Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*フラガール*

イメージ 1

      ***STORY***           2006年    日本
昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。目玉となるのは、フラダンスのショー。早速、本場ハワイでフラダンスを学び、松竹歌劇団で踊っていたという平山まどかを東京から招き、地元の娘たちのダンス特訓を始める。しかし数世代も前から山で生きてきた住民は、閉山して“ハワイ”を作る計画に大反対。まどかや娘たちへの風当たりも強く…。                               gooより      

奇しくも先日見たのが、ロンドンの北部、多分元炭鉱町で靴工場を営む人たちの、そして北国の炭鉱町で新たな施設建設を目指す。どちらも町おこし、そして人々の再生のお話でした。

物語の舞台は、石炭から石油へのエネルギー革命が進む昭和40年(1965年)。この変換期のことは知ってますが、やはりこうして具体的に映像で見ると自分の知らなかったこと、苦しむ人たちの苦悩を改めて知るに至りました。。
天皇陛下も視察に来たという誇りを持つ炭鉱の町の人々。それまでは黒いダイヤとまで言われてエネルギー減の代表だったわけですから、炭鉱町も大層潤っていたでしょうし、彼らが強い誇りを持っていたのもわかります。
でも襲ってきたのはエネルギー革命。
頭では理解できてもなかなかそれを受け容れられない町の人たち。経営困難で辛いながらも解雇しなければならなかった人。そんな苦境に持ち上がってきたのが、”北国にハワイを作り上げる”というプロジェクトでした。もちろんそんなのがすんなりと受け容れられない人々。若くても炭鉱の未来を憂いて、女性の自立を考えてフラダンスにうちこむ少女達。。そんなみんなの苦悩や模索がこの映画では丁寧に描かれています。

当初そんな計画や、もとより、元SKDの、ファッショナブルな先生すら受け容れられない人たち。でも一見ぶっきら棒だった先生の指導への情熱、ダンスに魅せられる少女たちの双方の歩み寄りが時には辛口に描かれていて、感動的です。私自身は踊りとは程遠いいので、こうして自分を表現する手立てとして踊れる人が実に羨ましいです。ラストの舞台は圧巻です。



ところでフラダンスといえば、ハワイの講堂?のようなところで見る”太鼓のビートにのって、民族衣装を着て、手や腰を激しく振る踊り”を連想する人が多いかもしれませんがあれはフラではありません。「タムレダンス」というもので、フラダンスの起源といわれているが、タヒチの民族舞踊です。

ハワイをはじめとするポリネシアの島々では、古来、文字による文化を持たず、 メレ(詩)に託された歴史や神話が、フラによって脈々と伝えられてきました。 そんなフラですが、その後19世紀の前半、キリスト教の宣教師達により、「野蛮で、淫らなもの」とみなされ、フラを公の場で演じることは厳しく禁じらてしまいました。
19世紀後半に即位したカメハメハ5世や、カラカウア王が、ハワイの伝統文化の重要性を認識し、先住民の文化を取り戻すため文化復興の運動がおこりました。こうして復活したフラは地味に受け継がれていましたが、1970年代頃から、ハワイの先住民族の意識が高揚し、ハワイアン・ルネッサンスという運動となり、新たな復活運動が起こり、大衆化しました。
そして現在は日本でも大ブーム。フラダンス愛好家約50万人とも言われています。周りでもご高齢の方たちが楽しそうに踊っていますが、体にも気持ちにも良さそうです。


フラの動きにはそれぞれ”あなた、私、愛する、波、太陽”などの意味があり、これらは手話のようでもあります。そんな意味を込めた静かなフラもたくさんあって5年前ハワイに行ったとき、見ることができました。ワイキキのとあるホテルの中庭で踊られるものなのですが、バックが海でちょうど夕陽が沈む頃。元ミス・ハワイがシンプルな白いロングドレスを着て踊るのはとても静かでゆっくりと自分の想いを吐き出すような踊りでした。バックミュージシャンは、”ブエナ・ビスタ〜”に登場していたような70才?いえ80歳くらいの方たち。その音楽もゆったりとしていて心に染み入ってきました。こういうホンモノのフラ。機会があったらどうぞ見てみてください。


監督:李相日
出演:松雪泰子 /豊川悦司 /蒼井優 /山崎静代 /岸部一徳 /富司純子

閉じる コメント(64)

顔アイコン

すご〜い、cartoucheさんはフラについても詳しいんですね!私はここまでは知らなかったので勉強になりました。(^^ゞしかし昭和はもう遠い昔になりつつあることも感じさせられますね〜あの時代、人々は皆希望に燃えてたんですね。ちょっとイギリスのハートフルな映画(「フルモンティ」とか)を彷彿させる雰囲気がありました。感動シーン満載で泣かされました〜(^^)

2006/11/17(金) 午後 8:40 choro

顔アイコン

そうそう、フラの振り付けって、手話的な意味もあったんですね。紀美ちゃんが電車の中の先生に、懸命に気持ちを伝えているシーンは印象的でしたね。TBさせていただきました。

