工場TODAY(畑野自動車)

整備車で目に留まった事柄を◆営業◆マサト視点でご報告

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

展示列整理整頓

イメージ 1従来の若干前向きから、完全後ろ向きに逆戻りしました。
別にご報告する程でも無いんですが、店長と2人で2〜3時間掛かるので、地味な達成感があるのです。
そもそも私のブログで上げる程の事柄っていってたら何も更新できません(笑
イメージ 2
26日発売のカーマガジンに弊社のスポールスピダーとスピードスターが掲載されるハズですので、是非ご覧ください。
撮影場所はいつもと同じ倉庫の壁。
プロと私の技量の差がご確認頂けます。

911GT3 エンジン分解中

イメージ 1エンジンの軽いリフレッシュでお預かりしている911GT3。
よくある事とは言え、本国発注で届いたら部品が一部違ったというのは毎回腰砕けです。

当初の予定よりお時間頂いてしまい申し訳ありません。
イメージ 2で、今回も営業まさとの浅い観察眼で目に留まった事をご報告。
当然の様にフルカウンター。
ウェイト部分が薄く、角を丁寧に落とす(オイルを撹拌しない様に)なんて、流石です。
やはり4気筒シャフトより美しく感じます。

イメージ 3オイルポンプをクランクからダイレクトドライブ。吸い口をケース形状変えてまで、クランクと逆に向けてるのが素敵です。

オイルの流れを阻害しないってのと、フィルターサイズを上げたい意図なんでしょうか。

95%の部品はあるのに、その5%がココに関するので、、、
もう少々お時間頂きます。

イギリスの友人が大変な苦労をして入手してくれたワークショップマニュアルが届きました。
イメージ 1

渡英した時からお願いしてたんですが、AJP(V8)は入手簡単(彼が持ってる)だけど、サガリスのはかなり難しいって言ってたんですよ。
良かったぁ

うちのサガリス2台は多分今頃ソマリア沖かしら?
6月下旬に入国予定です。

1950年代のエンジン

イメージ 1現在継続車検整備でお預かりしているMG(イギリスのメーカー)TD(モデル名)。
なんと1950年代の車なので還暦です。

素晴らしい。
イメージ 2して、こちらが当時から60年間働き続けてきたエンジン。
現在で言うクランクのオイルシールの部分はネジ溝が切ってあり、遠心力でオイルが内側に戻る様になってる(工場長談)
したがって、その溝にゴミが溜まったりするとオイルがじゃじゃ漏れになるそうです。
ブロックのデザインとか見ても時代を感じさせますね〜

このコの前では1993年式のmyデルタはヒヨッコです。

イメージ 1現在HPが閲覧できない状況が続いており、ご迷惑お掛けし、申し訳ございません。
どうやら弊社側システムエラーの様で、原因調査中です。
通常営業しておりますので、御用の際はお電話にてお申し付けください。

水漏れ修理で入庫のエキシージPP
お定まりのラジエター交換を済ませ、細かな修正加工をしている最中です。

ではまた明日!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事