Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*かもめ食堂*

イメージ 1

東京から10時間、日本から最も近いヨーロッパの国、フィンランド。
そんな何だか遠くて近い国でひそかに誕生した映画「かもめ食堂」。
フィンランドの首都ヘルシンキは青い空にのんびりとかもめが飛び交い、
ヨーロッパ各地からの客船が行き交う美しい港町です。
その街角に、日本人女性サチエが経営する「かもめ食堂」(ruokala lokki)は
小さいながらも健気に開店しました。
そんなかもめ食堂を舞台にそれぞれの登場人物の、丈夫だけれどちょっとやるせない、
日常的なようでそうでない、不思議な物語が始まります。
                                                        *映画チラシ かもめ食堂より*



今年に入ってから予習、復習の必要な社会派映画、ミュンヘン、シリアナ。そして濃〜いオトコ同士の映画、BBMやメルキアデスと続いたあと、これはオンナ同士のお茶漬けみたいな”ゆる〜い映画”でした。
ただし、このゆる〜いというのは決してぼんやりとか怠惰とかいうわけではなく、芯はあるし、やることやっていて、その上あくせくしない、どーんと構えている。。という意味での”ゆる〜い”です。

フィンランドで一人、食堂を切り盛りしているサチエ。
といっても、お客の入りはゼロ。”美味しいものは世界共通だから、和風家庭料理の良さをきっと分かってくれるだろう。この土地の人は名産のサーモンが大好きだからそれを使ってお刺身、焼き鮭などを作ればいい。ここなら自分でもできる”というポリシーでこの店を始めました。
コツコツと真面目に働いていれば、いつかお客が入ると信じて、その通り、第一号のお客さんには永遠にコーヒー無料にしてしまったり、本屋さんで偶然会った日本人が従業員になったり。。と不思議な展開が続いていきます。

でもやっぱりいきなり日本食は無理・・ということで現地の食材を使ったおにぎりを試作してみるけれどピンとこなくて考え付いたのが、フィンランド人のソウルフードであるシナモンロールを作ること。
もうたまらないこの匂いに引きつけられて、現地に人が足を踏み入れ始めます。
今までそこにあった大きな障害はお店のガラスでした。ガラス越しにみんな中をうかがっていたのですが、入る勇気はありません。これって”国境”のようなものですね。フィンランドとは地続きではありませんが、そこに横たわるボーダー。これをいきなり超えるのは無理なので、まず相手の懐に入る。そしてこちらに来てもらう。。という手段です。

そしてそのうち最初はコーヒーとシナモンロールだけだったのに、いつしかとんかつや焼きジャケを。。。となっていくのですが、これらのおいしそうなこと!!ゴハンは鍋炊き、とんかつはたっぷりの油にいいお肉をじゅ〜と入れて。。”ジョゼと虎と魚たち”でもそうでしたが、基本に忠実な日本食って本当においしそうで、それをきっちりと作れる人の人格の高さまで表現してくれます。


後半描かれているのは、オンナの友情です。友情という言葉がぴったりくるわけではないのですが、情。
『バグダッド・カフェ』のように女主人と流れてくる旅行者たちがカフェや食堂を切り盛りしていき、いつしか人生の一時期を共に歩んでゆく。。この映画の舞台はフィンランドなので、非日常。でも食堂の切り盛りは日常的なのでその辺りのバランスが絶妙でこの映画の魅力となっています。

かもめ食堂のインテリアは水色を使った明るい色調。大きなガラスがあり、食器はちょっと日本風。清潔で、でも冷たくない心地よさがふんわりと流れるお店の作りになっています。

そしてなんといってもこの映画の柱は俳優陣。この三人なくしてこの映画は成り立たなかったでしょう。
小林聡美さんは、ごく普通の顔立ちなのに、とってもとってもきれい!!特におにぎりを握るとき、とんかつのお肉を油の中にいれるときは神々しくさえあります。フィンランド語もぺらぺら。ダンナさん三谷さんのエッセイによると素晴らしい集中力で短期で英語を習得されたそうだから、フィンランド語も頑張ったのでしょう。
涙もろくて飄々と流れ着いた片桐はいりさんの独特の存在感。
あ。存在感でその上をいくのは、もたいさんで、フィンランド語はできなくても現地の人との意志の疎通はバッチリです。


 
監督・脚本:荻上直子
出演:小林聡美/片桐はいり/もたいまさこ/マルック・ペルトラ/ヤルッコ・ニエミ
                        ↑フィンランドの名匠アキ・カウリスマキの『過                         去のない男』の主演俳優です。

閉じる コメント(72)

顔アイコン

そうですね。めがねは来週からでしょうか
叉、こんな雰囲気が味わえるのかと思うとわくわくします。

2007/9/19(水) 午後 10:56 car*ou*he*ak

顔アイコン

ほんとうにステキな映画でした*
そうそう、私も鮭を焼くところとか、お肉を油の中に
いれるシーンに目を奪われました!
(“神々しい”って言葉ピッタリですね*)
私もTBさせていただきます。

2007/9/27(木) 午後 9:00 mie**tro*e

顔アイコン

和食をキチンと作る・・ということがこんなにも素敵なことなのだ・・ということを思わせてくれました。
私も心して作らないと・・

2007/9/27(木) 午後 11:38 car*ou*he*ak

cartoucheさん!深いですね〜!ガラスが国境を表しているなんて考え付きもしませんでした!私は、北欧のお皿やインテリアに集中しっぱなしで。。。(笑)でも、ホントに素敵な素敵な作品でお気に入りになりました!
この3人無しでは、成り立たないくらい皆さんぞれぞれがはまり役でしたね!TBさせて下さいね!

