楽譜de散歩〜CARSメンバーだより

CARSメンバーの日ごろの雑感をリレー形式で紹介します

CARSメンバーだより

すべて表示

楽譜と演奏(その1)

このところ、同業の仲間たちとのあいだで、あるコンクールの作曲部門の審査が話題になっています。長年、その最終審査は「演奏審査」だったのに、今後は演奏無し、つまり「譜面審査」に変わるという話です。 理由はともあれ、「演奏によって音楽は成りたつ」、「演奏されるために曲を書く」、日頃からそう主張し続けている私には理解出来ない変更です。日進月歩、急速に変化する世の中に付いてゆけなくなった、これも、私の老化のゆえでしょうか?いやいや、後輩の、若い世代の友人たちの多くも、首をひねったり、“有り得ない”などと言います。 まあ、いやなら、応募しなければ良いのだから、これも“仕方が無いこと”のひとつと思うしかないのでしょうか? ただ、これまで、予選を通れば演奏してもらえる、自分の「楽譜が音になる」と期待して、それを楽しすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

APMA東京総会について

2018/2/26(月) 午後 1:12

以前 このブログ でも案内しましたが、 APMA (アジア・太平洋音楽創作者連盟)設立後、初めての総会が、 2017 年 11 月 6 日に、アジア・太平洋地域から多くの音楽創作者出席のもと、東京で盛大に開催されました。 ...すべて表示すべて表示

タイムカプセル

2018/1/26(金) 午後 6:09

凍てつく寒い日には、ありきたりと言われても、ヴィヴァルディの「冬」が聴きたくなります。有名なヴァイオリン協奏曲「四季」を構成する一曲です。特に第一楽章は、透き通った音色と洒脱なメロディで、ポップスやロックに慣らされた耳で聴いても素直に ...すべて表示すべて表示

夢の実現に向けて

2017/12/22(金) 午後 3:14

三十数年前、師である矢崎節夫を中心に童謡の勉強をしていた。その勉強会は数年続いた後消滅し、それぞれの道を歩んでいった。その頃「いつかみんなで同人誌を作れたらいいな」と思っていたものの、ついぞそれは実現することはなかった。しかし、最近に ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事