■雪と海の、ロマンス ■

大西洋航路の船長航海記を経て、現在は東京を拠点に港と船をめぐる毎日です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

友人と二人のスキー。

お互い家族を置いて滑りに来ているが、ゆえに日曜、最終日は長くは滑れない。
しかし、7時半のゴンドラ開始に一番で乗り、12時まで休まず滑った。ほとんど一日滑ったような疲労感と滑走量だ。
40前の中年の行動とは思えないような、まるで体育会の合宿だが、わたしたちは満足だった。

わたしは今回、目線を平行に維持することに気をつけ、やや極端に外脚方向に首をかしげるよう滑っていい感じを得た。
かなり前半から圧があり、板が回ってくる感じがある。
うそのようだが、目線の矯正だけで、ターン前半内足が使えるような感じもある。

わたしは、本当はここまでで45〜50日滑っている筈だったのに、予期せぬ異動が入って計画が崩れてしまった。
しかし、それでも与えられた状況で滑走日数を捻出するだけだ。

二人ともそれなりに充実感のあるスキーになった。


写真
上■八方のパノラマゲレンデにて。ふもとの街に飛び込むように滑る。
中■左右のバランスはだいぶ良くなった。右ターンの内脚が依然課題。腕はもう少しおろそうと思う。
下■帰りに蕎麦屋の駐車場から八方尾根と三山を振り返る。

閉じる コメント(2)

アバター

スキーを平行にして滑っただけで天地がひっくりかえる私にとって
こんなに上手に滑れるっ☆キャプテン は神のように見えます〜♪

2009/3/13(金) 午前 10:41 あおい

顔アイコン

あおいさん、
それが・・・最近は自分の滑りが本当に情けない下手くそだと思う今日この頃です。

2009/3/14(土) 午後 8:10 とんでもねぇ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事