ここから本文です
カピバラ動物園
カピバラ露天風呂終了してもカピバラは見所いっぱい!動物園&水族館へGO!

書庫全体表示

記事検索
検索

全369ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

淡路島にあるイングランドの丘のカピバラに会いに行きました。

前回は本州側からレンタカーで行ったので遠く感じましたが、徳島側から高速で行くと直ぐなんですね、あっさり到着。イングランドの丘は、動物のメインはコアラ!国内で天王寺動物園とここの二箇所しか飼育されていない南方系。食べ物が美味しかったり、農産物を収穫体験出来たりと色々と楽しめるファミリー向けパーク。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_4_m?1500704381

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_1_m?1500704381

お目当てのカピバラの名前は、「なっつ」。

生まれが千葉県の市川市動植物園、なんか生まれた頃を見たことがあると気になってしまう。体長は、約1.2m、とっても綺麗な毛並みで少し長め、可愛い顔、足取りもしっかりとしている。何時もは、ウサギと同居しているのだけれど、暑さ対策で10月上旬まで、ウサギは室内展示になり、カピバラは一人ぼっち、独身。

それでもマイペース、食事の時間でも取られる相手がいないので、食べてはフラフラ、そして又食べるという感じ。放飼場の配置、構造は前回来た時と変わらず、木がそびえ立ち日陰にしてくれ、池やログハウス風の飼育小屋もあるので暑さ対策も、ばっちりである。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_2_m?1500704381

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_3_m?1500704381

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_5_m?1500704381


カピバラが一番の目的だけど・・・

前回来た時に、美味しかったハンバーガー「島バーガー」東京に帰りもう一度食べたいと思っていたので・・・。これも、楽しみのひとつ、ついつい食す、やっばりウマイ♪

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_6_m?1500704381



(7.18)

イングランドの丘 http://www.england-hill.com/





カピバラ大好きfacebookでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

イメージ 1

カピバラの放飼場が7/11に、リニューアルされた上野動物園のカピバラに会いに行きました。以前は西園のこども動物園の奥・屋外に展示されていましが、さぁ何処に移ったのか?どんな施設なのか楽しみです。

カピバラのいる動物を、これまで約100箇所以上訪ねましたが、施設・建物はとっても大事。複数頭飼育していても、見えなかった・つまらない場合もありますし、逆に1頭であっても何時間も観察・滞在出来る動物園もあります。人気のふれあいも、ふれあい出来るから楽しい(人気となる)と単純に訳でなく、これが不思議なものです。脱線しましたが・・・。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/89/69516789/img_0_m?1500253591

今まで約2年間閉鎖していました、西園出口専門ゲートがリニューアルされて通常の出入り両方可能なゲートになりました。道を挟んで直ぐの場所には京成の駐車場もあり、少し進めば下町風俗資料館や上野松坂屋がある繁華街に近い場所です。何よりカピバラがいる場所に一番近いゲートとなりました。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/89/69516789/img_1_m?1500253591

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/89/69516789/img_2_m?1500253591


カピバラが展示飼育されているのは、西園・弁天池の近くの「子ども動物園 すてっぷ」の中です。すてっぷは、立派な建物の屋内施設と屋外展示に分かれていますが、カピバラは屋外。放飼場は約7m幅、波打つ様な長方形で最大幅が5mの地面は土に覆われ木々が植わっています。

内には1.8×1.8mのログハウスの様な小屋があり中を覗くと大きな暖房器具が完備。その横には、コンクリートの池が、カピバラがごろーんと寝転んでも余裕がある大きさです。放飼場上は網で覆われています、この時期、暑さ対策に上からミストも噴射され快適。

お客様との間には片面は全ガラス、逆面は壁になっていますが一部が窓になっており覗き見の様に観察可能です。ちなみにカピバラの放飼場に面して人間用のトイレがあります。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/89/69516789/img_3_m?1500253591

この日は、午前中の暑い時間に会いに行ったこともあり、池に少し入ったり木陰で昼寝をしたりと、まったり。毛並みも良く、足取りも通常、しばらくご無沙汰だったので元気で良かったです。



(7.14)





