楽譜de散歩〜CARSメンバーだより

CARSメンバーの日ごろの雑感をリレー形式で紹介します

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

「人は皆、同じ音楽から違う音を聴いている」と書くと、「その意味は何?」と思われるかも知れません。哲学的な話、それとも聴覚障がいの話?と。が実は、私も含めて本当に皆、同じ音楽から違う音を聴いているのです。
 
 人間の可聴域は20Hz20000Hz(20kHz)の間と言われています。ピアノの最低音が約27Hz、最高音が約4200Hzくらいなので、20000Hzがかなり高い音であることは容易に想像がつくと思います。時報の最初の3つの音「プッ・プッ・プッ」が440Hz、最後に上がって「ピーン」が880Hzです。また最近では、ご飯が炊けても、洗濯が終わっても、電子レンジが温め終わっても「ピーーー」と鳴る、あれがほぼ1000Hz(1kHz)の音です。この1000Hzの音は、信号として人に注意を喚起するのに効果的な周波数とされていますが、昨今、高齢者でこの音が聞こえないという声も耳にします。
 
 さて、このブログを見に来て下さったあなたは、「何を言い出すのだろう」と思うかも知れません。ここは、CARS(楽譜コピー問題協議会)のページ、「楽譜のコピーが、音楽を滅ぼす」と吠えるページではないのか、と。しかし、私たちが作曲した曲が、楽譜の形で演奏家に渡り、演奏されて「音楽」になり、お客様に聴いて頂く、というプロセスの中で、その根幹に関わる「音」そのものの秘密を解き明かしておきたい、それがわかると「音」が愛おしいものとなり、それによって表現される「音楽」への愛は深まり、よもやその元となる楽譜をコピーしようなどとは思わなくなるのではないか、という期待を込めて「音」に迫ってみようというわけです。
 
話を元に戻します。人間の可聴域は20Hz20000Hz(20kHz)というのは本当でしょうか?もちろん本当ですが、これは、「全ての人にとって」ではありません。実は「聞こえる人もいる」ということです。子どもたちは、ほぼ聞こえます。が、18歳、大学1年生数十名に簡単な聴力テストを試みると、様相は変わってきます。低音の20Hzはほぼ全員が聞き取れます。問題は高い方の音です。1000Hz刻みで、音を出し「聞こえたら手を挙げて」「音が止まったら手を下げて」とテストします。標準の440Hz(ラの音)、炊飯器の1000Hz、ピアノの最高音の4000Hzあたりは、順調に通り過ぎ、更に上ること12000Hz13000Hz14000Hz15000Hz、この辺までは、全員が躊躇なく手を挙げます。16000Hz17000Hzと進み、18000Hzになると、ここで、ほぼ半分の学生が「聞こえない」反応を示します。19000Hz2人か3人は聞こえます。可聴域と言われる20000Hzでは、1人だけ聞こえる、あとは全滅です。もちろん、年によってバラツキはありますが、20000Hzが聞こえたのは、数年間やって1人です。かく言う私は、16000Hzから上は聞こえません。
これを大学院生(24歳くらい)でテストしたところ、2019年の7月のあるクラスで、18000Hz3人しか聞こえないことが判明しました。この結果は、もちろん年によるバラツキ、個人差によるところが大きいので、統計的に正確ではありません。が、私のクラスの事実です。
 
 「高い周波数」が聞こえるかどうかが、何を意味するか。これは「音色」に大きな作用を及ぼします。例えば、トランペットとフルートの音色の違いの最も大きな影響は、高い周波数の倍音が司っています。例えば、トランペットの音から、電子的フィルターを使って、高い周波数成分を減らして行くと、フルートのような音に近づいて行きます。ということは、20000Hzが聞こえる子どもたちと、15000Hzまでしか聞こえない私とでは、聞いている音色が違う、という事になります。概ね、年と共に高い周波数の音は聞こえなくなるのが人類の宿命で、今の所それを回避する方法はありません。言い方を変えると、年と共に、音は柔らかい、マイルドな方向に聞こえるよう衰えて行く、というわけです。これを敷衍すると、実は、「同じオーケストラを聴いても、皆違う音色を聴いている」ということになります。ただ、芸術の素晴らしいところは、受容する側は「皆違って良い」というところにあります。同じ音楽を聴いて、皆違う感性で、皆違う音色で、皆違う感動を受け取る事が出来る。これこそが本物の「共有」です。「共有」が皆が同じであることを要求しないのが、芸術的感動共有の美しいところなのです。子どもたちも、大人も、高齢者も、聴覚障がい者も、皆それぞれ別々の「音世界」を持ち、それによってコミュニケーションをする事が出来る、そう考えると「音楽」は愛おしいものに思えませんか?
 
