ここから本文です
カピバラ動物園
カピバラ露天風呂終了してもカピバラは見所いっぱい!動物園&水族館へGO!

書庫全体表示

記事検索
検索

全370ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

動物園は、山口県を代表する観光名所の秋吉(鍾乳)洞にほど近く山口宇部空港や新幹線新山口駅から車で約1時間の場所にありました。さて、秋吉台自然動物公園は動物園と小さな遊園地で構成されています。その動物園は名前の通りメインは大きなサファリ方式。このゾーンにはトラ・ライオン・熊・チーターなどの肉食獣象・シロサイ・バイソン・スイギュウなどの草食獣がのんびりと過ごす姿が車の真横で見る事が出来、私の場合、動物があまりにも近くで驚く一方レンタカーのままで入園したので車体を傷つけられないかハラハラ。もちろん大丈夫だったのですが、ご心配の方は別途1100円でサファリゾーンで動物に餌やり体験が出来るサファリバスに乗車出来ます。

サファリゾーンの終わりには、更に身近で動物達を見る事が出来、種類によってはふれあいが出来たり餌があげられるふれあい広場があります。ふれあい「広場」というと小さいイメージを思い浮かべますが結構の大きさでキリン・ホワイトタイガー・レッサーパンダ・シマウマなどの見学だけの動物やふれあいの出来る象やカンガルー・リスザル・ウサギやモルモットなどなど普通の動物園と変わらない動物展示種類、サファリゾーンに負けないぐらい楽しい場所です。

このふれあい広場、サファリゾーンに入場しなくても大人1000円を払うと入場する事が出来ます。ちなみにサファリゾーンに入園(大人2400円)した方なら無料で入れます。見ているとサファリゾーンに入らずに、小さなお子さんのいるファミリーやふれあいのお好きなお客さんは、このふれあいゾーンのみ入園されている方も多いようです。


カピバラ達はふれあい広場の二箇所にいます。

1つは、キッズサファリの一番奥にあるナマケモノの同居している放飼場。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/37/69589837/img_0_m?1505740654

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/37/69589837/img_1_m?1505740654

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/37/69589837/img_2_m?1505740654

幅約10mの円をスパッと半分にした様な蒲鉾型の放飼場で地面の多くはコンクリートですが一部木の植わっている下には半径2m程の土の部分もあり自然な雰囲気を演出。

小さな幅1m奥行1.3m程度の小さな池は、私の訪問した時は20cm程度しか水が入ってなくトイレの為にある様で、水浴びをする水量ではないものの、満水にすれば50cm位になる様です。

この放飼場に隣接する様に幅9m奥行き12mのふれあい場所があります。カピバラ達は半円形の放飼場と、この場所を自由に行き来が可能で気分次第で遊びに来てくれます。

また、常設のお風呂ユニットを完備、幅3m・奥行き1.2m、高さ90cmの強化プラスチック製の長方形湯船。お客さんからはガラス面があり入浴している水中を観察出来る他、上部は空いているので見る事が可能です。




もうひとつのカピバラ放飼場が、
キッズサファリの入場して直ぐに2017年の春に新設されました。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/37/69589837/img_3_m?1505740654

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/37/69589837/img_4_m?1505740654

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/37/69589837/img_5_m?1505740654

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/37/69589837/img_6_m?1505740654


約18m四方でコンクリートと土面で構成され、施設内には高さ3mはあろう滝、そこから流れる小川などがあり、小さなカピバラ専用の小屋も設置。更にはお客様も入れる大きな10畳ほどの屋根のある場所もあり、その下には大きなベンチも設置されていまかので炎天下や豪雨でも安心してふれあいが楽しめます。

カピバラとふれあいが出来る放飼場が二箇所ある動物園は、稀であり、約50m程度しか離れていないのでお客さんが行き来する事も可能です。両放飼場は、有料ですが常時えさあげ体験も可能です。



秋吉台サファリランド http://www.safariland.jp/index.shtml




カピバラインスタグラムを、はじめました。カピバラの写真満載です。

この記事に

イメージ 1

福岡県に、今月16日よりカピバラを新規展示スタートした「響灘緑地(グリーンパーク)のカピバラに会いに行きました。

グリーンパークとは何ぞや?と思う方も多いと思いますが(私も)、巨大な公園でファミリーからカップルまで、のんびりと楽しめる公園だと思って頂ければ。カピバラだけチラリと見て帰る予定でしたが、園内が広いこと、動物達、特にカンガルーのふれあいなどを楽しみ、結局!休憩もせずに4時間も滞在致しました。