2007/11/13(火) 午前 10:20 + kuroneko +

顔アイコン

くろねこさん。はは。読み込みすぎでしょうか?
北欧のインテリアに注目したくろねこさんの記事も素敵ですよ!

2007/11/13(火) 午後 6:17 car*ou*he*ak

顔アイコン

今更〜〜なのですが、かもめ食堂の記事を書きました。
観た後にじんわりと響く、素晴らしい映画でした。
TBさせてくださいね!

2008/2/28(木) 午後 0:52 Maman

シナモンロールを作るときにネットを物色してると知ったこの映画。
なんともいえない空気感がよかったですね。
丁寧に食事をするっていうのが大切っていうのを改めて感じました!
TBしますね〜

2008/3/9(日) 午前 10:22 [ - ]

3人の女優さんの雰囲気と作品がぴったりでしたね〜
ゆったりと心地いい時間を過ごせました!
サチエさんの人柄がいいな〜 と思いました^^
もちろん!おにぎり食べたくなりました!(笑)
TB,させてください!

2008/4/14(月) 午後 1:07 A☆co

顔アイコン

mamanさん。派手な映画ではないですが、後々じんわり〜と
きますよね。フィンランドの澄んだ空気感も良かったです。

2008/4/14(月) 午後 11:56 car*ou*he*ak

顔アイコン

mareさん。そうなのですか。シナモンロールを作ろうと思って映画にあたったってとてもおもしろいです。
ほんと人間にとって何が大切か?本質的なことがわかりました。

2008/4/14(月) 午後 11:58 car*ou*he*ak

顔アイコン

A★COさん。ほんと3人の女優さんのふんわり度が微妙にマッチ
してました。サチエさんは特に素敵ですね。
私もこの映画のことを考えるたび、シンプルなおにぎりが
食べたくなります。

2008/4/15(火) 午前 0:00 car*ou*he*ak

顔アイコン

とても心地よいいい映画でした。女優陣達がいい味出していましたよね〜。フィンランドの方たちとの交流や女の友情が静かに描かれていてとても素敵な作品でした。
TBさせてくださいね。

2008/4/16(水) 午後 10:55 lukagekkai

顔アイコン

そうですね。フィンランドの空気がそのまま伝わってくるようでした
それになんといってもキャストでしたね。
TBさせてくださいね。

2008/4/16(水) 午後 11:09 car*ou*he*ak

顔アイコン

実際にかもめ食堂が存在することを知って、一度フィンランドに行っておにぎりを食べたくなってしまいました。主演3人の女優陣がそれぞれ違った味のある演技をしていて、観て良かったと思える作品でした。TBさせてくださいね。

2008/11/29(土) 午後 0:48 ディンドン

顔アイコン

Dingdangさん。ほんとおにぎり食べに行きたくなってしまいますね。
女優三人の方たちの個性がうまく生かされていました。
こういう作品大好きです。

2008/11/29(土) 午後 4:32 car*ou*he*ak

顔アイコン

気になっていた映画で、やっと見ました。ゆったり感のある映画ですが、日本食を作るときのおいしそうなこと。シャケやトンカツ、実際におにぎりもおいしそうでした。女優3人の演技に支えられて、低予算でもいい映画ができるということを示しているようでした。

ラストシーンの「いらっしゃい」も、しゃれていました。TBさせてください。

2009/11/3(火) 午後 10:27 fpd

顔アイコン

fpdさん。日本の基本のごはんのおいしさがか再認識できた、素敵な作品でした。そうですね。これはけっこう低予算だと思いますが、大作に負けない魅力がありますよね。

2009/11/3(火) 午後 11:06 car*ou*he*ak

顔アイコン

この監督さんの作品って独特の雰囲気というか
何かがさがれてますよね〜

TBおねがいします

2010/11/2(火) 午前 10:17 る〜

顔アイコン

る〜さん。こういうテイストの作品の中で先駆け的でしたね。
独特の雰囲気があります。

2010/11/2(火) 午後 9:44 car*ou*he*ak

顔アイコン

観ていてしきりに日本人に生まれてよかったーと思ってしまいました。
北欧食器ブーム到来中なのでその辺りも楽しかったです。
おっしゃる通りこの3女優さんなしでは成立し得ない作品でしたね。
TBさせて下さいませ♪

2012/8/7(火) 午後 0:39 M

開く トラックバック(50)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事