ここはCARSのページですので、一言。と書きながら、作曲家側としては誠にマズイ考えが浮かびました。高齢者は高い周波数が聞こえないのだから、音楽著作権使用料も30%offとかにしてくれ、と言われたら反論の余地がありません。それには黙って口をつぐみ、「愛おしい音たち」をコピーなどしないように、お願いしたいものです。



CARS代表幹事 菅野 由弘

音楽の素晴らしさ

 先日、FCA前理事である平井丈一朗氏の演奏活動65周年記念チェロリサイタルを聴く機会がありました。
今更言うまでもありませんが、巨匠パブロ・カザルスの後継者として我が国が世界に誇るチェリストである同氏の演奏は、80歳を超えた現在でもエネルギッシュに溢れ、長時間の演奏にも年齢を全く感じないばかりか、指使いが魔法にかけられたように楽器を奏で、多くの聴衆に感動を与えました。改めて音楽の素晴らしさを、そして音楽を具現化する演奏者の力を感じることができました。

 いずれにしても、作品の演奏には楽譜が必要になります。したがって楽譜に接する方は、音楽を聴くことを楽しむ一般の方に比べて、演奏者や歌唱者として、プロ・アマに関わらず、音楽に近い立場にいる方々といえます。そのような方々だからこそ、作品を具現化する楽譜を大切にしていただきたいと願っています。
近年のデジタル・ネットワーク化の流れの中で、複写方法・技術の発展も目覚ましく進歩するとともに、複製利用も年々簡便化されています。

 一方で、権利保護よりも利用・流通の拡大ばかりが優先され、創作物である作品を「もの」としてしか捉えない最近の風潮に危機感を覚えます。文化国家、知財立国を標榜する我が国にとって、文化の発展がいかに社会に喜びや潤いをもたらすことになることを、根気よく世間に訴えていくことは、創作者団体として重要な責務です。
音楽創作者団体を代表する立場にあるFCAは、音楽文化を後退させる楽譜の無断複製問題について、今後もCARSと連携して適法に利用するよう、地道にアピールしてまいります。
 
 変化の激しいデジタル時代の現代においても、音楽は人の心に活力や潤いをもたらしてくれます。FCAは、演歌・歌謡曲、ポップス、現代音楽、童謡、児童音楽、訳詩等の様々なジャンルの音楽創作者団体が会員として加盟しています。

 FCAのホームページをご覧いただくと、各会員団体HP等連絡先が掲載されており、団体が主催する事業(コンサート等)について、スケジュール等、開催案内を確認することもできますので、是非とも興味のある「催し」が目に留まりましたら、音楽を聴きにご来場いただければ幸いです。

2019.8.1

関 孝一(CARS監査役/FCA事務局長
CARS(楽譜コピー問題協議会)のホームページ http://www.cars-music-copyright.jp/


 2004年7月27日、まだCARSという名前も命名されていなかった、初めての会合が催されました。あれから15年、果たして私に何が出来たのでしょう?と言うか、私は何をして来たのでしょう?と、思い返しながら、疑問符ばかりが頭の中を駆け巡っています。
 とにかく、皆の話をとことん聞いて、疑問に思うことがあれば、恥も外聞もなく聞きまくっていた私が、そこにはいたように思います。
 何しろ皆さんお話が上手なので、気をつけないと聞き惚れて話の内容がスルーしそうになり、慌てて「すみません、もう一度お聞かせください」などと、今思うと、話の腰を折っていたのかな?と、懐かしくそのころを思い返しています。
 でも、段々と慣れてくると、私は私なりの思いもお話し出来るようになり、いろいろな場での経験も話せるようになり、緊張しながらも、毎月が楽しかった思い出にもなっていたのだと、ようやく今になって気が付いたりしています。
 それらが今の私自身の一部を形成していることに、大いに役立っているということも、15年間という長いような短いような期間が今退任してみると、とても貴重に感じられている毎日です。
 幹事をさせていただいていた時も、退任した今も、私がCARSに対する思い、すべき事、何も変わりはないように思っています。パンフレット、Q&Aなどを配布することは今まで通り続けて行くつもりですし、とんでもないコピー譜を平気で使用している人に出会えば、間違いなくやんわりと話しかけ、ちょっと厳しく「作家、出版社があって、楽譜は出来上がっているという事を思い出していただければ嬉しいですね・・・」と、気がつくと言ってしまったりは、今まで通りだと思います。
 CARSは地味な啓蒙活動です。でも、少しずつでも浸透して行っていることは事実ですので、私はこれからも私なりの思いを持って活動はして行きます。
 何故?って、15年間も関わって来たお陰で、コピー譜=即行動の図式が出来上がっていますので・・・。
 今まで関わらせていただき、本当にありがとうございました!
 これからも益々の発展を心より応援して行きたいと思っています。

