Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*プラダを着た悪魔*

イメージ 1

    ***STORY***              2006年   アメリカ
大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。多くの女性が憧れる職業かもしれない。でも当のアンディには興味ゼロの世界。果てはジャーナリストになるため!と職場に向かったのは良いけれど、彼女が手にしたアシスタント職は、生易しいモノではなかった。超カリスマ的な存在として君臨する編集長のミランダは、まさに「プラダを着た悪魔」だったのだ。      gooより       


とっても楽しかった〜
事前に歴史や背景を読み込んでいかなければいかない映画が多かったので、たまにこういうのはいいですね。しかも内容充実でゴージャス。ひととき”別世界の夢”を味わわせてくれます。

主人公のアンドレアはジャーナリスト志望の大学を卒業したばかりの女の子。権威あるファッション誌『ランウェイ』のカリスマ編集長のミランダの下で働くことになるのですが、ファションセンスがゼロなことから改善しなければなりません。でもこの頃のファッションもなかなか似合っていて、堅い大学を出た手の女の子としてはなかなか、かわいいのですが。

あまりにみんなにバカにされるので意を決してADに頼み込み、撮影用サンプルを分けてもらうことになります。このコーディネートルームというのがすごい!!モード誌『ランウェイ』編集部に欠かせないものでファッションシューティングのために世界中から洋服、小物、アクセサリーの数々がこの部屋に集められているのです。白一色の棚には整然とそれらが詰まっていて、圧巻。

それからは毎日ここの洋服を色々と着こなして登場するのですが、あまりにかわいくてため息モノ。
映画タイトルにもなっているプラダはもちろんのこと、シャネル、ドルチェ&ガッバーナ、フェンディ、エルメス、ヴァレンティノ、ダナ・キャラン、ジョン・ガリアーノ、ミュウミュウ、ケイト・スペード、カルバン・クラインなど、思わず目を奪われてしまうような数多くの有名メゾンのファッションが続々と登場します。

肝心なストーリーですが、ミランダは一流ファッション誌の編集長であるなかりでなく、ファッション業界のトップに君臨しているカリスマです。有名デザイナーもコレクションの前に彼女に見てもらってその反応を参考にするほど。仕事に一切の妥協を許さない完璧主義者で、常に秒単位で行動。部下たちの毎日のファッションや体型のチェックまでしちゃいます。みんなの体重にも厳しくて、サイズ6は失格。みんなランチもサラダだけで、4サイズを死守しているのです。

ただ、それ以上にアシスタントたちを困らせているのが“わがまま”ぶり。甚だしい公私混同ぶりで、自分の子供のための雑用まで平然とさせています。でもそんなこともテキパキとこなし、めきめきと腕を上げてきたアンディは、シニア・アシスタントのエミリーを追い越し昇進。このエミリーとの葛藤もすごいです。エミリーとしてはアンディーの失敗は自分のクビにも降りかかってきますが、かといってあまりに出来すぎてこんな風に追い越されるのはもっと腹立たしい。。辛い立場ですね。

ついにパリコレクションに同行することになるのですが、これは夢のような世界。世界中から集まってくるエディターやバイヤーが作り出すモードな空気に圧倒されます。

そして。。。

結局大事なのは自分らしさ  
オシャレかどうかブランドに詳しいか?ということではないのです。



続編やパート兇蝋イではありませんが、是非このアンディの”その後”が見てみたいです。
ジャーナリストとしての活躍か、もしくはそれを経て20年後にファッション業界へ舞い戻り、ミランダと対決をとか。。おもしろそうです。


この最新のファッションを手がけたのは、「セックス・アンド・ザ・シティ」の衣装担当のパトリシア・フォード。さすがです。
メリル・ストリープも厳しくて、ちょっとイジワル。でも根は温かいこの役がぴったり。トシを重ねてなお新たな境地を切り開いているようです。


監督: デビッド・フランケル
原作: ローレン・ワイズバーガー
脚本: アライン・ブロッシュ・マッケンナ
出演: メリル・ストリープ/アン・ハサウェイ/エミリー・ブラント/スタンリー・トゥッチ/エイドリアン・グレニアー/サイモン・ベイカー

閉じる コメント(64)

顔アイコン

男性の方でも楽しめたのですね。そうそう得した気分。メリルストリープは好きな女優さんではないのですが、やっぱり尊敬です。

2006/12/11(月) 午後 6:59 car*ou*he*ak

コレ面白かったですね〜♪確かにおっしゃるとおり、私も続編見てみたいなぁ〜・・Cartoucheさんの「企画」ナイスだと思いますよ〜(*^。^*)・・スタジオに売り込んでください(笑)TBさせてもらいます。

