ここから本文です
ブログ始めました!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

なぜなに攻撃が怖い

イメージ 1 幼い孫たちと接していると、彼らからの「なぜなに攻撃」にあいます。小学二年生の孫は、学校へ上がってから知識欲がすごくて、「○○ってどういう意味?」とよく聞いてきます。そのため、常に電子辞書を携行するようにしています。それでなんとかしのいでおります。
 4歳の孫からのものすごーくシンプルな質問には時々絶句して答えられなくなることがあります。「生き物はなんで生きてるの?」「石はなんで硬いの?」「なんで夜は寝ないといけないの?」「ご飯はなんで口から食べるの?」うーん難しすぎます。
 昨日は松山港に「うみぎり」という自衛艦がやってきたので、その孫を連れて見に行きました。岸壁に着いているのを見るだけのつもりで行ったら、なんと中も見せてくれるとのこと。親切に自衛官さんが案内してくれるとのこと。岸壁には自衛隊の車両や大砲まで展示してあるし、子供用の制服を貸してくれて記念撮影も。いたれりつくせり。
 さっそく孫と自衛艦に乗り込みました。甲板には真っ白なヘリコプターまで出ていイメージ 2て、乗り物好きな孫は大満足のようでした。彼はさっそくヘリコプターの下にあるレールが気になった様子。「このレールはなんのため?」と訊いてくるので、「あのお兄さんに訊いてみ」と振りました。「船の上の格納庫からヘリコプターを甲板に出すためのレールだよ」と自衛官さんが丁寧に説明してくれたのにも納得せず、「どうやって?電車じゃないのに、どうしてヘリコプターがレールの上を走るん?」とまた質問。自衛官さんは、ヘリコプターの下に潜り込むようにして、レールに載った台車を見せてくれました。ありがとうございました! なぜなに攻撃をうまくかわしたとばあばはほっといたしました。
 しかし、自衛艦の上からは、松山空港がすぐそこに見えて、離陸していく飛行機が目の前に。そこで孫は容赦なく、口にします。「なんで飛行機は空を飛ぶん? 重たいのに」孫よ。それはばあばも未だに不思議でしかたがないのだよ。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事