レンタカーで訪ねたのですが、有料ですが大きな駐車場もあり安心です。


響灘緑地(グリーンパーク)は、4haの巨大な大芝生広場を中心とした自然と動物を満喫出来る公園です。施設内には、1000人収容可能な屋外ステージや、サイクリングや不思議な自転車に乗れるサイクルランド、更にはバラ園などもあります。

また、ポニーとのふれあいやライドが出来るポニー広場、巨大な温室には熱帯の鳥や爬虫類・植物がいっぱいです。カンガルー広場(ひびき動物ワールド)には、カンガルーとのふれあいや、国内でも飼育が限られているしま尾岩ワラビーが驚く程の頭数が飼育されています。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/71/69589171/img_5_m?1505708506

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/71/69589171/img_6_m?1505708506

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/71/69589171/img_4_m?1505708506

カピバラは、この施設内の「熱帯生態園」で飼育されています、公園内の何処からでも見つけられるガラス張りの巨大な建物です。施設内には、川が流れ滝があり、熱帯の環境を再現し温度や湿度共に高め。熱帯の鳥類・爬虫類・魚類を飼育展示し、中にはエサあげ体験も出来る動物もいます。

特記すべきは、オオゴマダラの飼育、施設内を自由に飛び回る頭数は季節にもよるそうですが500〜800頭。
ヒラヒラと緑の中を飛び回る姿を見ると、季節を忘れてしまいます。


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/71/69589171/img_1_m?1505708506

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/71/69589171/img_3_m?1505708506

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/71/69589171/img_2_m?1505708506

カピバラの放飼場は入場して直ぐのコーナー。

4×6mのほぼ長方形の土床の敷地に、1.8×1.8mのコンクリート製の水場がありガジュマルなどの木々も生えています。柵は約90cmのピッチが広い金網柵、ピッチが広いのでカメラのレンズなどは余裕で通ります。ふれあいやエサあげは、現在は行っておりません。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/71/69589171/img_0_m?1505708506

カピバラ達は、カピバラは長崎バイオパークから移動の「いお」と「ぎん」。環境に少しずつ慣れている途中の様で、この日は人間の大きな声に少し敏感な感じでしたが静かになるとリラックスしている感じでした。何時か、施設を飛び回る綺麗な蝶が、頭や背中にとまる姿が見てみたいものです。







カピバラインスタグラムでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

イメージ 1

淡路島にあるイングランドの丘のカピバラに会いに行きました。

前回は本州側からレンタカーで行ったので遠く感じましたが、徳島側から高速で行くと直ぐなんですね、あっさり到着。イングランドの丘は、動物のメインはコアラ!国内で天王寺動物園とここの二箇所しか飼育されていない南方系。食べ物が美味しかったり、農産物を収穫体験出来たりと色々と楽しめるファミリー向けパーク。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_4_m?1500704381

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_1_m?1500704381

お目当てのカピバラの名前は、「なっつ」。

生まれが千葉県の市川市動植物園、なんか生まれた頃を見たことがあると気になってしまう。体長は、約1.2m、とっても綺麗な毛並みで少し長め、可愛い顔、足取りもしっかりとしている。何時もは、ウサギと同居しているのだけれど、暑さ対策で10月上旬まで、ウサギは室内展示になり、カピバラは一人ぼっち、独身。

それでもマイペース、食事の時間でも取られる相手がいないので、食べてはフラフラ、そして又食べるという感じ。放飼場の配置、構造は前回来た時と変わらず、木がそびえ立ち日陰にしてくれ、池やログハウス風の飼育小屋もあるので暑さ対策も、ばっちりである。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_2_m?1500704381

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_3_m?1500704381

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_5_m?1500704381


カピバラが一番の目的だけど・・・

前回来た時に、美味しかったハンバーガー「島バーガー」東京に帰りもう一度食べたいと思っていたので・・・。これも、楽しみのひとつ、ついつい食す、やっばりウマイ♪

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/88/69522688/img_6_m?1500704381



(7.18)

