caroさんのブログ

ブログ始めました!考えることは多いけど、行動には結びつかないのが悩み〜ですね。

全体表示

[ リスト ]

日経ビジネス
2011年のゴーン氏とフェルディナンド・ヤマグチさんのインタビューです。本当に日産のことを考えて仕事をしていたのが分かります。

丸々45分に亘ってのインタビューです。もろに乗っています。
URLを載せておきます。これを全部抜き出すことは不可能だし、著作権上の問題が発生します。とにかく、全部読んでください。
そうすると、今日本の日産と東京地検のやていることがどれだけひどいことかがよく分かります。官邸主導で、今沖縄で埋め立てをしていることを忘れさせるために、官邸が仕込んだ逮捕劇です。
URL:https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/194452/112200218/?P=1&ST=smart

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


1.日産の問題点
19年前に、潰れかかっていた日産に来て、第1の印象は、日産の社員・取締役が、何をしたら良いかを分かっていなかった。方向性が不明確で、誰も決定する人が居なかったから、会社は混乱していた。

2.ゴーン氏がまずやったこと
いくつかの案件は見えていた。GT-R、マーチ、リーフだった。
これを担当する責任者を決めた。そして、その車の方向性等を決めた。全ての権限は、その車の責任者に与えた。全てをゴーン氏が決めたわけでもないが、担当者が、2〜3つの疑問点や、やり方などを考えていて、ゴーン氏に相談してくると、ゴーン氏は、その担当者と話し合って方向性等を決めた。後は、担当者がやることだった。「GT-Rはミズノのクルマです。ゴーンのクルマじゃない!」と強調していた。

3.マイクロマネージメントはしない
各車の担当者・責任者が決まっており、全部権限を与えているのだから、出来てくるのを待つだけだ.日本に会社でよくあることだが、「重箱の隅をつつくような」マイクロマネージメントはしない、と断言していた。重要なことだと思う。

4.一番大事なのはあなたを信頼しますという姿勢
その車の責任者に全権限を与えており、その責任者が全力をあげて、やることだった。だから、ゴーン氏は、「あなたを信頼しますという姿勢」を見せることなんだ。

5.2011年3月11日の福島原発事故に際して
2011年(平成23年)3月11日の東北地方太平洋沖地震による地震動と津波の影響により、東京電力の福島第一原子力発電所で発生した炉心溶融(メルトダウン)など一連の放射性物質の放出を伴った原子力事故である。
CEOは、いつも最前線にいなければならない。
3月14日には、オランダでセミナーの計画があったが、セミナーなんてどうでもなる。日本人には、現地にいるように指示した。
「CEOはいつも第一線にいなければならない
G:なぜそうしたか、ですって。オゥ!(ゆっくりと大きく首を横に振って。しかし決して視線は外さずに)
 なぜそのような質問を? 私はCEOです。この会社の、日産のCEOなんですよ。どうかそのことを忘れないで下さい。当然です。当然のことをしたまでです。私はフランスからの旅行者ではない。観光客でもない。私はこの会社の社長です。日産のCEOなんですよ。ですから、いつ日本に来られるか、一番速いルートはどれであるかをまず初めに考えました。いつ飛行機に乗って日本に行けるのかを最初に聞きました。
 しかし、空港は閉鎖されているらしい。今すぐには日本に行けない、震災直後はそのように言われました。エアーが確保されて実際にゴーサインが出たら、すぐに日本に向かって飛び立ちました。
 繰り返しますが、私は会社のCEOです。これは当然のことなんです。CEOはいつも第一線にいなければならないのです。」
<後略>

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事