カピバラ大好きfacebookでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

イメージ 1

地形を活かし緑が豊富な動物園、一周するのに一時間は必要な敷地。丘の上から下りが多い道を散歩する感覚で点在いる動物達や植物を観察する。ちなみに帰路の登りが辛い方には園内を周遊している無料「坂道シャトルカー」という乗合ワゴン車もある。大型動物のアジアゾウやキリンやサイ、小型ではカナダカワウソやケープハイラックスなども人気。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/04/69516204/img_0_m?1500207285

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/04/69516204/img_1_m?1500207285

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/04/69516204/img_2_m?1500207285


カピバラは、順路中間ぐらいの「こどもどうぶつ園」で展示されている。

この場所では、ヤギやブタ・ニホワトリ・ウサギや孔雀などの小型動物を展示・時間によってはふれあいイベントを開催している。ヤギに関しては常に放飼場に放し飼いで何時でもふれあいが可能。この一角にカピバラ放飼場がある。

大きさ約10m×最大5mの細い三日月状で、約半分が池となっている。よま見てみると同居人を発見、カメが数頭わらわらと池や陸地を闊歩している。地面は土状で雑草が生えており、池周りはコンクリート、池の深さはなだらかに深くなるタイプで最深40cm。

池には、木製の橋が架かっており反対側に渡れ、約半畳の木製の飼育小屋も完備されている。放飼場は高さ約90cmのフェンス柵で、一部植木があり近くに寄れない場所があるが、ほとんど周りは柵に寄れるので観察はしやすい。ちょっと面白いのは、ヤギとのふれあいの場所からカピバラを観察する事も出来、柵にもたれていると知らず知らずに真横にヤギがいたりする。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/04/69516204/img_3_m?1500207285

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/04/69516204/img_4_m?1500207285

カピバラの展示は、現在1頭。体調約1mのしっかりとした体格の綺麗なカピバラ。落ち着いた雰囲気で、この日は暑かった事もあり土の上でゴロゴロ寝ておりました。ふれあい、餌あげなどは出来ません。


(7.13)

盛岡市動物公園 http://moriokazoo.org/




カピバラ大好きfacebookでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

イメージ 1

午前中、とんとんの丘 もちぶた館を満喫した後は、道の駅に寄りながら八木山動物公園へ移動。高速を使い約45分の道のり。仙台から八木山動物公園に行くならと調べたら地下鉄が便利そう。動物園の近くに駅があり、コインロッカーもあるので手ぶらで動物園を散策出来る。

園内は、新しい放飼場も多く、動物達と風景を一緒に楽しむ工夫や活動的な姿を近くで観察出来る仕組みが多く近代的。私のおススメは、シロクマ、ゾウ、キリン、サイ、カバ、プレイリー・・・などなど、見所満載で楽しい。アップダウンがあるが、バリアフリーで何処でも移動できるが、初来園だった事もあり道に迷う事、しばしば(笑)。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/10/69514810/img_0_m?1500094477

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/10/69514810/img_4_m?1500094477

カピバラはというと7月1日に新しくオープンした「ふれあいの丘」におります。ふれあいの丘は、近代的な扇形の建物と、その内側な屋外放飼場がありウサギやモルモット・ヤギや羊とふれあいが出来たり、屋内では鳥類の展示や企画展、そしてカピバラも室内です(お客様も建物内なので冷暖房完備)。

幅8m×奥行き4mのコンクリートで床を凹凸を付けた放飼場には、一畳程度の小さな池がありかなりの天井が高い設計で、天井にはヒーターが設置されており、寒い日でも安心の設計。高さ60cmから約2mの高さで、幅8mの完全ガラス越しの見学、音も聞こえない。


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/10/69514810/img_3_m?1500094477

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/10/69514810/img_1_m?1500094477

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/10/69514810/img_6_m?1500094477

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/10/69514810/img_2_m?1500094477

カピバラは、那須どうぶつ王国から移動してきた「ゴマ」と「ノリ」両方共にメス。午後に到着した時には、ゴマしか放飼場にいませんでたが、午前中は2頭一緒にいたとか。ゴマは座っている事が多いものの、落ち着いている様子、カピバラらしさを醸し出しておりました。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/10/69514810/img_5_m?1500094477