イングランドの丘 http://www.england-hill.com/





カピバラ大好きfacebookでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

イメージ 1

カピバラの放飼場が7/11に、リニューアルされた上野動物園のカピバラに会いに行きました。以前は西園のこども動物園の奥・屋外に展示されていましが、さぁ何処に移ったのか?どんな施設なのか楽しみです。

カピバラのいる動物を、これまで約100箇所以上訪ねましたが、施設・建物はとっても大事。複数頭飼育していても、見えなかった・つまらない場合もありますし、逆に1頭であっても何時間も観察・滞在出来る動物園もあります。人気のふれあいも、ふれあい出来るから楽しい(人気となる)と単純に訳でなく、これが不思議なものです。脱線しましたが・・・。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/89/69516789/img_0_m?1500253591

今まで約2年間閉鎖していました、西園出口専門ゲートがリニューアルされて通常の出入り両方可能なゲートになりました。道を挟んで直ぐの場所には京成の駐車場もあり、少し進めば下町風俗資料館や上野松坂屋がある繁華街に近い場所です。何よりカピバラがいる場所に一番近いゲートとなりました。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/89/69516789/img_1_m?1500253591

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/89/69516789/img_2_m?1500253591


カピバラが展示飼育されているのは、西園・弁天池の近くの「子ども動物園 すてっぷ」の中です。すてっぷは、立派な建物の屋内施設と屋外展示に分かれていますが、カピバラは屋外。放飼場は約7m幅、波打つ様な長方形で最大幅が5mの地面は土に覆われ木々が植わっています。

内には1.8×1.8mのログハウスの様な小屋があり中を覗くと大きな暖房器具が完備。その横には、コンクリートの池が、カピバラがごろーんと寝転んでも余裕がある大きさです。放飼場上は網で覆われています、この時期、暑さ対策に上からミストも噴射され快適。

お客様との間には片面は全ガラス、逆面は壁になっていますが一部が窓になっており覗き見の様に観察可能です。ちなみにカピバラの放飼場に面して人間用のトイレがあります。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/89/69516789/img_3_m?1500253591

この日は、午前中の暑い時間に会いに行ったこともあり、池に少し入ったり木陰で昼寝をしたりと、まったり。毛並みも良く、足取りも通常、しばらくご無沙汰だったので元気で良かったです。



(7.14)





カピバラ大好きfacebookでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

イメージ 1

地形を活かし緑が豊富な動物園、一周するのに一時間は必要な敷地。丘の上から下りが多い道を散歩する感覚で点在いる動物達や植物を観察する。ちなみに帰路の登りが辛い方には園内を周遊している無料「坂道シャトルカー」という乗合ワゴン車もある。大型動物のアジアゾウやキリンやサイ、小型ではカナダカワウソやケープハイラックスなども人気。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/04/69516204/img_0_m?1500207285

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/04/69516204/img_1_m?1500207285

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/04/69516204/img_2_m?1500207285


カピバラは、順路中間ぐらいの「こどもどうぶつ園」で展示されている。

この場所では、ヤギやブタ・ニホワトリ・ウサギや孔雀などの小型動物を展示・時間によってはふれあいイベントを開催している。ヤギに関しては常に放飼場に放し飼いで何時でもふれあいが可能。この一角にカピバラ放飼場がある。

大きさ約10m×最大5mの細い三日月状で、約半分が池となっている。よま見てみると同居人を発見、カメが数頭わらわらと池や陸地を闊歩している。地面は土状で雑草が生えており、池周りはコンクリート、池の深さはなだらかに深くなるタイプで最深40cm。

池には、木製の橋が架かっており反対側に渡れ、約半畳の木製の飼育小屋も完備されている。放飼場は高さ約90cmのフェンス柵で、一部植木があり近くに寄れない場所があるが、ほとんど周りは柵に寄れるので観察はしやすい。ちょっと面白いのは、ヤギとのふれあいの場所からカピバラを観察する事も出来、柵にもたれていると知らず知らずに真横にヤギがいたりする。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/04/69516204/img_3_m?1500207285

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/04/69516204/img_4_m?1500207285

カピバラの展示は、現在1頭。体調約1mのしっかりとした体格の綺麗なカピバラ。落ち着いた雰囲気で、この日は暑かった事もあり土の上でゴロゴロ寝ておりました。ふれあい、餌あげなどは出来ません。


(7.13)

盛岡市動物公園 http://moriokazoo.org/




カピバラ大好きfacebookでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

全370ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事