ここから本文です
ブログ始めました!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

怪談ストリップが怖い

イメージ 1 お盆に道後温泉にある「ニュー道後ミュージック」へ「怪談ストリップ」を見に行きました。新しい単行本の秋の刊行に向けてのタイトなスケジュールの中、何をやってんの?と自分で自分に突っ込みを入れながらの束の間の楽しみでした。
 世の中に、ストリップ劇場は数々あれど(どれくらいあるのかしりませんが)、怪談ストリップを毎夏やっているのは、ここ道後だけだそうです。女性も結構見に来ているらしいという噂。これは行かずにおれまい、という感じ。
 ほんとですよ、わざわざ遠くから見に来る人もいるんですから。この時も、東京から来たライターさんとご一緒しました。前々から二人で楽しみにしていたんです。孫たちの襲来で保育所と化した我が家からしばしの逃避です。
 なんせ、ストリップを見ることが初めてですから、それはもう圧倒されまくり。へーえ! ほう! え、そこまでやる? なかなかのもんでした。ちゃんと怪談仕立イメージ 2てになっていて、結構怖かった。想像していたのは、お岩さんのような幽霊が出てくるショーでしたが、全く違っていて、人間の怖さが前面に押し出されていましたね。
 真っ白のワンピースが人を食った血で染まるとこなんか……あわわ、これ以上は言えません。8月いっぱいはやっているようですので、興味のある方は是非。
 ニュー道後ミュージックというストリップ劇場の前に、「飛鳥乃湯」という立派な温泉施設ができたので、ここにストリップ劇場があるのはどうかという議論が出ているようですが、ストリップは文化です。失くしてしまうのは忍びないと、今回切に思いました。ささやかながら募金をしましたら、素敵なストリップデザインの手ぬぐいをもらいました。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事