 心からの感謝の気持ちいっぱいに!       上 明子

新しい役員が就任しました。
  2019612日、2019年度通常総会が開催され、次の2名が新役員(幹事)に選任されました。
 
  菅野由弘
  ・作曲家 一般社団法人 日本作曲家協議会 会長
  松尾祐孝
  ・作曲家 特定非営利活動法人 日本現代音楽協会 理事・広報部長
 
  また、総会に続いて開催された第75回幹事会において、菅野由弘氏が代表幹事に就任することが決まりました。
  これによって、2019年度の役員は次のとおりとなりました。
  
  菅野 由弘(代表幹事)
  織江りょう(幹事)
  島  茂雄(幹事)
  松尾 祐孝(幹事)
  江見 浩一(幹事)
  関  孝一(監査役)
 
○上明子幹事が退任されました。
  CARSの設立時から15年もの長きにわたって楽譜コピー問題に取り組み、CARSの運営に尽力された上明子幹事(作曲家)が、2019年度通常総会・幹事会をもって退任されました。
 
 私たちCARSは、これからも、楽譜ユーザーの皆さまとともに、楽譜利用の正しいあり方の実現のために努力してまいります。新体制となったCARSを、引き続きよろしくお願いします。
 
2019.6.18
 楽譜コピー問題協議会(CARS)事務局

左手のためのピアノ曲

 左手のためのピアノ曲は、知られているだけでも三千曲以上あるそうです。有名なのは、ラヴェルが、第一次世界大戦で負傷し、右手を失ったピアニストであるウィトゲンシュタインのために作曲した「左手のためのピアノ協奏曲」やブラームスが、右手を故障したクララ・シューマンのためにバッハの曲を編曲した「左手のためのシャコンヌ」でしょうか。いずれの曲も、制約された中での限界に挑戦した意欲的な作品となっています。
 
 日本では、2002年にリサイタル中の脳溢血で右半身不随となったピアニスト、舘野泉さんが左手のピアニストとして活躍されており、舘野さんのために国内外の著名な作家が多くの作品を作曲しています。舘野さんは「演奏によって何を伝えるか、何を表現するかが最も重要」であると言っていますが、舘野さんの左手が奏でる音楽を聴くと、その意味をよく理解できるように思います。
 
 日本の現代音楽の大家であり、昨年8月20日に逝去された、作曲家の末吉保雄先生も大学の同窓である舘野さんのために左手のためのピアノ曲を作曲されています。「土の歌・風の声」もそのうちの一曲です。この曲を聴くと、「左手の」という制約や限界という言葉は早々に退散してしまい、一音として無駄がない、張り詰めた、末吉先生の世界観に連れて行かれます。
 
 末吉先生は、 CARSの設立当初から幹事を務められており、2017年からは代表幹事としてご活躍なさっていました。生前の先生は、楽譜への強い愛情を持ち、CARSの活動を通じて「適正な楽譜コピー」を呼びかけられ、それと同時に、作家側に対しても、「著作権の擁護」と「自作の普及」のいずれも両立することの大切さをストレートに訴えてこられました。
CARSの活動についても、予算など様々な制約はありますが、楽譜の適正な利用と著作権の保護を図ることで、音楽文化を普及、発展させるという、CARSの設立目的をストレートに追求していかなければならないと思います。

 末吉先生には、ご生前、公私ともに大変にお世話になりました。会合の席上でも様々なご指導をいただき、時には、お酒を酌み交わしながら、音楽に関する議論に何時間もお付き合いいただきました。感謝の念に堪えません。我々は、先生から授かったものをしっかりと携えて今後の活動に臨みたいと思います。

※舘野泉さんの言葉は、舘野泉のCD「その左手のために−左手のためのピアノ作品集3−」のライナーノーツより


2019.5.31
江見浩一(CARS幹事)

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事