けようとも思っていないのも確かなところです。
とりあえず、今日はこの記事を投稿して締めくくろうと思います。

では、また。
Captain_Crashでした。



イメージ 1

こんにちは!
2017年ももう3月が終わりますね。
私の誕生月は3月なのですが、今回ご紹介するCDは今年の誕プレです。
誰からの誕生日プレゼントなのか?
すみません、自分から自分へのプレゼントです…。

そんなことはさておき、本題のCDへ。
ボブ・ディランの(2007年時点での)ベストコンピレーション盤の『DYLAN』(CD3枚組)です。
3枚組の内わけですが、おおまかにDisc1が60年代、Disc2が70年代、Disc3が80〜00年代までとなっています。
これ、Disc3がなかなかいいんですよ。
ライナーの解説で菅野ヘッケルさんが述べてるようにボブ・ディランは90年代後半からもう1度黄金期を迎えています。
ボブ・ディランは昨年ノーベル賞も受賞しましたし、いまだ黄金期は収束していません。
ボブ・ディランの80年代以降のベストアルバムというと『グレーテスト・ヒッツ第3集』くらいしか思いつかないのですが、このコンピレーションのDisc3はそれにとってかわる最新ベスト盤と言っても過言ではないでしょう。
もちろんDisc1もDisc2も、ファン投票で選曲されただけあって申し分のない出来です。

イメージ 1

PS. 最近、ウォークマンで聴いてるアルバムは『ポール・マッカートニー・ライブ・ハイライツ!!』ですね。
このアルバムの「サージェント・ペパーズ」がすごくテンション高くて、仕事に行く前にひとり電車で盛り上げています。

イメージ 2

明けましておめでとうございます。
本年もCaptain_Crashをよろしくお願いします。

さて、今日は2017年1月1日に購入したアルバムからです。
Jeff Beckのラウド・ヘイラー(輸入盤)をついに手に入れました。

イメージ 1

なぜ国内盤購入派の私が、今回は輸入盤を買ったか。
それは1月下旬のジェフさん来日に合わせて国内スペシャルエディションが発売されることが決まっているからです。
内容の方は、ジェフがまた新境地を拓いた感じです。
デジタルロック3部作とはまた違って、前作である「Emotion & Commotion」に近い感じですね。
ほぼ全編に渡って、女性ボーカルが入っています。
ギターソロは多めで、ギターロックって感じです。

PS. 今日は年末にできなかった大掃除をしていて、左腕の筋肉がぱんぱんになっています。
でも、こういう大掃除って引っ越しのときか年末年始にしかできないので部屋が綺麗になって気持ちがいいです。
それでは今年もよろしくお願いします〜。
ではでは^^
こんにちは。
最近は仕事で肉体をつかっているので腕と足の筋肉がガチガチです。

今日ご紹介するのはBlind Faithの「スーパージャイアンツ」のデラックス盤です。
このエディションは長らく廃盤なので、新品を手に入れるのに苦労しました。
2013年にやっと新品で入手できた思い出の1枚です。
自宅に届くまで、わくわくどきどきしたなー。

でもって、Disc2のジャムディスクはあまり聴かないです。(汗)
Disc1にも未発表トラックがたくさん入っておりますので大丈夫ですよ。
ボーナストラックの中でも一番の目玉はCan't Find My Way Homeのエレクトリック・ヴァージョンではないでしょうか。
レコードコレクターズ2008年6月号で青山陽一さんが丁寧に全曲を解説してくれています。
よろしかったら、そちらも。

イメージ 1

PS. 通勤にかかる電車時間が延びたものだから色々CDをウォークマンに取り込んでいます。
以前はベスト盤やライヴアルバムをメインで聴いてましたが、最近はアルバム1枚をウォークマンでじっくり聴いてみよう、そんなことを考えています。
ではでは。
お相手はCaptain_Crashでした。
こんばんは。
Captain_Crashです。

今回はアルバム紹介でなく、ただの音楽話です。
お付き合いください〜。

イメージ 1

ジェフ・ベックの日本公演の東北会場のチケットが一般発売されました。
仙台はサンプラザホールが会場なのですが、見事1階席をGET!しました。
しかし、今回のジェフ・ベックの新譜(←まだ買ってないです)は女性グループとの共演アルバムという話をレココレで読みました。
ボーカル曲も多数収録してるし、あれ?インストじゃないの。
というのが正直な気持ちです。

イメージ 2

長年ロックファンをしていますが、ジェフ・ベックのLIVEに行くのは今回が初めてなのです。
弾きまくりのジェフを期待していたのですが少し残念です。(汗)
行くからには楽しんできますよ!

レココレ12月号はジェフ・ベックを扱うらしいです。
レココレ12月号読んで、ラウド・ヘイラー購入して11月は忙しくなるぞ〜(笑)

PS. スマホにコメント通知が届かなくなるという不具合に遭遇しました。
シゲさん、コメントに気付かなくて申し訳ありませんでした。
今度からはPCの方でも確認しますので宜しくお願いします。
では、また!

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事