ここから本文です
カピバラ動物園
カピバラ露天風呂終了してもカピバラは見所いっぱい!動物園&水族館へGO!

書庫全体表示

イメージ 1

10月3・4・(5)日

2泊3日で長崎バイオパークのカピバラに会いに行きました。3日間連続でカピバラ達と一緒に過ごし至福の時を過ごそうと計画していたのですが・・・今回の旅で初の経験をしてしまいました。

それは、帰る日に台風が(18号)直撃!前日の夕方、天気予報は最悪、強い勢力を保ちながら長崎県に上陸する予定。私の住む東京では、台風というと、勢力が落ちかけだったり熱帯低気圧寸前のものが多いので少し「台風」を気軽に考えていたのですが前日夕方、バイオパーク内では各所で台風対策、看板や椅子・ガチャガチャは避難したり飛ばされない様に倒されたり、紐で結わかれたりと普段、見たことのない人数のスタッフがワラワラと対策準備をしているのを見て、これは只事では無いと焦る・・・私。

帰る日なので飛行機が飛ぶのか?不安、ネットで調べると無料で便変更が出来るとの事、飛ぶ気あまりなさそう?ヤバい。極めつけは、バイオパークが終日臨時休園!と今まで何百日も滞在しているのに体験したことの無いハプニング。目的を旅先で突然失うと、何処に行ってよいやら、時間を潰せば良いやらで、困るものです。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/50/69132350/img_3_m?1475886271

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/50/69132350/img_4_m?1475886271

結果として2日間の滞在になってしまったバイオパーク。

カピバラは、ふれあいの出来る大放飼場に仔カピバラ5頭を含め18頭。バク前三角放飼場にはキン、トイレ前放飼場にはトク、隣接する隔離放飼場にはゴエモン。また同居している動物達は、フサオマキザル達が島に6頭。

そして強烈に増えました水鳥達、白鳥1羽とアヒル達が26羽!アヒル達とは餌の時間やカピバラがお昼寝時間には真横にいる場合もありますが、10羽程度で群れで行動する鳥達は、近づく事はなく、単独で行動しているアヒルなどは近くに寄る事が多いです。残念ながら私は見れませんでしたが、時にはカピバラの背中を突いて、カピバラの毛がぼわっとなる事もあったとか。

放飼場、池には右を見ても左を見てもカピバラと鳥達でいっぱい、以前にも増して飽きない楽しい賑やかな放飼場となりました。10月だというのに、じめじめした暑さの中、カピバラ達はひとしきりお客様に笹を貰い満足すると池の中にダイブ!泳ぎまくった後は池中央にある島に上陸して雑草を食べたり昼寝したりと気ままな生活です。

ふれあい動物は、休憩時間が無いとストレスが貯まると言われ、ハムスターのふれあいなどは3チームぐらいを交互に出すと聞きますがカピバラ達も自分達の意思で休憩時間を設定している様です。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/50/69132350/img_0_m?1475886271

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/50/69132350/img_1_m?1475886271

ちなみに、最終日は佐世保駅前に宿泊していので、森きらら(動物園)と海きらら(水族館)を訪ね以前から行きたかったハウステンボスと空港の間の川棚町にある「しおさい湯」に浸かる。バイオパークやハウステンボスの周りには数々の温泉があるのだが、地元人が通う気軽な温泉なんだとか。大人500円小人300円とリーズナブルな上、海を眺めながら露天・室内温泉を楽しめるほか格安で食事や喫茶が楽しめるとあって、地元の人が沢山!飛行機の時間調整が必要な方にはオススメですよ。

余談ですが、森きららの中にある食堂のカレーうどん!絶品でした。


長崎バイオパーク http://www.biopark.co.jp/






カピバラ大好きfacebookでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事