Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*ぼくを葬る*

イメージ 1

   ***STORY***                   2005年  フランス
 パリで活躍する気鋭の人気ファッション・フォトグラファー、ロマンは、ある日撮影中に突然倒れてしまう。診断の結果は末期のガン。医師の勧める化学療法を拒んだ彼の余命は3ヶ月と告げられる。様々な感情がロマンの心に押し寄せる。愛しているものの、なかなかうまく折り合うことができずにいた家族には、このことを秘密にすると決めたロマン。一方、恋人の青年サシャには、冷たく別れを告げてしまう。そんな中、唯一心を許す祖母にだけは自分の苦しみを素直に打ち明けるのだった。そして、死が迫る中、ロマンの心にある想いが芽生え始める。                  allcinemaより  


これはフランソワ・オゾン監督が、『まぼろし』に続いて描く“死”をめぐる3部作の第2作目です。
31歳、ゲイ。独身。カッコよく、しかも今をときめくフォトグラファー。毎日がきらめいているはずの彼に冒頭降りかかってくるのは、死の宣告です。韓国映画にはありがちな設定と滑り出し(笑)でもそこからが大きく違いました!普通、死を扱う映画は、亡くなる人を送る周りの人たちの葛藤と悲しみを描きますが、これは本人のみ。誰にも知らせず、黙々と過ごした彼の最後の3ヶ月を克明に描いているのです。日本だとこういう場合、本人に知らせず、周りだけが知っていることが多いと思いますが、そこは個人主義のヨーロッパならでは。『死ぬまでにしたい10のこと』に似ています。

あ。ひとりだけ知らせた人がいました。彼のおばあちゃん、ジャンヌ・モロー扮するローラです。田舎の彼女の家に行き、告白するのですが、
”何故、私にだけ知らせたの?”と言われて、
”僕達は似ているから。もうすぐ死ぬということが。。”と彼は言います。
まあ確かにそうです。でも!いくら年老いていても元気なら死というものはまだ現実的ではないはず。言われたジャンヌモローも一瞬絶句。健康になるため、お肌にいいよう、髪がきれいになるよう。。さまざまなサプリメントを取り出して見せます。でもまあこれもきれいに死ぬため。。とぼつり。

日々悪化していく体調。そんな中、彼が遺そうとするのが、家族や自然の写真と○○です。
かなり偶然とはいえ、そのふたつを遺しながら、海辺で消えていくロマン。『まぼろし』も終始、海辺がその舞台でしたが、この映画の冒頭と終わりも海。やはり人間は海から生まれて、海へ還る。。ということなのでしょうか

感傷になりがちな死を扱ったテーマなのに、重くなりすぎず、それでいてこころにずっしりと残ります。ラストも涙を吐き出させてくれず、ぽんと切られたよう。だからこそ、余韻が残るのかもしれません。
さすがフランス映画!さすがオゾン監督!。




主演のメルヴィル・プポーは、黒髪でアンニュイな表情のある俳優さん。日本人には馴染みやすい顔立ちなので、もう既に熱烈なファンがいるのかもしれません。私もちょっとクラっ。後半は、役のため食事を摂らなかったのか本当に病人のようで、あまりのことに心配になってしまいました。
何度も見ている『愛人・ラマン』に出演していたということですが、あら?どの役?
あのカトリーヌ・ドヌーブの娘、キアラ・マストロヤンニとの間には4歳の娘がいます。

ご紹介するまでもないジャンヌ・モロー。『死刑台のエレベーター』『突然炎のごとく』。。。など代表作だけでもたくさんありますが、デヴューしてから50年。さすがに口元が崩れてきたりしていますが、それでも身のこなしはきれいだし、貫禄は充分。女優さんによってはきれいなうちだけ出演して後は引退。という方も多いですが、いくつになってもこういう役で出演してほしいです。

けっこう重要な役どころで出てくるのがヴァレリア・ブルーニ・テデスキ。オゾン監督の常連となりつつありますが、『ミュンヘン』のマフィア一家の食卓を囲んでいたひとりとして出演していました。特にきれいだとは思わないのですが、存在感があります。




監督:フランソワ・オゾン
出演:メルヴィル・プポー/ジャンヌ・モロー/ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ/ダニエル・デュヴァル
マリー・リヴィエール

閉じる コメント(52)

淡々と描かれているのに、だからこそなのか終わったあとに様々な考えがよぎり、余韻の残る作品でした。メルヴィル・プポーは初めて見た役者さんでしたが素敵ですね。次第に痩せていってさりげない中にリアルさを感じました。TBお返しさせてください。

2007/3/25(日) 午前 0:36 pu-ko

顔アイコン

フランス映画独特の感じで、実にさらりと描かれているのですが、後々ぐっときますね。フランスの男優さんてドパルヂューをはじめとして見かけ的には??な方たちばかりだったので、メルヴィル・プポーが出てきて”おお”と驚いてしまいました。

2007/3/25(日) 午前 11:38 car*ou*he*ak

メルヴィルは言われる通り拒否反応がでない役者さんですね。この映画美しいと思いました♪TBお返しさせてくださいm(_ _)m

2007/8/7(火) 午前 5:46 [ - ]