2006/12/19(火) 午後 1:08 こん

顔アイコン

この映画、恥ずかしながらDVDで漸く観ました。楽しいながら奥も深くて良かったですね。記事書きましたのでTBさせてもらいますね。

2007/4/21(土) 午後 9:18 かかし

顔アイコン

トラバありがとうございます!アンディのさわやかな活躍ぶりが見えてくるような、勇気と元気をも与えてくれる、いい映画でした〜。ファッションの世界はそれにしても過酷ですねえ。。雑誌をうっとりながめているのが一番しあわせかも。。。

2007/4/27(金) 午後 0:15 poeko

顔アイコン

こんさん。そうですよね。実際の年数が経って続編ができたら見てみたいです。売り込みますか(笑)

2007/4/27(金) 午後 9:40 car*ou*he*ak

顔アイコン

かかしさん。そんな・・恥ずかしいなんて。いい映画って表面的には楽しくてでもずっしりと内容があるものですね。キャストも魅力的でした。

2007/4/27(金) 午後 9:41 car*ou*he*ak

顔アイコン

ぽえこさん。そうですね、アンディにはこれからも明るく頑張ってほしいです。ほんと。雑誌眺めて空想だけしているのが一番幸せかも。何事も仕事となるとタイヘン。

2007/4/27(金) 午後 9:43 car*ou*he*ak

なるほど〜、この続編。確かに、しっかり創ってくれれば興味あるかも!
想像以上にしっかり創られていて楽しめた映画でした!

2007/6/18(月) 午前 1:11 [ lig*tm*n*2002 ]

顔アイコン

こんにちは、TBありがとうございました。続編というか、スピンオフが見たい作品です。部下の男の人でもいいし、双子の娘さん視点でもいいので。単にオシャレだけじゃなくて、プロフェッシャルの在り方についても考えさせられました。

2007/6/21(木) 午後 2:55 [ kat*umi*a*i ]

顔アイコン

wigwigさん。これってただ楽しいとか、ただオサレな映画ではなくて
内容がしっかりとしていました。
続編見たいですよね〜

2007/6/21(木) 午後 7:20 car*ou*he*ak

顔アイコン

katsumiさん。あ。それおもしろそう!双子の女の子が成人して
お母さんの業績を振り返りながら、自分たちファッション業界で
がんばっていく・・なんていいかも。
そうなんでうしょね。ただコワイだけではなくてプロはどうあるべきか?考えさせられましたね

2007/6/21(木) 午後 7:22 car*ou*he*ak

メリル・ストリープの怪演で引き締まりましたね。
ちょっと垢抜けないアンディの変心っぷりも楽しかったですし。
でも、それだけではない色々な葛藤、アンディの、彼女の友人の、
そして全てを手に入れているかのようなミランダの葛藤も見所でしたね。
トラバさせてくださいね。

2008/5/16(金) 午前 1:46 hazakura

顔アイコン

遅ればせながら私もやっと観ました。楽しい娯楽作でした^^
メリルが映画をひきしめてましたね〜。
オシャレに生きるってのも大変です、地球環境にあんまり優しくない気もするし・・・(^−^;)
我が身を振り返り、ちょっと反省したりもしました(笑)
TBさせて下さいませ。

2008/5/17(土) 午前 1:10 M

噂に違わず、楽しく、ハッピーで、元気になれる作品でした!
メリル・ストリープの巧さ!アン・ハサウェイの可愛さ!それにお洒落なファッション!

2008/7/9(水) 午後 11:25 やっくん

顔アイコン

はざくらさん。そうですbねやはり大御所の力はすごいです。
アンディの最初のころもかわいかったですね。
一体何が幸せなのか考えさせられました。

2008/7/9(水) 午後 11:34 car*ou*he*ak

顔アイコン

Mさん。そうですね。オシャレも大変。
でもそれで経済って回っているから、仕方ないです。
あ。Mさんオシャレなんだ〜

2008/7/9(水) 午後 11:36 car*ou*he*ak

顔アイコン

やっくんさん。こういう作品は楽しくなれて、ほんといいですよね〜
アンハサウェイ。キュートでしたね〜

2008/7/9(水) 午後 11:37 car*ou*he*ak

メリル・ストリープの、ブランドものの似合わなさにビックリしました・・。私にとっては、「ケイト・ブランシェットだったらよかった」という配役でした・・。

2008/10/23(木) 午後 1:30 [ カール(カヲル32) ]

顔アイコン

メリル・ストリープ演じるミランダはほんとは優しい上司だったですね。厳しさの中に人間としてのぬくもりを感じました。

2008/11/28(金) 午前 0:51 mossan

私も楽しめました。
アン・ハサフェイは、スタイル抜群で、着ていた服が本当に似合ってましたよね。。
彼女の為の作品とも思えるほどです。。
メリル・ストリープ、強烈なキャラでしたね。
でも、どこか微笑ましい部分がありましたね。。。

2012/1/14(土) 午前 1:40 sei

開く トラックバック(56)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事