全体表示

[ リスト ]

隠ぺい部の怖さ

今回はちょっと怖い、隠ぺい部の水漏れに係わるお話です。
 
中古マンションを購入したお客様より、入居前のリフォーム工事の発注をいただきました。
 
洗面化粧台を交換するため、固定しているネジをぬいて、古い化粧台を撤去してからしばらくすると
洗面所の床面に水がしみ出ているので、驚いてまわりを点検したのですが、
見える範囲での異常は見つかりません。
 
それでも水の出は止まる様子がないので、洗面所の壁を破いたら
壁中を立ち上がっている給水管に穴が見つかり、そこから水が噴出していました。
 
原因は、前の工事業者さんが洗面化粧台を固定するために打ったネジが下地をはずれて
給水管にささっていたことでした。
ネジを抜いたため、栓が抜けた状態になって、その穴から水が噴出したのです。
 
なぜいままで漏水が起こらなかったのかが不思議ですが
給水管が樹脂製の管であったことや、職人さんが下地をはずれてネジを止めたことに気がつかないくらい
しっかりとネジが入っていた状態だったため、幸いにも水がでてこなかったようです。
 
しかし、もし何かの具合でネジがゆるんだり、腐食したりしていたら
階下への水漏れが発生していたかもしれません。
 
社内の会議で、現場の担当者よりこの事例の報告があり
それを聞いた私たちは、改めて隠ぺい部の怖さを実感しました。
 
最終的には、化粧台を取付けた職人さんの施工ミスということになるのかも知れませんが
すべてこの職人さんの落度だとするのはちょっと気の毒に思えます。
 
なぜなら、リフォームでは、壁中や床下の配管がどのようになっているのかわからないことも多く
(リフォームでは、以前に別の業者が工事を手がけた部分に後から手を加えるケースがほとんどです。)
また今回のように、下地をはずれて水道管にあたったネジ締めの感触も
電動のドライバーによる締付けでは、感じとれない可能性が高いからです。
 
そうすると、今回と同じことが弊社の現場で発生してしまうことも考えられるわけです。
そんな事態になっては困るので、未然に防ぐにはどうしたらよいのか対応策を検討しました。
 
相手が目に見えない部分ゆえ、発生し得る事故の可能性については
小さなことでも、ひとつづつ確実につぶしていくことが大切です。
この積み重ねが会社の財産になっていくと思います。
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事