楽譜de散歩〜CARSメンバーだより

CARSメンバーの日ごろの雑感をリレー形式で紹介します

全体表示

[ リスト ]

 皆さんこんにちは。
 楽譜コピー問題協議会(CARS)事務局です。

 去る2018年3月16日,CARSの会員である一般社団法人日本楽譜出版協会(JAMP)の呼びかけで,同協会加盟社の社員で普段から楽譜の制作に携わっている担当者の皆さまと,CARS幹事の著作者らによる座談会が開催されました。

 本日から4回にわたって,そのときの様子を紹介します。

 なお,CARSウェブサイトでも既報のとおり,この座談会にも参加した末吉保雄代表幹事(当時)が,2018年8月に逝去されました。事務局において,本座談会の模様を公開することの是非を検討しましたが,末吉氏は,本座談会において,楽譜に対する思いや,楽譜コピー問題の本質に切り込む分析を,作曲家ならではの視点で熱く語っており,氏の発言を広く紹介し,後世に伝えることが,本協議会の発足当時から熱心に活動に携わった氏の遺志に叶うものと考え,今回の公開に至りました。

 皆さまにも,楽譜に懸ける楽譜出版社の担当者や著作者の思い,楽譜制作にまつわる「あるある話」について興味をお持ちいただければ幸いです。
 
イメージ 1

〜CARSについて〜
 楽譜の違法なコピーの防止に関する啓発活動等を行うことを目的として,一般社団法人日本音楽作家団体協議会(FCA),一般社団法人日本楽譜出版協会(JAMP),一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)の三者によって設立,運営されている団体です。
https://www.cars-music-copyright.jp/


●堀家(日本楽譜出版協会)●
 本日はお集まりいただきありがとうございます。楽譜の企画から発売に至るまで,作家の先生方,楽譜出版社,配信サイトなど様々な方々が携わっています。楽譜の制作やコピー問題について,それぞれの立場でお話しいただき,意見を共有することにより,楽譜出版の可能性がさらに広がるきっかけにもなるのではと考えています。そのあたり,ざっくばらんに意見交換できればと思います。


ユーザー目線での楽譜作り


●韓(音楽之友社) ●
 作家の先生方は作品を生み出すために多大なるご苦労があるかと思いますが,楽譜出版社もユーザーのニーズに合う楽譜を制作するために,日々奮闘しています。楽譜出版社の皆さん,いかがでしょうか。


●小早川(リットーミュージック)● 
 
イメージ 2

 リットーミュージックでは,読者の方々が演奏する際の参考となるように,楽譜にCDをつけています。レコーディングした生演奏を収録しているため,リスニング用としても喜ばれているようです。
 ジャズのスタンダード曲集は各社が出版していますが,弊社の「ジャズ・スタンダード・バイブル」(※1)は,アレンジはもちろんですが,持ち運びやすさや仕様にも工夫を凝らしています。ハンディ版はギターケースにも入るサイズです。また,楽譜を開きやすいように,リング綴じを採用しました。リング綴じは,書店の棚に並べると他の商品に傷をつけてしまうという理由で,あまり好まれていなかったようです。


●堀家(日本楽譜出版協会) ●
 リング綴じは,他の商品に傷をつけてしまう可能性と,背表紙がないので棚で目立たず売れにくい,という問題がありましたが,「ジャズ・スタンダード・バイブル」のハンディ版はカバーをかけることで解消していますよね。

※1 リットーミュージック「ジャズ・スタンダード・バイブル」シリーズ
https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3116417105/


●韓(音楽之友社) ●
 全音楽譜出版社さんはいかがでしょうか。


●中山(全音楽譜出版社) ●
 
イメージ 3

 全音楽譜出版社には「全音ピアノライブラリー」(※2)という長い歴史を持つシリーズがありますが,演奏者のことを考え,使用する紙や製本方法にとてもこだわっています。



●松藤(全音楽譜出版社)●

イメージ 4

 弊社のために特別な紙を作ってもらっています。強いけれども硬くない,吸い付くような手触りで,しなやかであること等,何度も研究を重ねて現在の紙に至っています。製本については,本に厚みがあると,どうしても閉じやすくなりますが,開きやすいように工夫しています。
 あと,作曲家によって音符の形を変えたりもします。フランスの作曲家ならフランスっぽい雰囲気や香りが楽譜からも感じ取れるような,見た目からも音楽の流れが香ってくる楽譜にしたいと思っています。

※2 全音楽譜出版社「全音ピアノライブラリー」シリーズ
https://shop.zen-on.co.jp/c/10109062


●韓(音楽之友社) ●
 楽譜の「開き」というのはとても大切なポイントだと思います。糸かがり製本という方法は「開き」が優れていますが,たいへんコストがかかります。PUR製本という方法が登場して,かれこれ十数年になるでしょうか。糸かがり製本には及ばないものの,「開き」がいい楽譜を低コストで作ることができるようになりました。ユーザーにご負担をかけないよう,できるだけ定価を抑えつつ,その中でいかに良いものを制作していくか,というのは楽譜出版社の皆さんが苦労されている点ではないでしょうか。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事