この「ふれあいの丘」、建物の裏側の屋外がまだ工事中、重機も物陰に停車中。

工事している場所には、プールの様な横から観察出来る水場や所々にお客様用の手洗い場が既に設置されている。カピバラがいる室内の放飼場には、よく見ると屋外に通じるドアが設置されている!もしかかしたら今後、屋外展示やふれあいイベントも・・・なんて勝手に妄想してしまいましたが、是非そうなって欲しいものです。



(7.12)

仙台市八木山動物公園 https://www.city.sendai.jp/zoo/index.html





カピバラ大好きfacebookでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

イメージ 1

今日(7/14)から9月3日まで期間展示をスタートした相模川ふれあい科学館のカピバラに会いに行きました。

ふれあい科学館は、淡水魚を専門とする水族館で、岐阜のアクアトトと同系列の運営。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/44/69514044/img_6_m?1500031811

住宅地に突如現れる立派な建物の周りは、相模川の水を濾過して池としてあり、今日の様な暑い日は近所の子供だろうか水着で自転車で乗りつけ水遊びを楽しんでいる。また水辺の周りには緑が多くベンチが並び、ファミリーの憩いの場ともなっている。

平日の午後だというのに、館内は親子やカップルのお客様が多くて驚く。私の撮影した写真にはお客様がいないが、違う場所でイベントをしている合間になるべく人が写らない様に撮影したので・・・実は、空いてはいない。

館内は、普通の水族館に比べ地域性に特化し学習的要素が高い展示が印象的、各展示物のキャプションも細かく子供でも分かり易い工夫もされている。連続水槽や両面から観察出来る水槽が並び、スマホなので撮影すれば水の中にいる様な写真になりそうだ。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/44/69514044/img_3_m?1500031811

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/44/69514044/img_4_m?1500031811


さて、お目当てのカピバラは、入場して直ぐの特別企画展「ふれあいまつり」の展示コーナーにいる。

企画展はカピバラの他、ゾウガメ、ニシキヘビ、クワガタ、、オオグソクムシ、ヘラクレスオオカブトなど多種の生き物が展示され、ふれあいが出来るイベントがあったりジンベイザメの皮、ピラルクーの鱗を触れたり、生きた動物が怖い子供や女性にも安心出来る体験もある。冷凍したサメやメンダコに直接ふれあえる体験、これなら安心。

名前の通り「ふれあい祭り」である、、正に「祭り」。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/44/69514044/img_0_m?1500031811

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/44/69514044/img_2_m?1500031811


カピバラはというと・・・

3m×2mぐらいの長方形の展示スペース、3分の1はミニプールがあり、残りは敷き藁がひいてある展示。
約60cmの高さまで板柵で更に上部60cmはガラスで囲まれている。展示スペースのサイズを文字で表記すると小さい感じはするが・・・実はカピバラがまだ小さいので極狭ではない。

カピバラは2頭、体長70cm程度の子供で推定8ヶ月程度の大きさ、とっても綺麗な毛並みで可愛い顔をしている。ふれあいは出来ないものの、展示スペースが奥行きが無い為に、すごく近くで観察や撮影も可能(フラッシュ禁止)。

今日がイベント初日と言う事で、少し警戒しているのか2頭まとまって同じ所に座っている事が多かったが、時折、手を伸ばして寝そべったりと油断しまくりの可愛い姿を見せる時もある。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/44/69514044/img_1_m?1500031811

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/44/69514044/img_5_m?1500031811

11:00と14:00には、限定10組ではあるがカピバラのエサあげ体験が出来る、300円。30分前に整理券を配るのだが、結構な人気なので体験したい方は少し早めに並んだ方が良さそうだ。エサあげは、約1.2mのスチール棒の先にクリップが付けられており、青草が挟んであるもの。

イベント時には体験参加の多くのお客様に囲まれカピバラが緊張して食べないのでは?と思ったが、口の前に草を差し出すとバクバクと食べる、、、大物である。


夏休みの自由研究や体験には、良い場所、館内もそんなに広くないし子供やお年寄りにも疲れない。何より室内施設なので涼しく楽しむ事が出来る。色々体験イベントや飼育係さんによるトークライブなども開催されているのでタイムスケジュールを確認してお出かけください♪



(7.14)

相模川ふれあい科学館 http://sagamigawa-fureai.com/




カピバラ大好きfacebookでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

全369ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事