楽譜de散歩〜CARSメンバーだより

CARSメンバーの日ごろの雑感をリレー形式で紹介します

全体表示

[ リスト ]

楽譜と演奏(その1)

このところ、同業の仲間たちとのあいだで、あるコンクールの作曲部門の審査が話題になっています。長年、その最終審査は「演奏審査」だったのに、今後は演奏無し、つまり「譜面審査」に変わるという話です。
理由はともあれ、「演奏によって音楽は成りたつ」、「演奏されるために曲を書く」、日頃からそう主張し続けている私には理解出来ない変更です。日進月歩、急速に変化する世の中に付いてゆけなくなった、これも、私の老化のゆえでしょうか?いやいや、後輩の、若い世代の友人たちの多くも、首をひねったり、“有り得ない”などと言います。
まあ、いやなら、応募しなければ良いのだから、これも“仕方が無いこと”のひとつと思うしかないのでしょうか?
ただ、これまで、予選を通れば演奏してもらえる、自分の「楽譜が音になる」と期待して、それを楽しみに応募してきた人たちは、きっと落胆していることでしょう。また、応募の楽譜を審査する側にも、「予選を通すのは、本選で演奏してみたいから」と考えてきた人たちも少なくはなかったと思えます。いずれにせよ、新作を演奏する機会が、ひとつ豊かになるのではなく貧しくなる、寂しい話と聞こえます。
さて、本来「楽譜」は、「演奏」を目的として書かれ、「新作」も、「演奏の場に提供する」ことを目的として創られるはずです。
(ひとり黙々として机に向かい、出来あがっても誰にみせることもなく引出しに納めて、また次作に取り組む…そういう作曲家が居ても、それは否定しません。その人が『許諾』しなければ、作品の公表は出来ませんし、その判断は尊重され、その『作品』も敬意をもって扱われねばなりません)
ただ、そのような場合でなければ、「楽譜」を書くことは「演奏に至る」ための前提です。私は学生時代から、よく伴奏をしました。さまざまな演奏者に連れられて、そのお師匠さんのレッスンの場にも赴きました。楽譜が貴重な時代でした。それで、次に取り組むべき楽譜がその師匠の元にしか無い、そういう場面も少なくありませんでした。その楽譜を書き写す…練習も、レッスンもここから始まりました。
(私自身は、この筆写を通じてたくさんのことを得ました。のち、コピーが簡単にできるようになっても、良く学びたい曲を筆写することがあります。これもコピーですが)
 
話をもどせば、作曲家の多くは、相手が大規模なオーケストラであろうが、一人のフルート奏者だろうが、自分の意図を理解してほしい…と願って楽譜を書いていると思います。いくつもの経験を通じて、こう書くとなかなか解ってもらえないが、こうすれば良く通じる…と、書き方を改良してゆくでしょう(その経験が少なかったら、楽譜を書くことの熟成を期待しにくいのではないでしょうか?)。自作が演奏されて鍛えられてゆきます。
楽譜は、人に“伝える”ために書かかれます。演奏の様子を、推量、予測、期待しつつ、「演奏してほしい」と願いを込めて書かれます。(続く)
 
2018.3.29
末吉保雄 (作曲家・日本現代音楽協会理事・CARS代表幹事
  CARS(楽譜コピー問題協議会)のホームページ http://www.cars-music-copyright.jp/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事