ここから本文です
Captain_Crashの音楽日記
ブログ始めました!

書庫全体表示

こんばんは。
今日はビートルズの代表アルバム「ヘルプ!4人はアイドル」をご紹介します。
ビートルズの代表アルバムと書きましたが、ビートルズの場合オリジナルのうち半分くらいのアルバムは代表作として扱われているのではないでしょうか。
私もよく分からないまま「代表アルバム」なんて書いてしまいました。
そのくらいビートルズというバンドは特別なんです。
何から何まで特別。

私から見るとビートルズというバンドにはBLUESの要素はほとんどありません。
ジョン・レノンもポール・マッカートニーもリンゴ・スターもあまりBLUESを感じさせる音楽性は感じられません。
ただジョン・レノンの場合、バンドのギタリストにエリック・クラプトンを起用していること、そしてジョージ・ハリスンの音楽性は例外かもしれません。
そんなBLUESにこだわりのある私でもビートルズは特別なのです。
とても不思議なバンドです。
ここまで説明のつかないバンドもビートルズだけですね。

さて、本題である「ヘルプ!4人はアイドル」に話題をうつします。
まずアルバムタイトル曲となったジョン・レノンの「HELP!」ですが、彼のアイドルという枠に規定される苦しみを歌った曲なんですね。
皮肉なことにこの曲のアレンジは「アイドル」そのものです。
この曲自体がジョン・レノンをアイドルとして神格化させたものとなってしまったんですね。
もし、ジョンが生きていたら「HELP!」を渋いアレンジで演奏してくれていたでしょうか。

それから私のお気に入りのビートル、ジョージ・ハリスンの曲が2曲も取り上げられているんですね。
まだまだ後年のジョージらしさはないですが、それでもレノン=マッカートニーとは違った味わいの曲をアルバムに提供しています。

「涙の乗車券」。
なんでしょう、この曲は。
異常なまでのポテンシャルを感じます。
このような曲をジョン・レノン以外の誰が作れるでしょうか。
これぞ世紀の名曲でしょう。
私はこの曲のポテンシャルに畏敬の念を感じます。

あとは「イエスタデイ」。
ふれないわけにはいかない名曲です。


イメージ 1

PS.いよいよ、明日はボブ・ディランの仙台公演になります。
じつは私、参戦いたします。
ボブ・ディランの近年のブートレグは所有してないのでYouTubeでコンサートの予習をしました。
もう飽きるほどボブ・ディランのライブ音源聴いちゃったりしています。
まさかボブ・ディランを仙台で観られるとは思っていなかったので、とても楽しみです。

イメージ 2

見張り塔からずっと…

(なんだそりゃ!)
では、またお会いしましょう。
ジョージ大好きCaptain_Crashでした。

  • お久しぶりです!
    ビートルズのメンバーではクラプトン好きということも
    あってジョージが一番好きですね。
    このアルバムでも「I NEED YOU」とか名曲だと思います。
    ディランのLIVEも楽しみですね。
    こちらは来週いよいよクラプトン武道館です!

    シゲ

    2016/4/9(土) 午前 10:36

  • お久しぶりですm(__)m
    クラプトンの東京公演、来週なんですね。
    私は結局クラプトンは見送りました(泣)
    ジョージというと解散後、一番ディランと関わりがありましたよね。
    先日、図書館でジョージの『ライヴ・イン・ジャパン』を借りてきました。
    CDを再生して最初のギターの一音で「クラプトンだ!」と胸が高鳴りました。

    最近のコンサートは始まる時刻が早くていいですね。
    ボブ・ディランの仙台公演は17時30分開演です。
    ディランのライブは2010年以来の参戦。
    ライブ音源を聴く限り、シナトラのカバーを出してからライブの雰囲気が変わりました。
    今回はホールツアーですので、まったりしながら楽しんできますね(^_^)/

    Captain_Crash

    2016/4/9(土) 午後 0:08

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事