顔アイコン

『ぼくを葬る』をレンタルで借りてやっと見ました。cartoucheさんのブログで見たいな、と思った映画を片っ端から見てます(笑)
タイトルとDVDのジャケットの写真からでは見る気がしなかったのですが、見て良かった !
オゾンらしい癖があるけど無色な雰囲気がいいですね。
ところで質問です。最近のフランス映画は、ホモやゲイ(この区別がよく分からないんだけど)が市民権を得たかの様に、よく出てきます。私としてはどう好意的に解釈しても奇麗でないんだけど、美しい映像に見えますか?(笑)

2007/10/10(水) 午後 5:17 [ rue*de_*a*c_de_*rio*p*e ]

顔アイコン

yaskazさん。フランス映画の役者さんには珍しく、クセがなくて
素敵な人ですね。これはほんと美しい映画だと思います。
特にラストシーン・・

2007/10/10(水) 午後 7:11 car*ou*he*ak

顔アイコン

Triompheさん。確かにゲイ映画はハリウッドものにも多くなっているような気がします。実際に市民権を得て来たのでしょう。
イギリス映画『アナザー・カントリー』あたりが皮切りだったでしょうか?
私としては特に抵抗はないのですが、かといってすごく見たいかというとそうでもなく。。(笑)
ただ『ブロークバック・マウンテン』はオススメ。
これかなりな描写もありますが、精神的に本当に愛し合っていたんだな・・と思わせられます。

2007/10/10(水) 午後 7:12 car*ou*he*ak

オゾン監督は、海や水といったものに特別な思い入れがあるようですね。「まぼろし」に続いてみたのですが、こちらの方がよりオゾン監督の想いが強く出ているように感じました。
TBさせてください。

2008/2/3(日) 午後 8:45 [ yk ]

顔アイコン

そうですね。常に海や水が関わってきているように思います。
静かだけれど、生きたいという思いも強く感じられ、感動しました。

2008/2/3(日) 午後 9:43 car*ou*he*ak

TBありがとうございました。
静かなのになんだか勢いを感じ心に残る作品でした
TBお返しさせてくださいねv(*´∀`*)v

2008/2/9(土) 午後 3:26 [ 翔syow ]

顔アイコン

ayowさん。とても静かだけれどとても余韻の残る作品ですね。
オゾン監督の作品はどれもこれも素敵です〜

2008/2/9(土) 午後 5:31 car*ou*he*ak

何故かTB返していませんでした・・・ごめんなさい遅ればせながらTBお返ししますm(_ _)m

2008/2/11(月) 午前 6:16 [ - ]

やはり愛と死の描き方は、フランス映画は巧いですねぇ〜。特にこれはオゾン作品ですから見事でした。深いテーマなのに、(悪い意味ではなく)何処となく軽い…。同性愛などの味付けも欧州的でした^^

2008/3/4(火) 午後 0:22 やっくん

顔アイコン

yaskazさん。ご丁寧にありがとうございます。

2008/3/4(火) 午後 6:08 car*ou*he*ak

顔アイコン

やっくんさん。ほんとそうですね。深くて重いテーマなのに決定的に暗くはない。。エンタメ性もあり、みやすく仕上げているところはさすが、オゾン監督です。

2008/3/4(火) 午後 6:09 car*ou*he*ak

顔アイコン

フランス映画をたくさんご覧のCartoucheさんならではの記事ですね。私はなんだかまだ消化不良な感じですが、不思議な余韻を残す作品でした。TBさせて下さいませ。
あ、『突然炎のごとく』は大好きな映画です。

2008/5/2(金) 午後 11:00 M

顔アイコン

Mさん。これは確かにわかったようでわからないところのある作品だと思います。オゾン監督は死に関する映画を色々と撮っていますが
普通とは違った視点ですね。
、『突然炎のごとく』はいいですよね!

2008/5/5(月) 午後 9:15 car*ou*he*ak

顔アイコン

こちらの映画、早速借りてみました。
とっても静かで流れるような映画ですが、テーマの重さと流れの軽さが絶妙というか、心に残りました。
タイトルも、単純なフランス語によい邦題を与えていると思いました。
主演のメルヴィル・プポーに、私もクラッときましたよ〜(*^^*)

2009/1/28(水) 午後 2:21 Maman

顔アイコン

mamanさま。フランス映画らしく静かでさりげないですが
なんともいえない味わいがある作品ですよね。
そうなのでうsか邦題って大体が?・なものが多いですが
これは確かにいいですよね。
ふふ・・フランスの俳優さんにしてはイケメンなメルヴィル・プポー。素敵ですよね。記事書いたらTBください。

2009/1/29(木) 午前 10:26 car*ou*he*ak

これは良かった!久しぶりに目から滴が・・・・。
フランソワ・オゾン作品は何本か見ていますが大注目監督です!
この3部作は初めてなので引き続き他の2本も見るつもりです。
TBさせていただきますね。

2009/10/27(火) 午前 1:20 papillon

顔アイコン

papillonさん。私もフランソワ・オゾン作品は大好き!
今回は男性が主人公ですが女性の気持ちもとってもよくわかる
監督さんですよね。

2009/10/27(火) 午後 9:30 car*ou*he*ak

開く トラックバック(29)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事