2006/11/17(金) 午後 9:50 kim

顔アイコン

Choroさん。詳しいってほどでもないのですが、ハワイにいったとき感動的だったので一時調べました。本当に”祈り”です。ほんと。遠くなりつつある昭和というものも実感しました。未来は明るくて、人々は希望に燃えていたのですね。イギリス映画との共通点がかなりあります。

2006/11/17(金) 午後 10:29 car*ou*he*ak

顔アイコン

フラは手話のようなものですが、離れたところにも伝えられる手旗信号のような意味もあり、それがあのシーンにうまく使われていましたね。いいシーンでした。

2006/11/17(金) 午後 10:31 car*ou*he*ak

顔アイコン

TBありがとう。フラダンスもそうですが、キリスト教の宣教師のやり口は、まず、地元民族の踊りや歌を目の敵にしているケースが多いですね。キリスト教の神以外に対する宗教的畏敬の感情を感じ取ったのでしょうね。

2006/11/18(土) 午後 6:17 [ キミオン ]

顔アイコン

笑いあり涙ありで本当に感動しました!!見終わったあとは心が温かくなりました^^

2006/11/22(水) 午前 5:11 [ Mr.potatohead ]

顔アイコン

kimionさん。フラが一時迫害?されていたとは興味深いですよね。踊りは神聖なものです。

2006/11/22(水) 午前 9:37 car*ou*he*ak

顔アイコン

mr potatoheadさん。盛りだくさんで、でもまとまっていて、感動的な作品。素晴らしいですね。今年邦画の躍進ぶりはすごいです。

2006/11/22(水) 午前 9:39 car*ou*he*ak

顔アイコン

こんにちは、TBありがとうございました。ハワイでも本格的に踊られるようになったのは。1970年と意外と最近なんですね。

2006/12/12(火) 午後 1:30 [ kat*umi*a*i ]

顔アイコン

私も調べていてあまりに最近のことなのでびっくりしました。日本人がハワイに簡単に行けるようになったころとリンクしてますね。一度ホンモノをご覧になってください。

2006/12/12(火) 午後 9:33 car*ou*he*ak

顔アイコン

フラダンスの手の動きにあのような意味があるということに感動しました。いろんなところに上手な伏線があって、よくできた脚本でしたよね。風呂場になぐりこみはどうかな、ってあきれながらも爆笑してしまいました。涙あり笑いあり、楽しめる映画でした。

2007/2/2(金) 午後 10:45 poeko

顔アイコン

フラの手の動きの意味がわかったら楽しいでしょうね。これを見てフラダンス習いに行きだした人も多いのだそうです。ほんと基盤がしっかりとしていながらも色々な要素がしっかりと詰まっていて、楽しめる作品でした。

2007/2/3(土) 午前 0:34 car*ou*he*ak

遅ればせながらですが、やーっと観ることが出来ました。評判に違わず良い出来でしたね。心地よい後味を残してくれる映画です。女優サンたちの頑張りに拍手!って感じでした。

2007/5/4(金) 午前 7:36 [ lig*tm*n*2002 ]

顔アイコン

これは去年の邦画の中ではダントツのヒットでしたが、うなずけますよね。そうそう。後味が心地よい〜。そして女優さんてエライ!

2007/5/4(金) 午前 9:57 car*ou*he*ak

顔アイコン

コメント&トラバありがとうございました。
この作品はホントに感動でした(^^♪
新しい事業をするというのは、大変なエネルギーが
必要なんですよね。すごいなと思いました。
フラダンス、踊れたらホントにステキですよねえ(*^_^*)
トラバお返ししますね。

2007/9/22(土) 午後 1:45 [ - ]

顔アイコン

ナオさん。これはただの村おこしものではなくとても厚みがあって
素敵な作品でした。
ほんとフラが踊れたらカッコいいですよね。
体にも良さそう〜

2007/9/22(土) 午後 9:50 car*ou*he*ak

顔アイコン

初上映から、遅れること1年TVで鑑賞しました!!それまで知らなかったのも恥ずかしいですが、大画面で見たらさぞや迫力があることでしょう〜〜♪涙涙で観ました!!

2007/11/3(土) 午前 1:34 ラズベリー

とても感動した作品でした。あれは、フラダンスには、手話の動きが入っているんですよね〜。ハワイに行った時に現地の人達と話す時に私もそうなのですが、手がよく動くなっという事に気づきました。きっとそうゆう文化的なものも入っているのでしょうね。松雪さんの綺麗なこと、そして最後のラストには感激です。TBさせてください((0_)0

2008/1/10(木) 午後 2:25 lukagekkai

顔アイコン

ラズベリーさん。遅れてすみません。はい。劇場だとフラのシーンなどかなりの迫力でした。いい映画ですよね〜

2008/1/10(木) 午後 6:40 car*ou*he*ak

顔アイコン

lukagekkaiさん。そうなんです。フラって奥深くて踊りで色々なことを伝えています。きっと手をよく動かすことで身体にいいのかも(笑)ほんと松雪さんてきれいな方ですよね〜
TBありがとうございます。

2008/1/10(木) 午後 6:42 car*ou*he*ak

開く トラックバック(52)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事