全体表示

[ リスト ]

ケアレスミス

今回は失敗の話です。

私たちの行なっているリフォームのなかで
マンションをリフォームして、きれいにしてから売りに出すために
リフォームのご依頼をいただくというケースがあります。
当然、リフォームしている時点ではどのような方が入居されるのかはわかりません。

売却が決まり、先日その部屋に新しいお客様が入居されましたが
まもなくその方より、電話が通じないというクレームの連絡をいただきました。

担当者がかけつけて調べたところ
原因はテレホンモジュラジャック(電話用のケーブル差込口)への結線ミスでした。

実は、将来的に電話回線を増設する可能性を見込んで
予備にもう1回線分のケーブルを通しておいたのですが
端子への接続の際に間違えて、予備の線の方を接続してしまうというケアレスミスでした。

担当者に、完了検査をしなかったのかと問いただしたところ
電気・ガス・水道はテスト開栓をしてチェックできるが
電話は番号が決まっていないので、チェックできなかったとのことでした。

だとすると、このリフォームのケースでは
今後も同様のトラブルが発生する可能性があるわけで
社内で早急に対策を考えなければなりませんが
最終チェックができないとすると、ちょっと頭の痛い問題です。
どなたかよい方法を知っていたら教えていただけるとありがたいです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事